« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月28日 (金)

雪迎え

陽気に誘われ、ちょっと郊外へ。すると朝でもないのに道は霜が降りたように光っています。

Img_0665

よく見ると蜘蛛の糸。そういえばこれは・・・と知識の引き出しを開いて言葉を思い出してみました。雪迎えです。

冬間近の晴天の日に空に一筋の糸が飛んで行く光景が見られるといいます。蜘蛛が糸を引いて風に舞っているのだと。そういえば最近車に大量の蜘蛛が付いていました。

こんな風に

Img_0663

これだけ大量に糸を吐くんですね。すごい。

Img_0667

美しいです。こんな光景を見たのは初めてです。

動画で取ってみました。

まもなく新潟は冬です。来週はもう雪も降るかも。冬は星ネタよりも気象ネタが多くなりそうです。

| | コメント (8)

2014年11月25日 (火)

東京に行ってきました

日にちは前後しますが、22日~23日と東京へ行ってきました。5年ぶりです。目的は同窓会なのですが、行ったからには必ず寄るのが秋葉原です。駅前の変わりようにはびっくりです。昔の面影はありません。でもラジオ会館、ラジオセンター、ラジオデパートとかいう名前は昔のまま。目的は電源用のDCプラグを買うこと。ラジオセンター内を回ってみましたが、これといったものがありません。そういえば2階にそういう専門店があったな、と思い出し行ってみました。ありました。山本無線電機というコネクタ専門店にちょうど欲しいと思っていたものがすべてありました。安いんで一生分くらいのDCコネクタ買ってきました。そのあとは天文ショップ巡りです。なぜか天文ショップって秋葉原に集中しています。

シュミット

Img_0609

少しはずれですがわかりやすいところにあります。御徒町に近いかも。

三基光学

Img_0610

茶色いビルの2階の黄色い看板のとなりです。わかりにくかった。まさかこんなアキバの真ん中とは思いませんでした。周りはパーツショップです。

協栄産業、映り込んだストラップは気にしないでください。

Img_0615

わかりやすいようで迷ってしまいました。探している途中、数人が古い木造の建物の写真撮っています。なんで?と思ったらあの去年火事になって話題になった「かんだやぶそば」でした(竹むらという甘味処でしたこちらも歴史的建造物です。やぶそばもすぐ近くですが、新築されているようです)。そういえば由緒ありそうな家でした。写真撮ってくればよかった。この辺は秋葉原というより古い神田の風情です。

ちなみにスターベースはパスしました。いずれの天文ショップも冷やかしで入っただけ。なにも買いませんでした。だいたいこういう時は記念になにか買うのですが、手頃な値段で欲しいものがありませんでした。ネットショップにはいろいろあるんですけど、リアルショップってあんまりないんですね。シャイなのでお店の人と会話の取っ掛かりもできず、出てしまいました。すみませんでした。

夜は同窓会。翌日は一度くらい見ておこうと東京スカイツリー見にいきました。

これも結構好きです。

Img_0638

「フラムドール」っていうんですか。私は「お大○様」と覚えていました。

東京スカイツリーーーーーー

Img_0640

ここまで近づいたところで引き返しました。登る時間がありませんでした。登るのはまたの機会に。

最後に浅草寺へ

Img_0651

すげー混雑。新潟だったら白山神社の初詣か、蒲原祭か、といった混みようです。3分の2くらいは外国人だったと思います。

やっぱ東京って人が多いですね。疲れたー。私のような田舎者はたまに行くのがちょうどいいみたいです。

| | コメント (6)

2014年11月24日 (月)

講演会に行ってきました

今日は沼澤さんの講演会に行ってきました。「人生観を変える驚異の天体ショー」、赤塚のメイワサンピアでありました。ロビーには沼澤さんの写真とイラストのパネルが展示されています。

Img_0658

なかなか機会がないのでこういうのに参加するのは中学生の時以来です。美しい写真とわかりやすい解説で1時間半はあっという間に過ぎてしまいました。200人くらいいたでしょうか。ほぼ満席。あまり普段天文には縁の無い近所のお年寄り?というかたが多かったです。女性のほうが多かったかも。演題は巨大彗星、オーロラ、流星雨、皆既日食といった「人生観を変える」ようなハデな天文現象の話題でほとんどを締めていました。私的には身近な星景写真もちょっと取り上げて欲しかったです。ブルーベルトを大変美しく撮った先日の月食の写真が印象に残りました。まねしようと帰ってから画像処理してみたのですが、どうしても出来ません。

副産物でこんな写真ができました。

Img_0787

コ・ボーグ36EDでの撮影です。4枚をHDR処理して星野と月食をバランスよく表現してみました。月の縁をもっとブルーにしたかったですが、これくらいが限界でした。来年の月食のときはイメージ通りの写真にしてみたいです。

| | コメント (4)

2014年11月22日 (土)

ライトアップ銀杏

「いちょう」と「ぎんなん」どちらで変換しても「銀杏」がでます。「銀杏の里」ってなんて読むんでしょうね。

ライトアップ銀杏

201411203

といいたいところですが、その隣の木です。直接ライトアップされているほうはとてもじゃないですけど明るすぎて星と一緒に写すことはできません。これでも結構見た目光は当たっていないんですけどね。ここは道路のすぐわきで家族と来るときも写真撮ります。ちょうど見事に色づいています。ライトアップは20時で終了。そのくらいがいいですね。夜をあんまり明るく照らすのは好きでないです。

いつもの撮影地から眺めるとこんな感じ

201411204

もっと明るいかと思いましたがそれほどでもないです。こういうライトアップなら好感持てます。上に光るのはみなみのひとつぼし。晩秋らしくていいですね。

この2枚はPowerShop S120で撮りました。スナップ感覚で星景が簡単に撮れるのですごく便利です。

| | コメント (2)

2014年11月21日 (金)

山岳遠望

今日はよく晴れました。冬に入る前、1回くらいある天が授けた快晴です。遠くの山々はもう雪景色。滅多に見られない山も見えました。

鳥海山

201411211

新潟からは160km、超遠望の部類に入ります。年に数回くらいしか見ることができません。手前の温海岳をよく間違えますが、雪の時期だと見つけやすいです。

月山

201411212

こちらは110km、あまり遠くないですが、雪をかぶっていないと見つけにくいです。今の季節だと最も探しやすいです。海岸沿いの夕日ライン青山あたりを通っていると正面に見ることができます。

小柴山

201411213

まあ、つまりは粟島です。約60km、結構近いですが霞んでいます。今日は海ほど視界が悪かったです。飯豊連峰もよく見えましたね。西区の国道からよく見えたのですが、こっちはちょっと仕事で急いでいたので撮れませんでした。miniBorg 45EDⅡに1.4倍テレコンバータを付けて撮影しました。グリーンフラッシュ狙いで車に積んだのですが、そっちは夕方雲が出てきたのでだめでした。まあ、仕事と重なったのでどのみち撮れなかったのですが。スチャラカ社員ですが仕事もしないとね。

| | コメント (6)

2014年11月20日 (木)

ぎんなんの里へ

私がいつも撮影地にしている旧村松の蛭野というところですが、ぎんなんの里としても有名です。やっと晴れたので行ってみました。

201411201

これが一番大きな木。ライトアップするのはこれでなかったですね。まだ黄色くなっていないです。この辺の銀杏はほかのところより遅いです。

昼間ならば銀杏の里にふさわしい美しい光景のはずです。

201411202

月夜のほうがいいですかね。2週間くらい先がちょうど色づく頃だといいのですが。ちょっと遅いかなあ。

今晩はずっと快晴のようです。休日前でないので20時半には撤収しました。夏ならばまだ薄明の残る中、ホタル星景撮っている時間です。もう薄明終了から2時間以上も立っています。本当に夜が長くなりました。

| | コメント (5)

2014年11月18日 (火)

天使のはしご

気象学的には薄明光線というのだそうです。

Img_0593

よくアメリカの宗教映画のワンシーンに出てくるような光景ですね。あそこから宇宙人が降りてくるような映画もありましたっけ。あの昭和を代表される偉大な俳優のかたもあのはしごを登って天に行かれたのでしょうか・・・

| | コメント (2)

2014年11月17日 (月)

だめだこりゃ

前回遠征のときからどうもPCの調子が悪い。いきなり電源が落ちます。PHDを起動したときだったり、ステラナビを起動したときだったり、OS起動途中であったりと再現性がありません。そのときはなんとかだましだましで撮影を終えましたが、帰ってきて調べるとやっぱり調子が悪い。12Vバッテリーからではなく、普通のACアダプタから電源を取ると落ちません。ということは電源?自作の12V→19Vコンバーターが怪しい。オシロスコープで見てみると少し負荷がかかると0.5V~1Vくらい電圧が落ちるみたいです。PCが電圧降下に弱いのかと別のPCにつないでみましたが、やっぱり落ちる。コンバーターであることは決定です。じゃいつも付けていない内蔵バッテリーを取り付ければいいだろうと付けてみました。充電ランプが高速で点滅します。やっぱり変です。直せばいいのだけれどどの部品替えたらいいのかもわからないし、そもそも部品を持っていません。もう面倒なことはしたくないので新しく買うことにしました。

Img_0592

アマゾンで1,680円でした。電圧切替式です。確かに19.7V出るのでちょうどいいです。プラグも各種そろっています。しかし・・・このプラグが使えません。私のPCはジャックが奥深くにあるのでプラグが細長くて真っ直ぐでないと入りません。これは途中まで入って奥まで刺さりません。う~ん、だめだこりゃ。仕方がないので使えるプラグをいらないACアダプタからちょん切ってハンダ付けしようと思います。交換できるメリットがなくなりますが、パソコンをちょくちょく替えるわけでないのでそれでいいことにします。まだやっていませんが、やったところでもうしばらく使う機会はないと思います。とうとう新潟は冬モードに入ったようです。

| | コメント (2)

2014年11月13日 (木)

ブルーベルト

先の月食ではブルーベルトという現象が注目されていました。せっかく透明度のよい暗いところで撮ったので画像処理してみました。

Img_0818

ブルーバンド、ブルーフリンジ、ターコイズベルト、その他いろいろな名前が付いているようです。

青をかなり強調しました。マスクもしてませんし、お絵かきで塗ったみたいですがRAW現像での強調のみです。実際にそれだけ青成分があるということだと思います。フィルム時代では気がつかない現象なんでしょうね。デジタルになるといろいろなものが見えて面白いです。しかしまだ全経過のまとめができていません。単純作業は好きでありません。冬場のネタがないときのために取っておきます。

| | コメント (2)

2014年11月11日 (火)

極彩色の彩りで

けんちゃさんの写真をみてうらやましくなり、私も弥彦公園に行ってみました。朝の出勤前。さすがに平日の朝なので駐車場は駅前の無料のところに楽に駐まれました。しかしすでにカメラマンがたくさんいます。

Img_0580

ほとんどオヤジカメラマンです。私もその一人ですが、私が一番若いくらいです。みんなリタイヤ組のようでいいカメラ持っています。背広着てコンデジで撮っているのなんて私だけです。

Img_0585

この辺はあまり人がいませんが、落ち葉の彩りもすごい。

Img_0586

♪極彩色の彩りで~♪という歌がありますが「きょくさいしょく」と歌っています。でもそれだと変換しません。「ごくさいしき」で変換します。どう読むのが正しいのでしょう。

この楓はすごい色ですね。黄色と赤が混じり素晴らしいです。こんな品種ってあるんですね。

Img_0588

デジ一持って行こうかと思いましたがオヤジカメラマン軍団の機材に負けそうなので止めました。PowerShot S120です。すべて極彩色モードで撮影しました。色補正はしていません。かなり実物より派手ですが、期待色というのでしょうか、結構好きです。

30分くらいいて出勤しました。普通の出勤時間に着きました。何時かは内緒です。

| | コメント (8)

2014年11月10日 (月)

夜が早い

今日も晴れました。最近は2日置かないで晴れる感じです。冬になってもこれくらい晴れるといいのですが。しかし日没が早い。薄明終わるのが18時7分ですが、冬至の日は18時3分。もう冬至とほぼ同じなんですね。厳冬の2月末はこれより1時間も遅く薄明が終わります。体感と実際の日没ってずいぶん違うものです。おかげで帰宅前に余裕で星撮りができます。満月過ぎてまだ3日ですが、薄明終わりから月の出まで1時間半もあります。

この間の遠征のときに気になっていたminiBorg 45EDの星像をチェックしました。45ED、45EDⅡ、60EDとテストしてみましたが、特に45EDだけ落ちるということはありませんでした。じゃやっぱりこの間は単なるガイドミス?謎が残ります・・・

その45EDで撮ってみました。

201411101

miniBorg 45ED+0.85倍レデューサ+60D(ノーマル)、ISO 1600、60秒15枚コンポジット、SmartEQ Proオートガイド、Photoshopで現像、SI7でコンポジット、フラットエイドで周辺減光補正、Photoshop CS6で色調調整。

一応ぴしっと決まっているようです。まあ、45EDはあまり使う機会はないと思うのですが、それでも精神衛生上気分が悪いので調べてみました。

気がつくと赤い月が東から

201411102

もうちょっと早ければ良かったですが、気がつきませんでした。山から出る瞬間の月を撮ることだけを目標にしてみるのも面白いかもしれません。

帰宅時間は20時半。普通の日と変わりません。星見してきたことは内緒です。

| | コメント (4)

2014年11月 7日 (金)

満月に遊ぶ

満月の夜に浮かれるのはタヌキだけではありません。このところ満月の夜が楽しみです。普通の星屋さんならお休みですが、結構星が写ることを知ってから風景メインの星景もいいなと思うようになりました。

201411071

角田山の麓に広がる丘陵っぽいところです。仁箇堤の脇から上がります。今までこんなに素晴らしい風景が広がるところだとは知りませんでした。丘陵全体が柿畑です。標高は低いですが夜景も素晴らしいです。隠れたスポットかもしれません。

やっと撮れた柿星景、といいたいところですが。

201411072

ちょっとイメージと違うなー。八珍柿は背が低いので星を入れた構図が難しいです。葉も落ちていないのでちょっと晩秋っぽくない。山里の実だけ残る柿の木で撮りたかったのですが、いい場所を探さなければならないようです。でも次の満月期は12月になってしまいますから天候的にも難しいですし、柿の実が残っているかどうか。あと撮りたいのは銀杏星景ですね。これもやっぱり満月期。でもこの時期逃すと散ってしまいますからもう難しいかも。来年に取っておくというのもいいですよね。目標があると季節の移り変わりも楽しみです。

| | コメント (10)

2014年11月 6日 (木)

後の十三夜星景

昨日はせっかくの満月期の快晴だったので秋らしい星景を撮りたくてちょっと出てみました。20時半頃まで旧豊栄市のお客さまのところで仕事。もう少し早く終わるはずが、思いの外時間がかかってしまいました。早ければ新発田のほうに行こうと思っていたのですが、時間もないし五頭あたりにしようと思い出発しました。本当は紅葉星景や柿の木星景を撮りたかったのですが、月明かりがあるといえど、ロケハンなしではいい場所が見つかりません。結局慣れた瓢湖にしました。

201411051

もうすでに白鳥はたくさん飛来しています。この時期は湖の近くには立ち入り禁止の柵があって水辺に近づくことができません。ここは春に撮った場所の近くです。まあ、柵なんて簡単に乗り越えられるし、夜なので誰もきません。しかしここでマナーを破ったら、撮り○のように星景ファンがやり玉に挙げられないとも限りません。入りませんでした。ぎりぎり柵の前からの撮影です。柵の向こうに行けば「天の白鳥と水の白鳥」が撮れるのですが、諦めました。佐潟あたりで狙ってみます。

月夜なのであまり星を輝かせないでわざとコントラスト下げてみました。こういう処理は滅多にしませんが、月夜らしさが出たと思います。この日は「後の十三夜」という百何十年ぶりの月だったらしいですが、人間が作った暦の上でのこと。きれいな月ではありましたが普通でした。でも知っていればブログのネタにしたんですけどね。日没直後ビーナスのベルトと月が美しかったです。

| | コメント (2)

2014年11月 5日 (水)

幸せは遠く

11月は冬になる前に割とよく晴れることがあります。今日もいい天気でしたね。比較的透明度がいいのでちょっと海まで例のものを撮りに。

Img_1016

Img_1017

これはそれといえるのかなあ・・・過去撮った中ではもっともそれらしいですが、もう少し明るく輝いて欲しかった。やっぱり透明度が足りないのでしょう。

久しぶりだったので光学系も間違えてしまいました。mini Borg 45EDⅡに1.4倍テレコンバータを入れるところ、0.85倍レデューサーを入れてしまいました。倍率が足りません。しかし日没が早くなりました。16:44に沈みます。18:15頃はもう薄明も終わり。ちょっと前までは18時なんてまだ日が遥か高いところだったのが信じられないほどです。寂しくもありますが、夜の写真を撮れる時間が長くなるのでうれしくもあります。

| | コメント (10)

2014年11月 2日 (日)

星空スナップ

これは何のカメラで撮ったと思いますか。

Img_0532

PowerShot S120なんですが、星空夜景モードではなく、星空インターバル動画の試し撮りです。星空インターバル動画は撮影前に必ず確認用に静止画を撮るのですが、これがなぜか星空夜景モードよりもきれい。理由はよくわかりませんが、背景がなめらかでコントラストもくっきりします。普通に星景写真撮るときもこっち使ったほうがいいかもしれません。

このときの動画です。

冬の天の川も写ります。簡易的にフード付けてみました。ちょっとケラれてしまいました。ちゃんとセットすれば大丈夫なんですけど。

こんな感じでフードを作ってみました。

Dscn0821

スポンジの保温効果が効いたのか、かなり結露の激しい夜でしたが、熱源無しで1時間くらいでも結露しませんでした。相変わらずこういう工作は苦手ですが、ないよりはましなようです。

冬場はなかなか晴れるチャンスはありませんが、これ1台常備しておけば不意に晴れてもなにか写せます。このカメラ、結構重宝します。

| | コメント (4)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »