« 天と地のペガサス | トップページ | 天蓋の出会い »

2014年9月27日 (土)

いいんだか悪いんだか

iOptron smartEQ Pro用のシリアルケーブルを作ってみました。

Dscn0806

こういうの、買わないで廃物で作るのをポリシーにしています。RJ9プラグはその辺にあった使っていない電話のハンドセットのカールコードを使いました。D-sub9のほうはこれもなんかよくわからないシリアルケーブルがあったのでちょん切りました。RXとTXとGNDの3本しかありませんでしたが、それしか使っていないので大丈夫でした。説明書のピンアサイン見て半田付けしたのですが、動きません。エラーで止まります。ハンドセット側のTXとRXとはクロス接続しなければならないのでした。逆にしたら動きました。ステラナビ10ではiOptronサポートしてますが、9ではサポートしていません。ASCOM経由でつなぎました。iOptronのHPにASCOMドライバがありました。うぃんうぃん動きます。成功。ますますシステムが肥大化してきます。

それから興味深いことに気がつきました。smartEQ Proはハンドコントローラをつながない状態で電源を入れると勝手に赤経のモーターがまわります。つまり観望とかでとりあえず追えばいいやという、適当な追尾でよければめんどくさい設定しなくていいんですね。ちょっと月とか太陽撮るにはとても便利です。

今晩は快晴ではないようですが晴れそう。透明度は遠くの山はよく見えるけど、なんとなく空は白っぽい。雲もところどころある。いいんだか悪いんだかよくわからない天気です。でもせっかくの土曜日なので遠征してきます。天蓋行ってから大毎の棚田あたりに行くかもです。

|

« 天と地のペガサス | トップページ | 天蓋の出会い »

機材」カテゴリの記事

コメント

天蓋ですか、私も行きたかったなー。木曜に腰をやってしまっておとなしくしてます。ついてないです。透明度が悪いのは御嶽山?風向きが違いますかね。

投稿: tantan | 2014年9月27日 (土) 17時32分

こんばんは。
天蓋高原は小太郎さんも行かれるようです。
今晩は、盛り上がりそうですね。
私は明日は休みなのですが、嫁さんのお付き合いで今晩は出かけられないのが残念です。
大毎の棚田の星景もいいでしょうねー。

投稿: skame | 2014年9月27日 (土) 19時55分

今天蓋からです。小太郎さん、一緒です。
薄雲が全面にかかっていて、お休み中。
対日照までに晴れるといいなー

投稿: まるひ | 2014年9月27日 (土) 21時17分

まるひさん
きっと明け方には晴れるでしょうね。当方は、遠征しようと思いましたが雲がきついのと、一杯やってしまったのでお休みです。来週の土曜日は姪の結婚式で新潟入りです。新天研の合宿が10月の18日/19日で天蓋高原での予定ですが、そこには行きたいと思っています。晴れることを祈っています。良い成果を、、、!!

投稿: 天狼星 | 2014年9月27日 (土) 21時26分

tantanさん
せっかくの週末なのに残念でしたね。
でもお天気的にはよくありませんでした。思うような成果はあがりませんでした。
上空の透明度に影響するんですかね。月食の色が変わるでしょうか。

投稿: まるひ | 2014年9月28日 (日) 12時11分

skameさん
小太郎さん、ぱんださんがいらっしゃいました。しばし星談義をしましたが、あいにく空の状態はよくなかったです。
大毎の星景は薄雲ながらきれいなショットが撮れました。

投稿: まるひ | 2014年9月28日 (日) 12時14分

昨日はお会いできて嬉しかったです。
大毎は素通りしましたので作品、拝見したいです。
(タヌキはたくさんいました)

投稿: 小太郎 | 2014年9月28日 (日) 18時00分

小太郎さん
夕べはありがとうございました。コーヒーごちそうさまでした。夜に暖かい飲み物はうれしいです。
残念ながら空はいまいちでしたね。思った成果は得られませんでしたが、楽しいひとときを過ごせました。
後ほど写真アップします。

投稿: まるひ | 2014年9月28日 (日) 18時58分

天狼星さん
コメントがスパムにされていたようで、どうも失礼しました。
そちらでも月食が見られたようですね。都内は曇りだったようですが、電球さんも見られたようでそのあたりは比較的よかったようですね。
来週は天蓋にこられるんですね。そのあたりも台風一過でいいお天気になりそうな予感です。晴れたら私もまた大毎にでも行ってみたいです。

投稿: まるひ | 2014年10月 9日 (木) 19時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天と地のペガサス | トップページ | 天蓋の出会い »