« のどかな日もある | トップページ | これは? »

2014年9月14日 (日)

更待月のでるまでは

吉田拓郎の唄に「祭りのあと」という曲があります。その中に「臥待月のでるまでは」という一節があります。始めに聴いたのが高校1年の時だったと思います。42~43年前です。寂しげな情景が目に浮かび好きな曲でよくギターでも弾きました。

一日遅れで更待月になってしまいましたが、イメージは変わりません。満月過ぎの月って忘れられたみたいでちょっと寂しげですね。

Img_0604

|

« のどかな日もある | トップページ | これは? »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
昨夜EQ PROにORION Mini 50mmガイドスコープとQHY5Lⅱ(M)でガイドテストしました。
画像を上手く表示させるのに苦労してやっとテスト!
が、ギョエ~~~~!!な結果になりました。
何をどうすれば良いのか先が長いです。ハイ

私も月見ましたよ!あとどの位の人が見たんですかね?
チョット赤っぽく見えたのは恥ずかしかったのかな~?

では。

投稿: DEN | 2014年9月15日 (月) 10時46分

 昔、平安時代の貴族は夜中はずっと起きていて
明け方寝るという生活でした。明け方の月を詠った短歌が多いのはそのせい。更待月なんぞは、まだ宵の口だったのでしょう。どこか天文屋とおなじですが、このような毎日では平均寿命40歳も理解できますね。
 でも、月のない晩はさっさと寝たのではないかと思います。

投稿: satelight57 | 2014年9月15日 (月) 11時33分

こんにちは。
昨晩やっとSumart EQ PROのガイドテスト出来ました。
ORION Mini50mm ガイドスコープにQHY5Lⅱ(M)CCDを使用しました。
焦点合わせに四苦八苦しながらも何とかガイド開始!
が、ギョエ~~~~~~~~~~!!!
何故?何故?
暫くは楽しく遊べそうです。ハイ

私もお月さん見ましたよ。
心なし赤く見えたのは沢山の人に見られていたからでしょうか?
では。

投稿: DEN | 2014年9月15日 (月) 11時57分

こんなにくっきりと晴れたんですか、こちらは駄目でした。

吉田拓郎の唄は私は知りませんが、この構図のイメージするところと関係があるのかなあ。

投稿: けんちゃ | 2014年9月15日 (月) 17時25分

satelight57さん
そうなんですか。私は逆に昔は電気もない時代で21時頃はもう真夜中過ぎという感覚じゃなかったのかなあ、と思っていました
寝待月といっても20時台に昇るんですからそれこそ現代人からしたら、こんな時間から寝てられるか、という感じですね。しかしこの季節は月が昇るのが早いです。明け方が苦手な私でも撮影できます。

投稿: まるひ | 2014年9月15日 (月) 20時54分

DENさん
ガイド撮影されたんですね。
成功・・・ですか?まあ、なかなか一回ではうまくいかないですよね。そこが面白いところでもあるのですが。
QHY5L-Ⅱをお持ちですか。私も欲しいです。機材の軽量化と部品点数減らすのに役立ちますね。
そちらでも月が見られましたか。この時期の月は秋の風情を感じますね。

投稿: まるひ | 2014年9月15日 (月) 21時02分

けんちゃさん
予報ではこの晩は晴れると思っていたのですが、そちらはだめでしたか。こっちもちょっと薄雲がちでこれは画像処理で目立たなくしてあります。
この中心から外した構図はこの間借りた写真集のパクリです。ちょっと寂しい感じが出てると思います。

投稿: まるひ | 2014年9月15日 (月) 21時05分

素敵な構図ですね。余白の美というか、間の美しさでしょうか。わたしは何を撮っても中心からどう外してよいかよく分からず、何時も日の丸な構図になってしまいます~。orz

投稿: ちーすけ | 2014年9月15日 (月) 21時29分

ちーすけさん
この間借りて見た、絶景天体写真集の作品をまねてみました。本当はちーすけさんみたいな迫力のクレーター撮りたかったのですが、手持ちの機材がミニボーグだったので、こういうのしか撮れませんでした。でも持てる機材だけでどうやったらいい写真になるか、いつも考えています。でも今度はパクリでないオリジナルのアイデアを出したいです。

投稿: まるひ | 2014年9月15日 (月) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« のどかな日もある | トップページ | これは? »