« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月28日 (日)

天蓋の出会い

27日土曜日は天候としては微妙でしたが、せっかくの週末で新月期ですのでちょっと遠征する気分になりました。だめでもいいや、という気持ち半分です。行き先は天蓋高原と大毎の棚田。メインは大毎で対日照撮影でしたが、そこまで行って天蓋に寄らない訳にはいきません。20時半頃着きました。私は駐車場入って左側に駐めましたが、奥の方に灯りが見えます。たぶん○○○さんだろうとご挨拶に。思った通り小太郎さんでした。ぱんださんもご一緒。設置前でしたのでちょっとご挨拶して撮影に戻りました。

西に傾く大三角形

201409274

薄雲に終始悩まされました。左は村上方面の光害。

サドル付近

201409275

SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX HSM(135mm、F4)、8分×1枚、冷却60D(約-17℃)、ISO1600、smartEQ Pro、ガイド鏡miniBORG45ED、DSI-PRO、PHD Guiding

ガイドは調子悪くて安定しませんでしたが、等倍でもほぼ点像です。135mm程度なら結構いい加減なガイドでも使えます。このあと常に薄雲がかかっている状態でまともはショットはありません。途中から小太郎さんのところにお邪魔し、しばしの間お話ができました。ぱんださんは帰られた模様。たくさん流れ星が見えましたね。ぱんださん、いつもブログ見ていただいているそうでありがとうございます。小太郎さん、コーヒーごちそうさまでした。

このあと小太郎さんは笹川流れのほうへ。私は大毎へ向かいました。大毎の棚田へ入る道は夜だとわかりません。事前にストリートビューで見ておいたのでわかりましたが、それでも一度通り過ぎてしまいました。農道はナビにありません。真っ暗で奥に入り込んでしまうと帰れなくなってしまいそうなので入り口から真っ直ぐに行ったところで撮影しました。

201409272

薄雲はあるし、光害が反射して大毎といえど空は明るいです。対日照はかろうじて写る程度。それに23時過ぎだと光害の影響を受けるので早めの時間がよさそうです。また10月か11月に来てみたいです。

オリオン座が昇ってきました。

201409273

いいロケーションです。こういう場所での星景撮るのが好きです。あの方角には光害の元になるような灯りはないはずですが、どこの灯りでしょう。

天蓋は2年ぶりだったでしょうか。大毎は夜は初めてです。新潟からは1時間半~2時間。高速はけちけちして新発田~朝日まほろばまでしか乗りません。荒川胎内から先は無料区間ですがそれでも500円です。一時期無料の時期がありましたが、そのときは結構よく通いました。もっと安くならないかなー

| | コメント (16)

2014年9月27日 (土)

いいんだか悪いんだか

iOptron smartEQ Pro用のシリアルケーブルを作ってみました。

Dscn0806

こういうの、買わないで廃物で作るのをポリシーにしています。RJ9プラグはその辺にあった使っていない電話のハンドセットのカールコードを使いました。D-sub9のほうはこれもなんかよくわからないシリアルケーブルがあったのでちょん切りました。RXとTXとGNDの3本しかありませんでしたが、それしか使っていないので大丈夫でした。説明書のピンアサイン見て半田付けしたのですが、動きません。エラーで止まります。ハンドセット側のTXとRXとはクロス接続しなければならないのでした。逆にしたら動きました。ステラナビ10ではiOptronサポートしてますが、9ではサポートしていません。ASCOM経由でつなぎました。iOptronのHPにASCOMドライバがありました。うぃんうぃん動きます。成功。ますますシステムが肥大化してきます。

それから興味深いことに気がつきました。smartEQ Proはハンドコントローラをつながない状態で電源を入れると勝手に赤経のモーターがまわります。つまり観望とかでとりあえず追えばいいやという、適当な追尾でよければめんどくさい設定しなくていいんですね。ちょっと月とか太陽撮るにはとても便利です。

今晩は快晴ではないようですが晴れそう。透明度は遠くの山はよく見えるけど、なんとなく空は白っぽい。雲もところどころある。いいんだか悪いんだかよくわからない天気です。でもせっかくの土曜日なので遠征してきます。天蓋行ってから大毎の棚田あたりに行くかもです。

| | コメント (9)

2014年9月26日 (金)

天と地のペガサス

上堰潟にはペガサスがいます。

Img_0665

空にもペガサスがいます。

オレも飛んで行きたいよ~といっているようです。

Img_0666

今回は狙いすぎましたね。でも季節的にもちょうどいいので撤去までに撮ってみたかったです。他にもお城とかいくつかありましたが、薄雲が広がっていて、それにメジャーな星座と同じ視野に入らないので撮るの止めました。地のペガサス君、もう少し右向いていたら良かったのですが。

明日晴れますかねー。晴れたら北か南に遠征しようかと思います。狙いは対日照。黄道光も撮りたいですが、その時間までとどまる根性ないかもしれません。

| | コメント (2)

2014年9月24日 (水)

ガイドの精度

iOptron SmartEQ ProはRA側はまあまあの精度ですが、Dec側がほとんど追いません。修正をかけてもモーターが追いつかない感じです。どんどんずれて行きます。たぶん1回の修正量が足りないのだろうと思い、Max Dec durationをデフォルトの100msからRAと同じ1000msに増やしてみました。そうしたところ、そこそこ追うようになりました。

Phd

これくらいなら上等

目標である、200mm、10分の露光が可能なのかどうか試してみました。

Img_0599

やや流れていますが、RA方向でもDec方向でもありません。たぶんたわみか何かなのだと思います。剛性をしっかり保てば300mmくらいでも行けるかもしれません。

201409206

SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX HSM(200mm、F4.5)、10分×1枚、冷却60D(約-15℃)、smartEQ Pro、ガイド鏡miniBORG45ED、DSI-PRO、PHD Guiding

概ねsmartEQ  Proのテストは成功。さすがに弱いので、バランス取ってしっかり剛性保つ必要はあるようです。撮影中はむやみに触れないこと。機材の軽量化には貢献しますが、点数はあまり変わらないような。できるだけコンパクトにまとめて思い立ったらいつでも持ち出せるシステムにしたいです。今まで不可能だった冬場の積雪地でもちょっと踏み固めて撮影できるかも。今年の冬が楽しみです。

| | コメント (4)

2014年9月23日 (火)

対日照2014

この季節は必ず撮ります。もう恒例です。以前はなかなか撮れないと思い込んでいましたが、快晴の日ならまずまず写ります。

201409205

AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5(10mm、F4)、EOS 60D、ISO1600、5分×4枚

この日は透明度は悪くなかったのですが、なんとなく空が全体に白っぽかったです。まあ、前回の遠征が樽口だったからそう感じたのかもしれませんが。それでも割とよく写ってくれました。黄道光帯も見えています。左上と右下はヒーター代わりに使ったUSBカップウォーマーの影です。幅広なのでフードからはみ出てしまいました。しかしUSBポータブル電源のスイッチを入れるの忘れていて結局暖まっていませんでした。でも20分の間露がついていません。このあとヒーターを外して再度撮影しましたが、2コマ目から結露してしまいました。もしかしたら暖めなくても何か巻いてレンズが直接外気に触れないだけでも露って付かないのかもしれません。ヒーター忘れた時とか緊急時にはやってみる価値はありそうです。

対日照はだいたい毎年ここで撮るのですが、左右に山があるのでちょっと邪魔です。一度何にもない開けた場所で撮ってみたいですがそんなところは新潟県にあるのでしょうか。

| | コメント (10)

2014年9月22日 (月)

宙に浮かぶ

小物対象を2つばかり撮ってみました。あんまりインパクトはないですが、まあ、レンズと赤道儀の試写ということで。

M33

201409203

SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX HSM(135mm、F4)、5分×4枚、冷却60D(約-15℃)、smartEQ Pro、ガイド鏡miniBORG45ED、DSI-PRO、PHD Guiding

135mmでは迫力不足ですね。でもこういう空にぽっかり浮かんだような表現もありだと思います。銀河はこういう風に撮りたいとずっと思ってきました。拡大して構造がはっきり見える写真もいいですが、宇宙の広さを感じさせる写真も好きです。

NGC281

201409204

SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX HSM(200mm、F4)、5分×4枚、冷却60D(約-15℃)、smartEQ Pro、ガイド鏡miniBORG45ED、DSI-PRO、PHD Guiding

200mmにしてみました。露光不足ですね。それにやっぱり片ボケしています。200mmを試してみたくて撮ってみましたが、本当はもう少し短焦点で広い視野で撮ってみたかったです。カシオペアに一つルビーのように輝く紅一点的な感じで表現するのが目標です。

smartEQ Proは200mmでもそこそこ追えますがよく見ると流れています。RA側のガイドはやっていますし、ブレの方角を見ると南北なのでやっぱりDecの問題なのでしょう。こっちはほとんど追っていませんでした。PHDのパラメーターでなんとかなるかもしれません。

200mmで10分も試験的に撮ってみました。これはあとで検証してみます。

| | コメント (6)

2014年9月21日 (日)

異例の同日アップ

同日に複数の記事は立てないことにしているのですが、今回ネタが多いのでとりあえず処理したものを一つだけアップします。

201409202

SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX HSM(135mm、F4)、5分×2枚、冷却60D(約-15℃)、smartEQ Pro、ガイド鏡miniBORG45ED、DSI-PRO、PHD Guiding

珍しくフルデータ載せました。ちょっとDec側のガイドがおかしくてやや星像が伸びています。もうちょっとなんとかすれば点像になると思います。135mm~200mmくらいは余裕で追えるとわかりました。結構使えると思います。最も重い組み合わせでしたが問題ないみたいです。もういくつか撮りましたのでそれはまた明日以降ご紹介します。

| | コメント (8)

ようやくの晴れ

昨日は久しぶりに晴れました。上空に寒気が居座っている感じでいつまでたっても雲が取れない天気が続いていましたが、やっと秋らしい空になりました。土曜日ですが、昼間はちょっと女房と子供連れてドライブ。山古志でアルパカ見てきました。基本家からは星見遠征しないことにしているのですが、この絶好の日を逃すことはないと、頼み込んで許可貰いました。行き先はいつもの早出ダム近く。ちょうど新津で花火大会やってて渋滞に巻き込まれてしまいました。まいったなあ、と思いましたが15分くらいの遅れですみました。近間で花火も見れてまあよかったかも。

まだ天の川が見えていました。

201409201

刈り入れ前の田んぼ星景

道路上田んぼの土だらけ。あやうく滑りそうになりました。でも撮影にお借りしている立場では文句いえません。この日の目的はiOptron smartEQ Proでの本格撮影。まあ、トラブルもいくつかありましたが、なんとか使えることがわかりました。画像処理してのちほどレポートも含めご紹介したいと思います。

| | コメント (4)

2014年9月19日 (金)

ASCOMを入れてみる

恥ずかしながらASCOMというものがなんなのかさっぱりわかりません。今まで特に必要がなかったので使うこともなかったのですが、近い将来QHY5L-Ⅱを入れようとしていて、それはASCOM経由で望遠鏡コントロールをするらしく、自分のシステムで動くのか不安だったので買う前に試してみようと思いました。

PCから機材をコントロールするためのプラットホームらしい。OSみたいなものか。で、機材ごとにドライバーがいるそうな。GPUSBでsmartEQ Proを動かすためにはなにがいるのか。smartEQ Proのドライバー?いや、ASCOMから見ればそれは関係ないはず。やっぱGPUSBのドライバが必要なのでしょう。ビルトインされているのかも。PHD GuidingからASCOMを選択してもどうもそれっぽいのはありません。「ASCOM GPUSB」でググってもほとんど情報は出てきません。そりゃそうですよね。普通のガイディングソフトは直接GPUSBを駆動できるのでわざわざASCOMをかます必要はありません。でも出来るらしいことはわかりました。本家のshoestringでGPUSBのマニュアルを見ていたら、ASCOMでGPUSBを使うにはこれをダウンロードしてね、と書いてあるではないですか。早速インストールしてみました。おお、メニューに出てきたではないですか。

接続前です。

Img_0470

接続後

Img_0471

GPUSBのLEDが緑に変わります。ASCOMで動作しているときは色が変わるようです。smartEQ Proのガイドポートにつなぎ、マニュアル駆動してみると動いているようです。成功!

さて、これでGHY5L-Ⅱを買ったとして動くことがわかりました。いつ買うかですね。まあ、ただ現状どうしてもなければならないものではないので悩んでいます。あればあるで機材を軽量にできGPUSBも不要になって簡素化できます。ガイド鏡もペンシルボーグが使え、よりシンプルになります。smartEQ Pro買ってお金がなくなったので、少しオークションやって貯まったら考えます。

| | コメント (8)

2014年9月15日 (月)

これは?

なんでしょう?

Dscn0805

全然発生する天候でもありませんし、似たような雲なのでしょう。

最近追っかけることが多いので、つい空を見上げて見間違えちゃいます。ビョーキですね。

| | コメント (4)

2014年9月14日 (日)

更待月のでるまでは

吉田拓郎の唄に「祭りのあと」という曲があります。その中に「臥待月のでるまでは」という一節があります。始めに聴いたのが高校1年の時だったと思います。42~43年前です。寂しげな情景が目に浮かび好きな曲でよくギターでも弾きました。

一日遅れで更待月になってしまいましたが、イメージは変わりません。満月過ぎの月って忘れられたみたいでちょっと寂しげですね。

Img_0604

| | コメント (9)

2014年9月13日 (土)

のどかな日もある

このところ天候大荒れが続いていますが、合間を縫うようにのどかな空模様のときもあります。今週初めころから新潟市上空にはなにやら謎の飛行体が漂っています。

Img_0429

朝、通勤途中に田んぼのほうにふと目をやるとそいつが横たわっているではないですか。

Img_0460

飛行船です。企業のPR用でしょうか。近寄ってみました。

Img_0462_2

生命保険会社みたいです。ここは赤塚の廃棄物最終処分場跡。埋め立てて平らなので飛行船の係留にはもってこいなのでしょう。

ちょっとビビットに

Img_0464_stitch

稲刈り前の田んぼが黄金色できれいです、のどかですね~でもこのあとまたすぐに雲が押し寄せ雨になりました。本当に慌ただしい天気です。明日から少し寒気は抜けるようです。穏やかな秋の日は訪れるのでしょうか。

| | コメント (2)

2014年9月12日 (金)

スーパーセルか?

今日は新潟市で竜巻が見られました。発生したのは午後1時半頃のようです。その3時間ほど前、ちょうどそのあたりにいました。

Img_0449

この方向に見られたらしいです。このときは穏やかな晴天。しかしこの後急変します。

発生時刻には私は旧岩室村にいました。だいぶ遠いですが、それでもなにやら外の様子が普通でなく、こりゃきそうだなあ、という気配がしていました。そのちょっとあと、仕事をしていたパソコン画面を見たらヤフーニュースのトップで新潟県で竜巻発生のニュース。やっぱり、と思いました。仕事が終わって外に出ると雲の様子がいかにもそれっぽい。どこで発生してもおかしくない感じです。海のほうに出てみました。

Img_0456

雨と晴れ間がくっきり。このあたり少し前まで土砂降りでした。

これはスーパーセル?

Img_0458

強い上昇気流で起きる超入道雲みたいですが、海外の映像見るとすごいです。これがそれとは思いませんが、ここから竜巻が降りてきてもおかしくありません。しかしこの雲もだんだん弱くなり晴れ間も覗いてきました。ピークは過ぎたようで竜巻にお目にかかることはありませんでした。でも秋から冬にかけて多いそうなのでまた発生するかも。しかし、巻き込まれたら怖いですね。海上竜巻を遠巻きに眺めるのがいいのですが、陸に上がってきたらやっぱり逃げます。結構臆病ですがそれくらいでいいんでしょう。

| | コメント (8)

2014年9月11日 (木)

ガイドテストをする

今日は北海道、関東のかたには申し訳ないほどよく晴れました。満月直後の月がありますがiOptron SmartEQ Proのガイドテストをしてみました。

SEⅡと比べると荷物は格段に少ないです。赤道儀とカメラバッグ、その他PCやケーブルを入れた紙袋の3つだけです。赤道儀、PCとも電池駆動にしました。ガイドカメラはDSI Pro、ソフトはPHD Guiding、コントロールはGP-USBです。練習の甲斐あって、設置も比較的短時間で完了。しかし夕方から出始めた雲が空一面覆っています。でもところどころ晴れ間があるのでそこを狙って望遠鏡を向けます。キャリブレーションするのですが、どういうわけか運の悪いことに向けた方角必ず雲が湧いてきて、前半のRAのキャリブレーションはうまくいっても後半のDecで必ず失敗します。こんなことを10回くらい繰り返しましたが、諦めて撤収しようと思った21時頃、雲もだいぶなくなりやっと成功しました。

これがガイドグラフ

Phd

これくらいなら中望遠程度なら十分点像です。ただ、Dec側はあんまり安定しません。結構外します。設定のコツがあるのかもしれません。研究の余地ありです。ガイド開始しばらくはどちらもあまり安定しません。なんとなくDCモーターゆえのもっさり感があります。

撮影画像です。

Img_0580

EOS 60D、SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX HSM 約135mmです。絞りF4で10分露光です。解像度を1/2にして中央を切り出しました。ピントがずれてしまいました。しかしほぼ点像なので目標は達したといっていいと思います。ガイドの後半Dec側を大きく外しましたが、影響ありませんでした。

さて、次は本格撮影です。Smart Guiderも試してみたいですが、モバイルノートなら荷物にならないし、感度面からもいって悩ましいところです。いろいろ試してみます。

| | コメント (6)

2014年9月10日 (水)

火星にほえろ

やっぱりあの宇宙人くんは火星人のようです。

201409083

火星に向かって叫んでいます。ETは自分で通信機を作って仲間を呼びましたが、この火星人くんははたして呼べるでしょうか。携帯貸してあげたらよかったのかなあ。

左にもよくわからない物体が横たわっています。

201409084

こちらはどうもこの公園にさまよいこんでロープで縛りつけられた巨人のおじさんのようです。こちらはどうやったら助かるのでしょうかね。

私はなにもできないまま、土星が角田山に沈む瞬間を見届けて無情にも帰ってしまいました。

| | コメント (2)

2014年9月 9日 (火)

スーーパーームーーン

いかにもスーパーな感じを出してみました。

Img_0574_2

最近スーパームーンもすっかり天文イベントの一つですね。でも年3回ってどうなのでしょう。最も大きく見えるのだけにできないんですかね。あんまり多いとありがたみがないです。しかし比べる物がなければ大きいか小さいかなんて絶対わかりません。まあ、みんなで月を眺めよう、と一般の人々に空を見てもらえる機会が増えたということはいいことなのでしょうね。

| | コメント (10)

2014年9月 8日 (月)

月に帰りたい

今日は中秋の名月。今までずっとはっきりしない天気でしたが、まるでこの日に合わせたかのようにきれいに晴れ渡りました。かぐや姫もこんな月夜の日に帰っていったのでしょうか。

月に行きたかったロケット

201409081

きっと飛びたかったのでしょうね。でもサターンではないようなので月までは無理だったでしょう。

こちらは円盤が地球に落ちてしまい、帰れなくなってしまった宇宙人

201409082

火星人ですかね。そういや、向こう側には火星も見えています。火星に向かって叫んでいるようにも見えます。

撮影中ずっと月を眺めていました。月に帰って行くかぐや姫が見えたような気がしました・・・

| | コメント (6)

2014年9月 6日 (土)

カメラを載せる

こんなものが届きました。

Dscn0791_r

iOptron SmartEQ Proにカメラとガイド鏡を載せるためにオークションでポチしました。この間2時間かけて組んだシステムはやっぱり不満だったので見直そうと思いました。意外と安いのですが、こういう風に穴の開いているプレートが欲しかったのでちょうとぴったりです。

こんな風に載せてみました。

Dscn0792_r

SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX HSMに冷却60D、miniBORG45EDⅡのガイド鏡にDSI Proのガイドカメラです。たぶん想定している最も重い組み合わせですが重さは4kg強です。SmartEQ Proは耐荷重5kgですのでまだ少し余裕があります。

Dscn0793_r

バランスウェイトを最大に伸ばすとだいたい釣り合います。電源入れて動かしてみましたがスムーズに動く・・・ようです。

Dscn0794_r_2

カメラ側はアリミゾにしたので自由度が増しました。これはSIGMA 70mmマクロをレボルビング装置に付けたところです。ガイド鏡側も鏡筒バンドにしたのでSEⅡで使っているガイド鏡が使えます。tantanさんからSmarg Guiderをお借りしているのですが、とりあえず実績あるPHD Guidingで動くのを試してからやってみようと思います。

そうなるとパソコンが必要ですがSEⅡで使っているのはでかくて持って行きたくありません。仕事でちょっと持ち出すために持っているLet's note CF-R5があるのでそれを使うことにしました。

Dscn0795_r

古いパソコンですが、SSDに換装してWindows 8を入れてあるのでさくさく動きます。ステラナビ10とPHD Guidingをインストールしました。DSI ProのドライバーもミードのHPからWindows 7用のものをインストールしたら認識しました。ちょうど三脚板に乗りますのでテーブルもいらない。このLet's noteはバッテリーがちょっとへたっていますがそれでも3~4時間は使えそうです。SmartEQ Proも電池駆動にしてノーバッテリーシステムにできるかもしれません。荷物もだいぶ減り、これでオールインワンのオートガイドシステムのできあがり。

さて、机上の空論に終わらないよう、実践に移してみたいのですが、なにせ天気が悪い。月曜日は中秋の名月ですが、せめて月でも眺めたいです。

| | コメント (4)

2014年9月 2日 (火)

3つになっちゃった

タブレットが3台になってしまいました。

Img_0399

3年前に買ったSONY SGPT111JP/S(9.4インチ)、3ヶ月前に買ったLenovo YOGA TABLET 8 59387741(8インチ)、この間タダで手に入ったASUS MeMO Pad Smart ME301T(10.1インチ)

SONYは家用にネット閲覧専門に使っています。Lenovoは遠征のお供にと買った物です。撮影中は暇なので時間つぶし用に映画でも観ようかと思ったのですが、自立すること、バッテリーが長持ちすること、の条件で探したらこれがまさにぴったりでした。可動式のスタンドはダッシュボードの上に置いたり、ハンドルに引っかけたりといろいろ使えます。バッテリー駆動も最長16時間と、遠征中は切れることがなさそうです。まあ、映画ならカーナビのDVDでも観られますが、バッテリーが上がるのが怖くて観る気になれません。でも今まで2回ほどの遠征でまだ活用したことはありません。夏は外で星を眺めていたほうが楽しいです。冬に使うかも。ASUSはこの間思いがけなくタダで手に入りました。お客様が電源が入らなくなったのでメーカーに修理に出したところ、基板交換とかで有償になるので修理を止めたというものです。メールを貰い、壊れているけど処分してくれない、ということで引き取りました。しかし…壊れているわけではありませんでした。充電できます。充電したところでリセットホールをピンで押したら起動しました。3日くらい使っていますが何の問題もありません。SONYのよりも安定して動いています。得した~♪。しかし、こういうのわからないメーカーのサポートってなんなのでしょうね。

壊れている電子機器を直すコツですが、壊れていないと信じること、これに尽きます。最近の電子機器はとにかく壊れません。ここ数年お客様のパソコンなど、修理に出したことがありません。10年くらい前は結構ありましたが、ここ数年は本当に壊れないです。ですので動かないものでも壊れていないと信じていろいろ頑張ると動き出すことが多いです。

さて、Androidタブレットだけ3台もあってもどうしましょう。ASUSは大画面なので手放すのは惜しい。かといってSONYをオークションにかけても古いのでたぶん二束三文でしょう。でも星まつりで散財したので少しだけでもお金になれば、と思案中です・・・

| | コメント (0)

2014年9月 1日 (月)

防災の日に

今日9月1日は防災の日。テレビや新聞ではいろいろ特集が組まれています。だからというわけではないのですが、竜巻の映画を観てきました。「イントゥ・ザ・ストーム

20140901

今日は月初めの1日、月曜日、55歳以上のどの割引使っても1,100円で観られます。少しは人がいるかな、と思ったら私含めて3グループだけです。前は映画館であまり人が少ないとちょっと寂しくて不安だったのですが貸し切り状態には慣れました。でもこんなにすいてて採算採れるのでしょうかね。

内容はいわゆるディザスタームービー。竜巻映画にツイスターというのもありましたが、あれを遥かに迫力では上回ります。ストーリーはお約束の誰かが危機に遭うところにヒーローが間一髪助けるというもの。でも本物の竜巻に遭遇することなんて滅多にないのでこういう体感ムービーで体験しておくのもいいかもしれません。しかし風速135mって恐ろしすぎます。あんなのが自分のところに襲いかかってきたら生きてらんないです。

最近天候が不順ですし、竜巻が発生する条件も常にあるような気がします。特にこれからは多い季節です。一応外出時はカメラ持って出ます。近づき過ぎて飛ばされないように気を付けます。

| | コメント (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »