« これは? | トップページ | ようやくの晴れ »

2014年9月19日 (金)

ASCOMを入れてみる

恥ずかしながらASCOMというものがなんなのかさっぱりわかりません。今まで特に必要がなかったので使うこともなかったのですが、近い将来QHY5L-Ⅱを入れようとしていて、それはASCOM経由で望遠鏡コントロールをするらしく、自分のシステムで動くのか不安だったので買う前に試してみようと思いました。

PCから機材をコントロールするためのプラットホームらしい。OSみたいなものか。で、機材ごとにドライバーがいるそうな。GPUSBでsmartEQ Proを動かすためにはなにがいるのか。smartEQ Proのドライバー?いや、ASCOMから見ればそれは関係ないはず。やっぱGPUSBのドライバが必要なのでしょう。ビルトインされているのかも。PHD GuidingからASCOMを選択してもどうもそれっぽいのはありません。「ASCOM GPUSB」でググってもほとんど情報は出てきません。そりゃそうですよね。普通のガイディングソフトは直接GPUSBを駆動できるのでわざわざASCOMをかます必要はありません。でも出来るらしいことはわかりました。本家のshoestringでGPUSBのマニュアルを見ていたら、ASCOMでGPUSBを使うにはこれをダウンロードしてね、と書いてあるではないですか。早速インストールしてみました。おお、メニューに出てきたではないですか。

接続前です。

Img_0470

接続後

Img_0471

GPUSBのLEDが緑に変わります。ASCOMで動作しているときは色が変わるようです。smartEQ Proのガイドポートにつなぎ、マニュアル駆動してみると動いているようです。成功!

さて、これでGHY5L-Ⅱを買ったとして動くことがわかりました。いつ買うかですね。まあ、ただ現状どうしてもなければならないものではないので悩んでいます。あればあるで機材を軽量にできGPUSBも不要になって簡素化できます。ガイド鏡もペンシルボーグが使え、よりシンプルになります。smartEQ Pro買ってお金がなくなったので、少しオークションやって貯まったら考えます。

|

« これは? | トップページ | ようやくの晴れ »

機材」カテゴリの記事

コメント

QHY5L-Ⅱを買われるんですね、今は30K程で買えるんですね。
昔、ミードのLX200エミュレーションリレーBOXを作ったときにASCOMから制御しました。ASCOMをガイドの為だけに使うのならそのメリットは少ないと思います。沢山のインターフェイスを使えるのが便利なわけですが。

PHD1.14.0以降を使うなら、QHY5L-Ⅱのドライバがありますから直接使えます。もちろんGPUSBも。
パソコンの能力に因るのでしょうがASCOMを介してガイドすると、レスポンスが少し悪くなります。体験済みです。

PHD2.3.1を使いましょう!

投稿: けんちゃ | 2014年9月20日 (土) 08時32分

おはようございます。
いまさらなが技術の進歩はめざましい!と感じます。
もっと進歩して冷却しなくても撮影できるCCDカメラが現れないでしょうか?
今まで高価な機材を揃えた人には申し訳ないですが...

天気が悪いので室内でSumart EQ PROのシュミレーションしています。
早く回復して欲しいです。
では。


投稿: DEN | 2014年9月20日 (土) 08時39分

着々と進んでいますね。
QHY5L-Ⅱですが、私の古いFMV(XP、USB1)ではドライバーを入れても認識しませんでした。あまり古いパソコンでは使えないかもしれませんが、OSがwin8なら大丈夫でしょう。けんちゃさんの仰るとおりPHDで直接選択できます。快調ですよ。どのデバイスでもASCOMドライバーはMaxImDLとかで使う時に必要ですから入れて損は無いと思います。
スマートガイダーでカメラを交換出来たら最高なんですけどね。

投稿: tantan | 2014年9月20日 (土) 10時15分

けんちゃさん
買おうかどうか、まだ迷っているところです。なにせビンボーホシミストなもので。
QHY5L-ⅡはPHD2.3.1では直接制御できるんですか。そのバージョンは本家を離れて独自にバージョンアップしたものでしたっけ?ちょっと使い勝手が変わっていて入れたけどまだ使っていません。今度試して見ます。
直接駆動できればASCOM使う必要はありませんね。

投稿: まるひ | 2014年9月21日 (日) 07時47分

DENさん
そちらのほうはもうシステム構築できましたか。今度お聞かせください。
ゆうべは久しぶりの快晴でした。ようやくきちんと撮影することができました。いろんなことがわかりましたのでこれからゆっくりレポートします。

投稿: まるひ | 2014年9月21日 (日) 07時50分

tantanさん
QHY5L-ⅡはXPパソコンだとだめなんでしょうか。Win8ノートもあるのですが、メインの遠征用PCはまだXPです。ステラナビ10もXP対応していないし、星用とはいえXPから離れないとだめなんでしょうかね。
昨日の撮影に使ったのは非力なネットブックでした。Cドライブがわずか8GBの容量しかないのでASCOMとPHDだけでもういっぱいです。これをsmartEQ Pro用にしようと思ったのですが、さすがに星図ソフトもないと不便を実感しました。結局システムが肥大化しそうな予感が・・・次はSmatr Guiderを試して見ます。

投稿: まるひ | 2014年9月21日 (日) 08時00分

まるひさん、私も遠征用はXPですが、USB2ポートのある機種ではQHY5L-Ⅱはちゃんと動いています。よほど古くなければ大丈夫ですよ。
古いFMVではその後Type2スロットにUSB2ポートを増設してみましたが、カメラを認識してもいざ画像を送ろうとするとエラーが出てしまい、結局使えませんでした。
昨日は絶好の条件でしたね。私も何とか深夜に出ようと思っていましたが諦めました。ブログ更新楽しみにしています。

投稿: tantan | 2014年9月21日 (日) 08時12分

tantanさん
そうなんですか。そんなに古くないマシンなので大丈夫かなあ。遠征用は15.6インチの大画面PCです。3つくらい同時にソフトを起動するので画面が大きくないと不便だし、夜目には見づらいし。
昨日は久しぶりの晴天でしたが出撃できませんでしたか。貴重な晴れ間でしたのに勿体なかったですね。でもこれから晴れることも多いでしょう。きっと・・・
これから昨日の画像処理します。でも日曜日は意外と雑用が多くてはかどりません。明日以降かなあ。

投稿: まるひ | 2014年9月21日 (日) 11時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これは? | トップページ | ようやくの晴れ »