« 突然の快晴 | トップページ | ガイドケーブルをつなぐ »

2014年8月28日 (木)

SmartEQ Proやっと動く

夕方ちょっと時間があったのでiOptronのSmartEQ Pro赤道儀あれこれいじっていました。ようやく動かすことができました。

mini Borgを付けたところです。

Img_0036

ネットでいろいろ検索してもこの赤道儀に関する情報はほとんどありません。もしかして本当に人柱になってしまったのかも。とりあえず極軸合わせからですが、付いてきた簡易マニュアルはほとんど役に立たないのでメーカーHPから詳しいマニュアルをダウンロードしました。もちろん英語。普通、極軸望遠鏡用に赤緯軸に切れ込みがあり、そこから北極星を覗くようになっていますが、この切れ込みがずれていて見えません。しかしクランプがないので赤緯軸を手で回すことはできません。おとといはここで挫折しました。コントローラーから電動で動かさなければなりません。スピードはテンキーの数字を押すと変わります。最初気付かず、延々とカーソルキー押し続けていました。次に極軸望遠鏡のパターンの12時を上にするのですが、赤経軸のクランプをフリーにし電動で赤経軸を空回りさせて合わせます。これがホームポジションになるのでバランスウェイト軸を真下にしてクランプを締めます。赤緯はアリミゾ金具を軸にはめ、ネジで固定するだけの簡単な構造です。これもこの時点で北極に向け固定します。ホームポジションは電源投入時に記憶しますので一旦電源を切り再度入れ直します。コントローラーでPole Star Positionを選ぶと現在の北極星の位置が表示されるので極軸望遠鏡を覗いてその通りに水平と高度を調整して合わせます。SEⅡなどのように日にちと時間の目盛を合わせて導入しなくてもいいのはとても便利です。

外を見たら晴れていたので持ち出してみました。

Img_0039

エネループ8本駆動。重いバッテリー出さなくていいのは結構便利です。miniBorg程度ならバランスウェイト入りません。これでも軽いくらい。導入精度は低倍率なら結構いいです。M31やM27を入れてみましたが、ほぼ中央に入りました。注意すべき点は電源を切る前にホームポジション(Zero Position)に戻さなければならないこと。そうしないと次にもう一度最初にやった極軸合わせ準備をやらなければなりません。私はこのあとSEⅡのつもりでうっかり切ってしまいました。

今日はガイドのテストはできませんでした。次に晴れたときはやってみたいと思います。この赤道儀の情報はほとんどないので他のユーザーのかたの参考になるように、気がついたことは少しずつ書いて行こうと思います。

|

« 突然の快晴 | トップページ | ガイドケーブルをつなぐ »

機材」カテゴリの記事

コメント

始めまして。
私もこの赤道儀を購入したいと思っています。
情報が無いな~と思ったら見つけました!
今後もチョクチョク覗きますので宜しくお願いします。

私はCelestron C5を乗せる予定です。
上手くいけるか楽しみです。
では!

投稿: DEN | 2014年8月29日 (金) 10時20分

ホームポジションと言う考え方は、EQMODに似ていますね。
こうなると南中越えを含む撮影も出来るように、なるのではと推測します。
兎に角動作させれれて良かったですね。

投稿: 電球 | 2014年8月29日 (金) 16時26分

DENさん
初めまして、私のブログに訪れていただき、ありがとうございます。
この赤道儀は中望遠レンズをガイドするために買いました。私もいろいろ情報探したのですが、本当にないですね。私が先陣を切ってレポートしなければならないようです。
Celestron C5はコンパクトな鏡筒ですね。この赤道儀に十分載ると思います。三基光学の宮○店長さんが言っていましたが、とにかくバランスを取ることが重要だそうです。
気がついた事を随時書きますのでのでまた訪れてください。

投稿: まるひ | 2014年8月29日 (金) 22時56分

電球さん
EQMODって知らなかったのですが、ASCOMを使った望遠鏡コントロールソフトでしょうか。
この赤道儀、子午線越えたらどうなるのでしょう。でも結構越えても余裕で大丈夫そうです。
だいたい動かし方はつかめてきました。コントローラはSynScanよりわかりやすいです。でも文字が小さいので老眼の目にはメガネ必須です。

投稿: まるひ | 2014年8月29日 (金) 23時06分

面白そうな赤道儀ですね。詳細が分かるにつれて、欲しくなります。
世界的な「人柱」ですね。でも撮影が上手く行けば最先端の機材を使う先駆者ですよね。この辺は紙一重。まるひさんのレポート次第で爆発的に売れそうな予感が・・・

投稿: tantan | 2014年8月30日 (土) 08時14分

tantanさん
なりは小さくてもりっぱな自動導入赤道儀です。まあ、割り切った部分は多いですが、使い方によっては面白そうです。
人柱上等です。こういうの好きです。すでにググるとこの記事が5番目くらいにでてきます。まだユーザー少ないんですね。流行らせてみたい気もします。

投稿: まるひ | 2014年8月30日 (土) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 突然の快晴 | トップページ | ガイドケーブルをつなぐ »