« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月29日 (金)

ガイドケーブルをつなぐ

iOptron SmartEQ Proははたしてオートガイドできるのか。いくらググっても日本はもとより、海外を検索しても実際にオートガイドで星を撮ったという事例がありません。そもそもマニュアルのどこにもオートガイド端子はこれ、という記述がありません。まあしかしST-4ガイディングポートはあると書いてありますし、端子もちゃんとそれっぽいのがあるので間違いないのでしょうが、各部名称にそれと書いていないってどうなのでしょうね。

Img_0364

リレーボックスのケーブルを取り付けたところ。間違いないでしょう。今日は晴れていないので実際のオートガイドを試すことができません。PHD GuidingのManual Guideで動かしてみました。ボタンを押してパソコンから信号を出すたびに「ジャコッ」とモーターの回転音がします。赤緯は動いているのがよくわかりますが、赤経のほうは常に運転しているのでよくわりません。まあ、たぶん大丈夫なんでしょう。

しかし、この赤道儀は一般にあるクランプはないものと理解しなければなりません。普通クランプはフリーにすると赤経軸、赤緯軸を自由に回すことができますが、これはクランプ緩めても軸は回りません。赤経のほうはハウジング全体が周るだけで軸は固定されたままです。赤緯のほうもアリミゾ金具が回るだけで軸は動きません。赤経のクランプみたいなものは単にハウジングと軸を締め付けるだけの役割で、運搬時や保管時に軸にストレスがかからないために緩めておくものでしょうか。赤緯にいたってはホームポジションを合わせたら常にしめたままでよく、緩める理由がみあたりません。とにかく望遠鏡を載せたときは必ず電源を入れてコントローラー使って向きを変えるしかない、と思っておけば使い方の理解も早まると思います。

大体わかってきました。あとはオートガイドがうまくいくかどうかが課題です。また気がついたらレポートしますが、天気悪いし、新月期過ぎたし、ちょっと先になるかもしれません。

| | コメント (2)

2014年8月28日 (木)

SmartEQ Proやっと動く

夕方ちょっと時間があったのでiOptronのSmartEQ Pro赤道儀あれこれいじっていました。ようやく動かすことができました。

mini Borgを付けたところです。

Img_0036

ネットでいろいろ検索してもこの赤道儀に関する情報はほとんどありません。もしかして本当に人柱になってしまったのかも。とりあえず極軸合わせからですが、付いてきた簡易マニュアルはほとんど役に立たないのでメーカーHPから詳しいマニュアルをダウンロードしました。もちろん英語。普通、極軸望遠鏡用に赤緯軸に切れ込みがあり、そこから北極星を覗くようになっていますが、この切れ込みがずれていて見えません。しかしクランプがないので赤緯軸を手で回すことはできません。おとといはここで挫折しました。コントローラーから電動で動かさなければなりません。スピードはテンキーの数字を押すと変わります。最初気付かず、延々とカーソルキー押し続けていました。次に極軸望遠鏡のパターンの12時を上にするのですが、赤経軸のクランプをフリーにし電動で赤経軸を空回りさせて合わせます。これがホームポジションになるのでバランスウェイト軸を真下にしてクランプを締めます。赤緯はアリミゾ金具を軸にはめ、ネジで固定するだけの簡単な構造です。これもこの時点で北極に向け固定します。ホームポジションは電源投入時に記憶しますので一旦電源を切り再度入れ直します。コントローラーでPole Star Positionを選ぶと現在の北極星の位置が表示されるので極軸望遠鏡を覗いてその通りに水平と高度を調整して合わせます。SEⅡなどのように日にちと時間の目盛を合わせて導入しなくてもいいのはとても便利です。

外を見たら晴れていたので持ち出してみました。

Img_0039

エネループ8本駆動。重いバッテリー出さなくていいのは結構便利です。miniBorg程度ならバランスウェイト入りません。これでも軽いくらい。導入精度は低倍率なら結構いいです。M31やM27を入れてみましたが、ほぼ中央に入りました。注意すべき点は電源を切る前にホームポジション(Zero Position)に戻さなければならないこと。そうしないと次にもう一度最初にやった極軸合わせ準備をやらなければなりません。私はこのあとSEⅡのつもりでうっかり切ってしまいました。

今日はガイドのテストはできませんでした。次に晴れたときはやってみたいと思います。この赤道儀の情報はほとんどないので他のユーザーのかたの参考になるように、気がついたことは少しずつ書いて行こうと思います。

| | コメント (6)

2014年8月26日 (火)

突然の快晴

まさか晴れるとは思いませんでした。天気予報見たって晴れマークはどこにもないし、午前中はまるで雨の惑星になったかと思うような空でしたし。それが夕方から急速に雲がなくなり日が沈む頃はほぼ快晴。信じられません。星まつりで買ったiOptronのSmartEQ Pro赤道儀のテスト撮影はまだ先だと思ってましたが、これならできそう。スチャラカ社員の私でもさすがに勤務時間内はいじれません。17時過ぎて事務員さんが帰るのを待ってそそくさと開封、組み立てました。どういう風にカメラとガイド鏡を載せるかというのを考えるのに2時間くらいかかってしまいました。なんとか形になったのが19時。写真とりましたが、カメラを職場に忘れてしまいました。写真は後日。電源も入れずに持ち出すという、なんという泥縄。まあ、なんとかなるでしょう・・・

なんとかなりませんでした。説明書忘れました。設置はしたものの、そのほかにもいろいろ忘れ、結局動かすことはできませんでした。やっぱり明るいところで慣れてからでないと持ち出せないですね。アホでした。雲一つない快晴で透明度も抜群。新潟市のちょっと郊外ですが、天の川も見えます。せめて星景でもと思いましたがS120も忘れてしまったので撮るものがありません。しかたがないのでテスト撮影に使おうと思ったSIGMAの70mmマクロ使って撮りました。

Img_0368

火星と土星と天秤座。きれいな三角ですね。

貴重な晴れ間でしたが惜しいことをしました。先週の週間天気では今週は晴れる予報だったのですが曇りに変わってしまいました。来週は晴れ間が見えますが、どうなることやら。最近の予報はあてになりません。

| | コメント (10)

2014年8月25日 (月)

竜巻か?

星まつりが終わるともう秋の気配が漂ってきます・・・という雰囲気に浸れないほど今年の夏は夏らしくありませんでした。

今日もまるで梅雨末期のようなどんよりした黒い分厚い雲でした。そんな空の下、車で移動中ふと外に目をやるとこんな光景が。

Img_0030

これは竜巻?時間は10時30分頃、場所は新潟市西区明田。

赤信号で停車中に撮ったものですが、数分前はもう少し下まで伸びていました。このときすでに終息に向かっていたのか、だんだんと短くなり、数分後には形が崩れて消滅してしまいました。こんな雲行きの時に出るんだ、と思い車を駐めてしばらく見ていましたがまた現れることもありませんでした。ニュースには出なかったのでたぶん地面に到達しなかったのではないかと思います。単なる漏斗雲だったのかもしれません。こういうこともあろうかと数年前から車には必ず1台以上デジカメを置いておくことにしています。しかし今日に限ってカメラみんな後ろの荷室置いていたので信号待ちには手が届きません。かばんに常備のNikon COOLPIX S01も今日に限って荷室。でもダッシュボードにCanon IXY DIGITAL 500 がありました。オールドデジカメですが、緊急時には役立ちます。このとき車の中にはEOS 60D、PowerShop S120、Nikon COOLPIX S01、Canon IXY DIGITAL 500、携帯カメラ、ドライブレコーダー、YOGA Tabletの7台の映像撮影装置があったことになります。考えればすごいですね。自分でも数えないとわからないくらい。これだけあれば次に竜巻に出会っても取り逃がすことはないでしょう。と思ってもその場にならないと冷静に撮影できるかはわからないですけどね。

| | コメント (0)

2014年8月24日 (日)

胎内星祭り二日目2014

胎内星祭り二日目です。私は根っからのアウトドア派ではないので一日目は家に帰って寝ました。再び土曜日の午後やってきました。

Img_0319_stitch

黄色と緑の縞のタープがtantanさん。その左の一段高いところにあるタープ&テントが私。前の日に設営したのですが、泊まらずに帰っちゃいました。

オークションを見に行きました。

Img_0325

私は買いませんが、師匠の司会が楽しいです。ミードの20cmも落札されました。あの値段だったらお買い得かも。

Img_0323

今日は晴れだし、人出の多い土曜なので各ブースいろいろなものを展示即売していました。今年は近年になく掘り出し物が多かったです。

目に止まったのがこれ

Img_0321

自動導入、オートガイド対応の超小型赤道儀。片手で持てるくらい軽いです。200mmくらいまでと割り切る使い方には抜群の機動性を発揮しそうです。実はずっとこういうのを探していました。昨日見つけて欲しいなーと思ってみていたのですが、6万円はちょっと高い。しかし今日はなんと4万円に値下げしています。夕べの雨で箱がだめになって売り物にならなくなったとかで処分価格だそうです。10分くらい悩みましたが、思い切って衝動買い。まあでも考えればポタ赤価格でこれが買えたのですからお買い得かも。まだ開けていませんが、どういうシステムにしようか思案中。経過はこのブログでレポートします。

夜はtantanさんとお酒を飲みながら歓談。tantanさん、いろいろごちそうになり、ありがとうございました。今年は珍しく土曜日なのにたった二人。金曜日のほうが賑やかでした。これも天気のせいでしょうか。

Img_0341

ほんの一瞬ですが、ほぼ快晴になりました。天の川も見えたようです。このあと雷が鳴り、小雨もぱらついたのですが、明け方も快晴になったようです。私は寝てました。

明け方の様子

Img_0350

日が昇り、テントを撤収し帰宅の途につきました。

赤道儀以外の戦利品

Img_0359

レンズ保護フィルターは10円。単眼鏡は驚きの300円。ケンコー製です。結構ずっしりと高級感があるのになんでこんなに安いのか。見え方も悪くないです。車に常備します。

今年の星祭りはせっかくの新月期なのに天候が悪くて残念でした。しかし例年より参加者は多かったような気がします。それも金曜日から。テントサイトもいつもより静か。星を楽しみたい人だけが来ていた、そんな感じもします。皆さんお世話になりました。また1年後にお会いしましょう。

| | コメント (23)

2014年8月23日 (土)

胎内星祭り一日目2014

胎内星祭りが始まりました。初日は晴れのち曇りのち時々雨時々雷一時落雷、といっためまぐるしい天気でした。落雷のため停電になり断水までしたという過酷な天候。私はというと雷が頭上で鳴るなかをにテント設営、時々車に非難したりでなんとか完了。テントサイトの写真撮る余裕がなかったので省略。その後は先にいらしていたけんちゃさん、電球さんと合流させていただきました。ごちそうになりありがとうございました。その後tantanさんも合流。

終始雨でしたが傘を差しながらブースを見学しました。

Img_0314

雨にかかわらず、そこそこの人出。ただ、望遠鏡は表に出しておけないのでちょっと寂しい。

Img_0316

私は協栄産業でBORGのアリガタB品を記念購入。毎年必ずアリガタを一個は買っています。今日は雨はなさそうなので展示物も増えるかもしれません。

このあと新潟天文同好会のテントに立ち寄りご挨拶。隣が亀田星っ子クラブのテントでskameさんともお会いできました。自分たちのテントに戻り再び星談義をしていたところにちーすけさんがいらっしゃいました。数年前の天蓋でお会いしたときはお顔を拝見できなかったので、今回初めての顔合わせでした。

私はアウトドア派ではないので2泊のキャンプはきつく、0時頃帰宅の途へ。今日は泊まるつもり。ビール飲んで楽しく過ごしたいと思います。会場のみなさん、今晩もよろしくお願いします。

| | コメント (8)

2014年8月20日 (水)

新・まるひの休日

今回の星景ポイント下見旅行の第一目的は旧広神村の上原高原。いつだったかここから撮られた天の川の写真を見たのですが、私が撮りたいとイメージしていた写真とほぼ同じだったので是非とも場所を見ておきたかったです。

たぶんここからの写真だと思います。

Img_0301_2

非常に見晴らしがいいです。小出方面一望に見渡せます。位置は「37.273878,138.967095」。なんと、ここストリートビューで見られますのでぜひバーチャル下見してみてください。

Photo

権現堂も魚沼三山も見渡せるという贅沢なスポット。ただ民家も多く見えるので光害がどれくらいあるかですね。ここからなら天の川が正面に立ち上りそうです。

ちょっと上にいくとこんな高原風の光景が広がります。

Img_0303

このあたりからの星景も最高でしょうね。

ここはコスモス畑。9月上旬~10月中旬が見頃のようです。
※写真間違えましたので貼り直しました。

Img_0302

コスモスと天の川が撮れたら素晴らしいと思いますが、時期的にちょっと遅いかもしれません。

この後山古志を抜けて帰途につきました。夕方5時過ぎていたので時間があれば行きたかった金倉山は今回パスしました。アルパカ牧場も前を通り過ぎただけでパス。アルパカは奥のほうに固まっていました。今回の休日シリーズはこれでおしまい。

さて、今週末は胎内星祭りです。新月期で絶好の巡り合わせですが天気は微妙です。私は土曜日はテント泊する予定です。去年と同じ場所に同じテントを張るつもり。金曜日はどうするかまだ決めかねています。一応休みは取ってありますが、2日連続でテント泊する元気がありません。天気がよければ行ってみるつもりです。あとは成り行きにまかせようと思っています。みなさんと会場でお会いできるといいですね。

| | コメント (11)

2014年8月19日 (火)

続・まるひの休日

さて、黒又川ダムをあとにして次の目的地へ。252号線を出てほんのすぐに鏡ヶ池がありました。

トイカメラ風で撮影してみました。

Img_0272

道の駅が併設して、整備されてすっかり観光地化しています。まあ、観光地にふさわしい風光明媚さなのですが、昔の神秘的な姿を知っているものとしては手つかずのほうがよかったなーと複雑な気持ちです。

アクシオムスキー場跡

Img_0274

昔は権現堂スキー場と言っていました。権現堂スキー場とアクシオムスキー場にそれぞれ一回ずつ来たことがあります。荒れ果ててちょっと寂しい。振り向くと某地元企業の看板が。そういえば同級生の女子が社長やっている会社でした。途中ですれ違った車にも社名が。頑張ってるなーという思いで後にしました。

今回の大きな目的のひとつは、前回星景を撮りに来た場所の先がどうなっているかを知ることでした。

ここはこの間天の川を撮影したところ

Img_0277

ここからさらに数分登るとこんなところに出ます。

Img_0278_2

ここなら天の川はほぼ遮るものなく見えたはずです。もうちょっと登ればよかった。

さらに登ります。道は結構いいです。対向車が来ても余裕ですれ違えます。ただ、ガードレールはないのでちょっと気を抜くと真っ逆さまなので気を付けねばなりません。

登りきったところの風景

Img_0279

道はここで切れています。

Img_0280

終点を示す杭。ここからさらに上への道はできるのでしょうか。

Img_0281

標高は持ってきたタブレットのGPSで見ると400mくらいのようです。見晴らしがいいので星景に使えるかもしれません。結構明るい感じの道で夜でもあまり不安はないと思います。

Img_0284

ただ、最近出来た道のようで、ナビに道がありません。参考までに位置情報です。「37.259573,139.022310」グーグルアースかマップで検索してみてください。

明日もさらに続きます・・・

| | コメント (2)

2014年8月18日 (月)

まるひの休日

お盆休みも終わり、今日から仕事というかたも多いでしょう。私の職場は夏休みも自由に取っていいことになっているのでお盆の14~15日は出て、今日休むことにしました。恒例の星景スポット巡りです。

まずは新潟市から三条市を経由して大谷ダムへ

Photo

けんちゃさんやちーすけさんの撮影スポットですね。20年くらい前に一度子供連れて遊びに来たことがあります。それ以来です。南は開けてますね。結構暗そう。晴れた日にくれば皆さんと合流できるでしょうか。でも私のところから1時間半~2時間かかります。ちょっと遠いな~

Img_0222

八木鼻を見ながら栃尾に向かいます。今回のドライブは幹線をなるべく通らずマイナーな道を行こうと、守門川沿いに登り、水ノ木峠を経由して行きました。途中ちょっと狭かったですが、割と短時間で栃尾に出ることができました。

途中の風景。ジオラマ風にしてみました。

Img_0227

栃尾の道の駅でお土産を買い、お昼に油揚げそばを食べました(写真省略)。その後入広瀬方面へ。大平峠に行ってみたかったのですが、ちょっと今回の目的地の一つと反対方向なので諦め、かわりに越後ハーブ香園へ。

Img_0249

平日だからでしょう、人はほとんどいません。入場無料ですが、こんなに手のかかっているところなのに、なにで稼いでいるのか心配になります。

ここからの眺めはすばらしいです。

Photo_2

右端は裏から見た権現堂。あちらはやや西なので秋の天の川撮影にいいかも。営業時間は17時までですので、それを過ぎて入ると不法侵入になるのでしょうか。でも柵があるわけではないので自由に出入りは可能のようです。許可貰えばいいのかな。

この後入広瀬を降り、黒又川ダムへ。途中で自撮り。

Img_0255

黒又川ダムはそれこそ40年くらい前にバイクで来たことがあります。一度昔の足跡をたどってきてみたかったところです。当時は全砂利道だったと思います。今は全舗装。

ダムが見えました。

Img_0260

観光地化されていないのは当時と同じです。前に来たときは全く物音のしない世界で、耳がキーンと鳴り続けていました。普通に暮らしているとなかなかそういう環境ってないので驚いた記憶があります。

このアングルで40年前も写真を撮りました。

Img_0265

当時はこんなに草ボウボウでなかったです。ススキだけが静かにそよいでいました。

ここが星景に使えるかと言えば、結構暗いとは思いますが、ロケーション的にはそれほどではないかと。まあ、このあたり一帯は暗さだけはどこ取っても一級でしょう。

明日に続きます・・・

| | コメント (4)

2014年8月13日 (水)

夕暮れほたる

おとといに引き続き、今日も新川ほたるを見てきました。今日はお盆の墓参り。その帰り、家族と一緒に行ってきました。

Img_0137

このくらいの夕闇のほうがきれいです。雲がなくて夕焼けがきれいだったらさぞ幻想的な光景でしょうね。

Img_0143

一緒に行った家族もとても感動していました。この間あった萬代橋プロジェクションマッピングというのも見てきたのですが、あっちよりずっと良かったとのこと。あんまり人は多くないです。宣伝すればきっとたくさん訪れると思います。でも知られざる地元の地味イベントとしてそっとしておきたいという気持ちもあります。

| | コメント (0)

2014年8月11日 (月)

新川ホタル

地元の新潟市西区内野で今新川ホタルというイベントが開かれています。

Img_0125

新川という川の両岸からLEDを渡して川面を照らすというイベントです。毎年やっていましたが今まで何となく見る機会がありませんでした。今日帰宅途中でたまたま目に止ったのでちょっとと立ち寄ってみました。

Img_0131

満月が雲間からちょっとだけ顔を出しました。PowerShop S120の星空夜景モードで撮りました。星が出ていたら星景になったでしょうか。

この写真の先に見える鉄橋みたいなものは西川という川の水路です。全国でも珍しい川の立体交差です。歴史は古く、約200年前の1820年に原型ができたそうです。そもそも新川というのは人が作った川、西川が自然の川です。詳しくお知りになりたい方はググってみてください。

今日は台風で一日遅れになった新潟の花火大会。でも花火見るよりこういうイベント見るほうが楽しいです。まあ、それより天然の星を見るほうが何倍も好きですが。

| | コメント (2)

2014年8月10日 (日)

RAP2の威力

威力ったって、もう6年以上前のソフトですし、すでにみなさん普通に使っているものですので、今更感はどうしようもないですが、過去の写真を処理してみました。

M31

M31

M33

M33_2

BORG 89EDとAstro 60Dで撮りました。詳しいデータは今更ですので詳しくは載せません。RAP2の効果をご確認ください。

M31は去年の9月に樽口で撮ったものですが、コンポジットがうまく行かず、1枚のみで適当に処理して載せていたものです。今回は6枚をコンポジットし、フラットしました。M33は本邦初公開です。去年の10月に撮ったのですが、空が悪かったせいか周辺減光がひどくとってもアップする気になれなかったのでずっと放置していたものです。RAP2のおかげでここまで蘇りました。

私の処理の仕方は結構いいかげん。正しいかどうかわかりません。

  1. 露出を変えて4枚ずつをフラット撮影。同時にフラットダークも4枚撮影
  2. ライト画像と大体同じ濃度のフラット画像を選ぶ(まだコンポジットしない)
  3. 同じ露出で撮ったフラットダーク画像をRAP2でコンポジットしてフラットダーク作成
  4. フラット画像をこのフラットダークを使ってコンポジットしてフラットフレーム作成
  5. フラットフレームはRAP2のホワイトバランスでヒストグラム見ながらライト画像の背景と大体同じになるように色とレベルを調整、それを保存
  6. ライト画像をDNG変換
  7. DNG変換したライト画像を保存してあるフラットフレームで一括フラット処理をする(冷却なのでダークは引かない)
  8. PhotoshopのCAMERA RAWで現像。このときは全く処理しないでそのままTIFF保存
  9. 出来たTIFFファイルをステライメージでコンポジットしてTIFF保存(枚数少ないならPhotoshopでコンポジット)
  10. 再度PhotoshopのCAMERA RAWで読み込み、色調やコントラスト調整、青にじみ処理など
  11. Photoshopに取り込み仕上げにカブリ調整やトーンカーブ、Web用に縮小して保存

(※5.の訂正:RAP2でヒストグラム調整してRDKで保存しても反映されないようです。この部分はベイヤーマージをすることになりそうです)

以上です。文字だけなのでわかりにくいですが、こんな感じ。やり方は各自それぞれだと思いますが、ここは基本的に違うよ、というところがありましたら教えてもらえるとうれしいです。なかなか奥が深そうなソフトの割には説明やいろいろな方のブログ見てもよくわかりません。

まあ、しかし自分でいうのもなんですが、ずいぶんとよくなるものです。これからの撮影が楽しくなりそうです。

| | コメント (10)

2014年8月 8日 (金)

RAP2導入

悩みに悩み、とうとうRAP2を買ってしまいました。天体写真マニアなら必携のソフトのはずですが、今までどうしても導入する気になれませんでした。ダークとフラットのためだけに買うのはなんかムダのような気がしていました。ステライメージで間に合っているので。しかし、ここにきて、60Dの現像がステライメージだとどうしても変。X2やX3ではそれほどとも思わなかったのですが、60Dを使うようになってから色が乏しくまるでモノクロ写真のようです。Photoshopで現像すると明らかに色の出方が違います。でもPhotoshopではダークが引けない。どうしてもダークを引いた後でPhotoshopで現像する必要が出てきました。やっと決心がつきました。

201408029

8月3日にアップした写真と同じですがあっちはステライメージです。ぜーんぜん違います。美しい。色がちゃんと乗っています。

201408028

ノーマルデジカメですが、改造機に近いくらい赤い星雲が出ています。処理工数は増えましたが、こりゃもう元には戻れません。ちなみに冷却60Dのときはダーク引かないのでそのままPhotoshopで現像しています。

RAP2は主にフラット処理のほうで真価を発揮するようですが、まだそちらは試していません。今までフラットは色とレベルがあわないのでどうしてもうまく行かなかったのですが、それも解消してくれるようです。これは今のところ素材もないし、ゆっくり勉強してみます。目から鱗が落ちたようです。もっと早く買えばよかった。

| | コメント (4)

2014年8月 6日 (水)

手動でパノラマ

どうしてもやりたかった樽口での月と天の川のパノラマ。やっとなんとか出来ました。

Panorama

なかなかこういう光景って見られないと思います。肉眼で見ていても感動ものでした。

始めMicrosoft ICEやPhotoshop CS6のPhotomergeでやろうと思ったのですがつながりません。暗いのと周辺でひずみが大きいのでつなげられなかったのだと思います。ICEもPhotomergeも手動でつなげる手段がありません。昔のPhotomergeは出来た気がします。ちょっとググってみましたらPhotoshop CS3用のPhotomergeが手動でできるようです。持ってみましたので入れてみましたらライセンス認証ができません。たぶん電話認証できると思うのですが、CS6がCS3からのバージョンアップですので入れると違法になります。ですので諦めました。さらに調べると、CS5用のアップデートされたPhotomergeプラグインが使えるようです。残念ながらCS6はだめのようです。昔ダウンロードして取っておいたCS5のお試し版がありましたのでそれをインストール、プラグインはこちらからダウンロード。

http://www.adobe.com/support/downloads/detail.jsp?ftpID=4744

これで手動でパノラマ合成できるようになりました。ただし30日限定。

ちょっとさそりあたりの星の並びが変ですね。やっぱりひずみが大きく手動でも重なりません。でもつなぎ目は自然にしてくれるので目立ちません。30日で使えなくなるのは惜しい。手動でつなげられるパノラマのフリーソフトってないものでしょうか。

| | コメント (4)

2014年8月 5日 (火)

樽口の回転

上を見ると秋から夏の天の川が流れています。

201408026

TOKINA AT-X 107 DX Fisheye 10-17mm、EOS Kiss X2改造、ISO800、7分×2枚

Photoshopで現像してPhotshop上でダークを引きました。ステライメージでRAWから引くよりうまくいきませんがしないよりましです。そのかわり色はよく出ました。低空に少し雲が出ました。ここから見る雲は真っ黒です。いかに光害がないかわかると思います。

201408027

日周運動です。PowerShop S120の星空軌跡モードで最長の90分露光です。一眼デジカメなら180枚を比較明合成しなければなりませんが、シャッター押すだけでこんなにきれいに撮れます。解像度以外レタッチしていません。

今回の樽口遠征の結果は以上。もう数枚ありますが、お見せするできばえでないのでボツです。次に来るのは来年でしょうか。冬の星座も見てみたいのですが、できたら秋にもう一度来たい。

| | コメント (2)

2014年8月 4日 (月)

樽口で星雲

樽口峠に行ったもう一つの目的はこの間オークションで買ったSIGMAの望遠ズームを試すこと。

M8とM20

201408023

SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX HSM、200mm(F4)、Astro 60D(-6℃)、ISO1600、8分×4枚

IC1396

201408024

SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX HSM、135mmくらい(F4)、Astro 60D(-6℃)、ISO1600、8分×4枚

M31

201408025

SIGMA APO 70-200mm F2.8 EX HSM、150mmくらい(F4)、Astro 60D(-6℃)、ISO1600、8分×2枚+5分×2枚+3分×1枚+0.5分×1枚、若干トリミング

焦点距離が「くらい」という記述はExifに正しく記録されていないからです。変な焦点距離が入っています。古いレンズですからしかたないですかね。200mmだとちょっと不満の残る写り方です。135mmくらいですと結構シャープです。ピントが微妙で少し外すと青にじみが盛大にでます。2番目の写真はPhotoshopの青にじみ補正で消しています。まあ、でもこの画角は新鮮です。ガイドもそれほどシビアでなくてもいいし(でもオートガイドは必須)、結構使えそうです。冬前にオリオン周辺も撮ってみたいです。天の川狙いでないとなかなか樽口にこようという気分になれませんが、星雲撮影でも来る価値はありそうです。

| | コメント (8)

2014年8月 3日 (日)

樽口へ行きました

8月2日はいろんな情報が錯綜するなか、思い切って山形県の樽口峠まで遠征することにしました。山沿い方面では入道雲がかなり発達していたようですが、この様子では夜は大丈夫だろうと、自分の勘を信じることにしました。

到着したのは20時半頃。まだ月が出ています。

201408020

しかしさすが澄んだ樽口の空。月があっても天の川ははっきり見えています。月の周りの雲も沈むと同時に消えてしまいました。

201408021_2




Zenitar 16mm F2.8(F4.5)、ノーマルEOS 60D、ISO1600、7分×4枚

都市部に近いところでは見ることのできない非常に濃い天の川にお目にかかれました。写真でしか見えないような暗黒帯も肉眼ではっきり見えます。

201408022_2




Zenitar 16mm F2.8(F4.5)、ノーマルEOS 60D、ISO1600、7分×4枚

週末ですし、こんなにいい空なのに私以外誰もいません。こういう日も珍しいかも。天蓋高原もいいですが、西の天の川は村上の光害でよくないですし、なにより夏のこういう日は星見以外の宴会グループが広場を陣取っている可能性があるのでパスしました。私には樽口が性に合っているみたいです。

| | コメント (16)

2014年8月 2日 (土)

なにを信じたら

ただいま快晴。透明度もよし。週末。月はちょっと遅いけど22時には沈みます。で、気になるのが天気ですが、いろんな情報でみんな違うのでどれを信じていいのやら。

Tenki
tenki.jpの星空予報は10%、ヤフーの天気予報は晴れ、GPVは微妙な雲行き、実際の空は快晴、遠くの入道雲はたぶん夜には消えます。

こういうときは勘に頼るしかないですね。多くの人が参考にするGPVも最近はあてにならないと思っています。西から大きく下り坂になる気圧配置でないので、今日のような日は夜間はだいたい晴れると思っています。

月が沈む頃は直立した天の川が見れそうですね。透明度も持ち直したし、せっかくなので出かけてみようかと。ただ、毎回のことですが「星見に行きますCALL」を家にするのが一番難関。気持ちよく、いってらっしゃい、と言われたことがありません。

| | コメント (9)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »