« 闇の海 | トップページ | やりすぎ »

2014年5月10日 (土)

原因究明

赤道儀、スカイエクスプローラでパソコンとの接続がうまくいきません。ステラナビゲータでコントロールできません。なんとかしたいと調べてみることにしました。

症状としては、

  • コントローラから反応がなく接続しない
  • 電源を入れた直後は接続することもあるが、しばらくすると切断されてしまう
  • ファームウェアアップデートの時ACアダプタ直結だとつながらなかった
  • 以前からも使用中に切断されることがよくあり不安定だった

というところです。

こういう時はまずなにが悪いかを切り分けします。考えられるものは、

  • 赤道儀本体
  • コントローラ
  • シリアルケーブル
  • USB-シリアル変換アダプタ
  • パソコン
  • ソフト(ステラナビゲータ)

これらを一つずつつぶしていきます。パソコントラブルと同じ考え方です。

赤道儀本体はこれが信号を返す訳でないのでまず除外していいと思います。コントローラが怪しい可能性がありますが、PC接続以外では動作に問題はないのでグレーです。シリアルケーブルは結線は問題ないですし、損傷もないので大丈夫ではないかと。USB-シリアルアダプタが最も怪しいかもです。パソコンとソフトも可能性は低いのではないかと。

という推測から同じものや代替えがあるものはそれと置き換えてみて症状を確認します。コントローラは代替えがないので一番後回し。新品を買ったらいくらか調べて見たら5万円!高すぎ。海外ショップでは150ドル。修理代の高いケンコー・トキナーに出すのなら海外から買ったほうがいいかも。USB-シリアルアダプタかどうか検証するために、シリアルポートを持っているパソコンにステラナビゲータをインストールし、USB-シリアルアダプタなしでつないでみました。動きます。原因はこれだったか、と思ったのもつかの間、まもなく接続が切れてしまいました。USB-シリアルアダプタとパソコンの線もなくなりました。ソフトはSUPER STARでも動かないので違います。残るはシリアルケーブルかコントローラです。ケーブルとかローテクのものが不具合を起こすことは断線以外では今まで経験ありません。しかし考えてみるとRS-232Cの信号はレベルやノイズが結構影響します。全くつながらないわけではなく、不安定ということを考えると案外これかもしれません。ケーブル替えてみます。しかし売っていないので自分で作ることにします。結線図はSynScanのHPにありました。

部品探し。職場のジャンクコーナーです。

Dscn0675

ノートパソコンやら、モニター、パーツ、ケーブルなどごちゃごちゃ。お恥ずかしいですが案外修理の時に役立つことがあります。多くなりすぎると捨てますが、それでもすぐにこんな状態になってしまいます。

これが発掘されました。

Dscn0676

6芯モジュラーコードの片側、これは前にオートガイド用ケーブルを作ったときの残りです。それと自作のモデムケーブル。もうモデムは使うことがないのでこれを流用します。

完成

Dscn0678

ケーブルが長いのがいけないのかもしれなので半分の1mにしました。このケーブルは赤道儀が動いても伸びることはないので短くていいです。

さて、これでつないでみたら安定してつながります。少なくともテストの間1時間切れることはありませんでした。どうやらシリアルケーブルが原因だったようです。テスターで調べたときは問題なかったんですけど、信号の減衰とかで閾値ぎりぎりで動いていたのでしょうか。

赤道儀のギア調整もこの間やってなんとかスムーズに動くようになったみたいですし、やっとこれでまともに使えそうです。早く新月期にならないかなー

|

« 闇の海 | トップページ | やりすぎ »

機材」カテゴリの記事

コメント

RS232Cノマージンが少なくて不安定になるのでしょうね、USBケーブルで細い物を使ったときにEOSを認識しないことがつい最近ありました。

ジャンクの山が気になります。

投稿: けんちゃ | 2014年5月11日 (日) 00時07分

宝の山ですね。
DELLノート、HDDなど同じような機器が現役ですが我が家にあるので我が家もジャンクだらけか~と思ってしまいました(笑)

投稿: 小太郎 | 2014年5月11日 (日) 08時46分

我が家にも、同様な都市鉱山並みのマザーボードや、各種ボードがとって有ります。
断捨離をやり始めると多さに驚いていますが、いつか必要になることがあるんですよね。
かみさんにわからないのが残念!でいます。(笑)

投稿: 電球 | 2014年5月11日 (日) 11時15分

けんちゃさん
ケーブルには結構無頓着で、つながっていればいい、と思っているところがありましたが、こういうこともあるんですね。メーカー純正品だからといって信じてはいけないことがわかりました。USBでもそいういことがあるんですね。あまり長いものや細いものは避けようと思います。
このジャンクはほとんどがらくたなのですが、暇の時に使えそうなものは取っておいて、使えないものは捨てようと思っています。SCSIケーブルとかも各種あるのですがここ数年使ったことがないです。

投稿: まるひ | 2014年5月11日 (日) 23時28分

小太郎さん
見る人が見ると宝の山でしょうね。写っているだけでもDELLのPC、その下にはACERのPCもあります。MacBook Proもありますね。HDDはほとんど使えなくなったものです。そのまま捨てると個人情報が漏れるので、暇の時にハンマーでたたき壊してから捨てています。これらのジャンクは少し前はいくらか使い道があったのですが、パソコンの進化につれて時代遅れになり結局捨てるしかなくなってきています。勿体ないですね。

投稿: まるひ | 2014年5月11日 (日) 23時36分

電球さん
いつか役立つと思って取っていてなかなか捨てられないですよね。10年くらい前のマザーボードもあるのですが、捨てたあとで必要になることもあるので捨てるタイミングが難しいです。プリンターなんかも、いまさらこんな古いもの使わないだろうなー、と思って捨てた後にWindows98で使えるプリンタが欲しい、といってくる人がいますのでそう簡単に捨てられません。写真ですべてお見せできませんが、まだまだ膨大なジャンクの山があります。

投稿: まるひ | 2014年5月11日 (日) 23時42分

RS232Cは受信端で±3V以上の振幅があれば問題になることは有りません。送信側は大抵±10V以上の振幅で送るので数mで大きく減衰する事は無いです。故障箇所はケーブル内の半断線でしょうね。多いのがケーブルコネクタのクランプ部分。
今年の冬、実家で壊れた電気炬燵(おそらく30年以上使ってます)を修理しましたがコネクタ(ACプラグ)で一箇所ケーブル芯線の半断線、ヒータ近くの温度ヒューズが経年劣化で折れてました。親父が「暖まる時と暖まらないときがある。」とこぼしていたのが遂に限界を超えて動かなくなって修理となりました。修理したらビンビンです。「半導体ってこわれね~な~」というのが修理した自分の感想です。

投稿: | 2014年5月14日 (水) 02時41分

先さん、こんにちは
半断線ですか。使用頻度も低かったし、ケーブルにストレスをかけたこともないのでその線はないと思っていました。
やっぱり中華製ケーブルだからでしょうか。自作のいい加減な結線のケーブルでトラブル起こしたことはないです。半田付けだけは自信があるので、まあ、これが故障することはたぶんないと信じています。
うちもつい先日20年以上使ってきた電気カーペットがいきなり電源が入らなくなりました。分解してみましたが原因究明に至らず結局捨ててしまいました。先さんなら直せたかな。

投稿: まるひ | 2014年5月14日 (水) 12時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 闇の海 | トップページ | やりすぎ »