« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月27日 (火)

迫り来る黄砂

今日は黄砂がやってくるとの予報でした。しかし朝は遠くの山も見えるし空も青い。本当にくるのかなーと思っていましたが、予報は外れません。昼過ぎからみるみるうちに景色が霞んできました。

Dscn0694

まさに迫り来る、と言う感じ。弥彦山はほとんど見えません。角田山まであとわずか。上空の雲みたいなのって黄砂なんですね。新津方面も見えなくなっています。なぜかここ新潟市近郊にはそんなに迫ってきていないという感じです。不思議ですね。なにか地形的な関係があるのでしょうか。

夕方の日没頃

Dscn0697

夕焼けが黄砂で黄色いです。天頂付近はそれほど濃くないですが薄雲も出てきました。快晴の予報は見事に期待外れに終わりました。黄砂予測は今のところ30日まで日本列島覆っています。週間天気は晴れが続いていますが、来週は新月も過ぎますし、なんとも残念。次の新月期は螢シーズンですね。またそわそわする日々になりそうです。

| | コメント (2)

2014年5月26日 (月)

今頃黄砂

今日は雨ですが、明日からは持ち直しそうです。と思いきや黄砂が襲ってくる予報。

Kousa

これは明日27日21時の予測図。29日までずっと日本列島覆われるようです。雨が上がって少し透明度もよくなると期待していたのですがむしろ悪くなりそう。今週いっぱいがω星団撮影最後のチャンスだったのですが、こりゃもうだめですね(´・ω・`)

エルニーニョになるという予報もあるし、星祭りは大丈夫でしょうか、と今から心配になります。

| | コメント (2)

2014年5月24日 (土)

日本全国虹色

午前中から環水平アークが見えています。これは10時20分頃。

Img_0175

画像処理して彩度を上げていますが、実際もこれに近くかなり色が濃いです。出ては消え、消えては出るの繰り返しでしばらく見えていました。彩雲にも見えます。

こちらは12時15分頃。

Img_0029

今日見たうちで一番鮮やかにはっきり見えていました。これを見ると環水平アークだと確信できます。天気予報サイトとか見ていると、ほぼ全国的に見えているようですね。彩雲はいいことがある前兆と言われていいますが、地震の前触れとか騒いでいる人もいるようで。なんの科学的根拠もないのにね。

今日は晴れれば遠征に行くつもり満々なのですが、この天気だと怪しいです。来週末が新月ですが土曜日はちょっと用事が。平日でもいいので晴れてくれませんかね。

| | コメント (8)

2014年5月19日 (月)

立ち直れない・・・

今日19日は朝から珍しく透明度がよかったです。ただ、週明けですし、月も早めに昇ってくるので近間でω星団でも狙おうかと計画しました。SE2は調子いいです。動作はスムーズですしアライメントもばっちり決まりました。21時になりそろそろω星団が南中なので導入して数枚撮影しました。しかし液晶画面で確認できません。光害がひどいのかなあ、と思いよく見るとなんとなく写っている気もします。以前撮ったときもそうでしたが、現地では確認できず、帰ってからパソコンで見て写っているということもあるので今回もそうだろうと思い帰宅しました。しかし画像処理しても全然写っていません。なんでだー。写っている星の位置を去年の写真と比較してみるとなんと、視野を外しています。アライメントもうまくいって自動導入も問題なかったはずなのに納得いきません。写っていなかったことよりもアライメントがうまくいっていなかった、ということのほうがショックです。今回はポーラアライメントまでやってかなり正確に合わせたつもりだったんですけど。立ち直れません。とにかくω星団は眼視では確認できないので自動導入だけがたよりです。今年のωは成果なしで終わりかもしれません。

写真がなんにもないのですが、とりあえず前座で撮った火星を載せます。

Aaa

こっちはこっちでもう1時間もすれば大シルチスが見えてくるのにタイミング悪く寂しい模様です。週末の晴れを期待することにします。何を撮るかは未定ですが、もう失敗はこりごりです。

| | コメント (4)

2014年5月16日 (金)

やりすぎ

赤道儀も直ったし、時間的にも余裕が出てきていつでも撮影OKなのに月は大きい、天気は悪いでなかなかうまくいかないものです。暇なので過去の写真を再処理してみました。

Img_9939

再処理といってもPhotoshopで色をいじる程度の低レベルの画像処理です。普段の私にしては派手です。やりすぎかもしれませんが、自分的には結構気に入っています。Newtonのポスターみたいです。

やりすぎといえば、今日お客さまのパソコンにソフトをインストールしたのですが、最近のソフトってやたら面倒で、ユーザー登録などでメールのやりとりが必要になります。本人確認のために登録アドレスにメールが届くことになっているのですが、待てど暮らせど届かない。アドレスは間違っていない。そうしたらプロバイダのほうで迷惑メールフィルターを設定してあるとのこと。設定を覗いてみました。なんと、「.com」や「.net」、「.org」などのトップドメインが丸ごと迷惑メールとして設定してあります。やりすぎ。届くわけありません。ほかにもその数や膨大。100個くらいあります。これじゃ届くメールのほうが少ないのはあたりまえ。このプロバイダの迷惑メールはフォルダに隔離するのではなく、全く消してしまうようで確認するすべがありません。「大事なメールをかなり見逃してますよ」といったところ「でも迷惑メールが来ないから助かるんだよ」だそうです・・・まあこれ以上は言うまいと。たぶん説得しても聞かないです。こういうかたはメール使わず手紙でやりとりしたほうがいいのかもしれないですね。

| | コメント (8)

2014年5月10日 (土)

原因究明

赤道儀、スカイエクスプローラでパソコンとの接続がうまくいきません。ステラナビゲータでコントロールできません。なんとかしたいと調べてみることにしました。

症状としては、

  • コントローラから反応がなく接続しない
  • 電源を入れた直後は接続することもあるが、しばらくすると切断されてしまう
  • ファームウェアアップデートの時ACアダプタ直結だとつながらなかった
  • 以前からも使用中に切断されることがよくあり不安定だった

というところです。

こういう時はまずなにが悪いかを切り分けします。考えられるものは、

  • 赤道儀本体
  • コントローラ
  • シリアルケーブル
  • USB-シリアル変換アダプタ
  • パソコン
  • ソフト(ステラナビゲータ)

これらを一つずつつぶしていきます。パソコントラブルと同じ考え方です。

赤道儀本体はこれが信号を返す訳でないのでまず除外していいと思います。コントローラが怪しい可能性がありますが、PC接続以外では動作に問題はないのでグレーです。シリアルケーブルは結線は問題ないですし、損傷もないので大丈夫ではないかと。USB-シリアルアダプタが最も怪しいかもです。パソコンとソフトも可能性は低いのではないかと。

という推測から同じものや代替えがあるものはそれと置き換えてみて症状を確認します。コントローラは代替えがないので一番後回し。新品を買ったらいくらか調べて見たら5万円!高すぎ。海外ショップでは150ドル。修理代の高いケンコー・トキナーに出すのなら海外から買ったほうがいいかも。USB-シリアルアダプタかどうか検証するために、シリアルポートを持っているパソコンにステラナビゲータをインストールし、USB-シリアルアダプタなしでつないでみました。動きます。原因はこれだったか、と思ったのもつかの間、まもなく接続が切れてしまいました。USB-シリアルアダプタとパソコンの線もなくなりました。ソフトはSUPER STARでも動かないので違います。残るはシリアルケーブルかコントローラです。ケーブルとかローテクのものが不具合を起こすことは断線以外では今まで経験ありません。しかし考えてみるとRS-232Cの信号はレベルやノイズが結構影響します。全くつながらないわけではなく、不安定ということを考えると案外これかもしれません。ケーブル替えてみます。しかし売っていないので自分で作ることにします。結線図はSynScanのHPにありました。

部品探し。職場のジャンクコーナーです。

Dscn0675

ノートパソコンやら、モニター、パーツ、ケーブルなどごちゃごちゃ。お恥ずかしいですが案外修理の時に役立つことがあります。多くなりすぎると捨てますが、それでもすぐにこんな状態になってしまいます。

これが発掘されました。

Dscn0676

6芯モジュラーコードの片側、これは前にオートガイド用ケーブルを作ったときの残りです。それと自作のモデムケーブル。もうモデムは使うことがないのでこれを流用します。

完成

Dscn0678

ケーブルが長いのがいけないのかもしれなので半分の1mにしました。このケーブルは赤道儀が動いても伸びることはないので短くていいです。

さて、これでつないでみたら安定してつながります。少なくともテストの間1時間切れることはありませんでした。どうやらシリアルケーブルが原因だったようです。テスターで調べたときは問題なかったんですけど、信号の減衰とかで閾値ぎりぎりで動いていたのでしょうか。

赤道儀のギア調整もこの間やってなんとかスムーズに動くようになったみたいですし、やっとこれでまともに使えそうです。早く新月期にならないかなー

| | コメント (8)

2014年5月 6日 (火)

闇の海

弥彦山山頂は東~南は光の海ですが、西~北は闇の海です。

201405036

真っ暗な水平線はなにかちょっとした怖さも感じさせるものがあります。

水平線を見下ろせるように感じるここでは空が広くなったようです。普段は撮らないようなこんな構図の写真も撮ってみようという気にさせられます。

201405033

そして振り向くと再び光の海

201405035

夜景もきれいに写そうとすると露光は切り詰めないといけません。そうすると星が寂しくなるので何枚か撮って比較明合成します。天の川までは写りませんが、夜景も星もそれなりにきれいに写ります。しかし、星主体でないので星景写真的には物足りないですね。月も明るくなってきましたので、星景はお休みでしょうか。でも稲が生長するまでの、田んぼの水鏡に写る星も今しかないのでチャンスを見てなにか撮りたいです。

| | コメント (4)

2014年5月 4日 (日)

光の海

3日は昼に一時的に天気が悪くなりましたが、夜になって回復しました。GW中ですし是非とも撮りたかったものがあり、自分的には異例の22時よりの出撃です。撮りたかったのはこの時期にしか撮れない、田んぼの水鏡に写る天の川…ともくろんだのですが大誤算。

行き先は弥彦山。今の時期には越後平野が一面湖のようになった風景を見せてくれます。しかし着いてからはっと気がつきました。そう、夜景。夜景に埋もれて田んぼなんて全く見えません。登るの止めようかと思いましたが、せっかくなので15分の夜間登山することにしました。弥彦は越後平野の真ん中にそびえる独立峰ですので、よそから熊が入ってくることは考えられません。今まで目撃例はありませんのでまずいません。昼間に買った熊鈴は付けないで登りますが不安はありません。ロープウェイ駅で寝袋にくるまって寝ている人がいました。そっちのほうが怖い。いやむしろ向こうも怖かったでしょう。

頂上からの登るさそり座

201405032

去年カノープスを撮った方角ですが、明るすぎる。透明度も悪いので天の川もわずかに淡く写るのみ。よくここからカノープスが撮れたものです。

計画通りなら田んぼに映る天の川が見られた構図

201405034

まるでラスベガスの夜景かと思うほど。計画の甘さを痛感しました。しかしもう少し透明度が良ければ絵になったのでしょうが、今回の遠征は失敗。まあ、夜景星景と思えばこれもよしでしょうか。

| | コメント (4)

2014年5月 3日 (土)

熊鈴買いました

連休後半初日、明日以降は家の仕事とか家族との予定があるので今日だけフリー。ちょっと遠くまで星見スポット探しに行こうかとも思いましたが、結局例年のように山菜採りに行くことにしました。

このところ熊の目撃情報が多い。近くには熊出という地名のところがあるくらいですから用心に超したことはありません。行く前にスポーツ用品店に寄って熊鈴を買いました。

Dscn0655

一番いい音が出るものにしました。結構高いんですね。これは山歩きの時だけでなく、星見の時にも使うつもりです。撮影時、これ付けて歩き回っていればいくらか防止にはなるでしょう。

私が採る山菜はこれ

Dscn0660

俗に「木の芽」といいますが、アケビの若芽です。この辺の人は食べる習慣がないようで、いくらでもあります。近くで別のグループがワラビを採っていて話しかけられましたが、これのことは知りませんでした。私は木の芽専門、ワラビは採りません。

こんな場所

Dscn0662_stitch

星景にも使えそうです。でも結構新発田方面の灯りがありそうな気もします。このあたりは二王子岳を前景にした星景ポイントがたくさんあります。二王子岳に横たわる天の川をいつか撮ってみたいです。

| | コメント (10)

2014年5月 2日 (金)

春の天の川

26日に撮ったものがもう1枚ありました。

201404265

魚眼を使いました。Tokina AT-X 107 DX Fisheye 10-17mm(10mm)です。露光2分。

さそりからはくちょうまで1枚に収まります。そういえばはくちょうは春の初めから冬の初めまで見えていますね。ほぼ年中見える割には夏のイメージが強いのはなぜでしょう。

空はかなり透明度悪かったですが、強調してみました。あの空の悪さでこれだけ出るのですから透明度抜群の時はどんなにきれいに見えるのでしょうか。そういえばそんな空には久しくお目にかかっていない気がします。明日から連休後半。天気と月が微妙な加減ですが、1日くらいなにか撮影に出かけてみたいものです。今しか撮れない星景もありますからぜひ狙ってみたいです。

| | コメント (2)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »