« さそり一本桜 | トップページ | 春の天の川 »

2014年4月29日 (火)

赤道儀絶不調

26日の遠征のとき、久しぶりに直焦点撮影をしました。一週間前にSEⅡの再調整をしたのですが、どうにもコツがつかめず、結局失敗だったようです。ステラナビゲータで認識してくれません。USB-シリアル変換アダプターがおかしいのかと思いましたが、SUPER STARでは動きます。ステラナビ側の問題のようです。SUPER STARは使い慣れないので手動で導入しました。

導入時時々動かなくなります。どうもギアがかみ合っていない様子。ギヤ鳴りもします。ガイドしているとRA側が全く追わなくなります。やっぱり素人調整はだめですね。かといってメーカーに修理に出すとバカ高いし、今度じっくり再調整してみます。

だましだまし何とか撮れたマルカリアンの鎖

Markarian

mini BORG 45ED+0.85倍レデューサー、Astro 60D(約-17℃)、ISO1600、8分4枚、SEⅡオートガイド

もう少し強調できますが、背景をきれいにするほうを優先しました。しかしたくさんの銀河が写っています。一つ一つ見つけては深宇宙に思いをはせています。

こちらはM101

M101

BORG 89ED+0.85倍レデューサー、Astro 60D(約-17℃)、ISO1600、8分4枚、SEⅡオートガイド

こちらも強調できますが、明るすぎるのも不自然っぽいので地味に。これも好きな対象です。暗い割には大きいです。形も美しい。もっと拡大してみたいですが、私の機材ではこれが限界でしょうか。

今回初めてFlatAideを使ってみました。どうにも正攻法のフラットはうまくできません。しかし、これは簡単な割には効果絶大です。これからも使わせていただきたいと思います。

|

« さそり一本桜 | トップページ | 春の天の川 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

赤道儀の不調を感じさせない画像では無いですか。

フラットエイドは皆さん上手に使って居られますね! 私も使ってみたのですがどうしても銀河の周辺が不連続になって旨くいきませんでした。一寸手間が掛かりますが自分でシェーディングをした方が良かったです。

フラット、ダーク、ダークフラットを使っても旨くいきませんか? 私のM20はLEDフラットで十分に出来たと思っています。全く難しい手間は掛かりません。

投稿: けんちゃ | 2014年4月29日 (火) 21時50分

ギアの調整駄目でしたか。私はGPを調整した時、
ttp://sky.geocities.jp/enyoou/index2.html
随分このサイトのお世話になりました。ご存知でしたか?機種は違ってもウォームギアの調整は参考になるかもしれません。

私もけんちゃさん同様フラットを撮影して補正していますが、あまり面倒なことを考えなくても大体上手く行きます。たしかELパネルでしたよね。

それからIEの脆弱性の問題はこれまでに無い報道のされ方ですし、MSが他のソフトを使うよう指示するとはよほどの事なんでしょうか?ちなみにこれはGoogleChromeを使っています。

投稿: tantan | 2014年4月30日 (水) 08時00分

けんちゃさん
この日でも最初は調子よかったです。その時はかなり正確にガイドしてくれました。後半いきなりギヤがかみ合わなくなった感じです。結構シビアな調整が必要なことはわかりました。また頑張ってみます。
フラットの方法はけんちゃさんの記事も参考にさせていただいていますが、どうにもうまくいきません。どこかが間違っているのでしょうが、どこなのかがわかりません。一度じっくりと研究してみます。

投稿: まるひ | 2014年4月30日 (水) 21時26分

tantanさん
そのサイトは参考になりますね。そういう情報が欲しかったです。ウォームギヤの歯当たり調整がいいかげんなのだと思います。しかし目で見えないので、少し調整しては動かすという方法で追い込んでいくしかないみたいですね。
ELパネルは色が付いていて、カラーCCDにはうまく行かないみたいです。やっぱりRAP2も必要なのでしょうか。フラットの方法はいろいろはかたのHP見ているのですが、初心者向けにわかりやすく解説してくれているものがなく、各自秘伝のコツを持っているように感じます。たぶんフラットを完璧にできるかどうかが中級者と上級者との間にある壁なのだと思います。

投稿: まるひ | 2014年4月30日 (水) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さそり一本桜 | トップページ | 春の天の川 »