« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月28日 (金)

角田オリオン

新月期にやっと晴れました。それも週末。普通ならいそいそと遠征に出かけるところですが、今日も忙しかった。明日も土曜日ですがフルで仕事が入っています。とてもじゃありませんが、遠征できる気分じゃありません。でもなんとか仕事のけりをつけ、ほんの近間ですが星景写真を撮りに出かけました。

201403281

ここは二箇堤。 結構星景で有名なポイントです。今日は誰もいませんでしたが。イメージしていた角田山に沈むオリオンを具現化できました。水面もきれいなので今度は真冬にも撮ってみたいです。

このあと少しさまよっていたらここに出ました。

201403282

角田山の麓の北国街道と言われるところ。街灯の並びがきれいです。こういう明暗のある対象は難しいです。薄明の残る頃のほうがきれいに撮れそうです。

今年は自分史上ベストスリーに入るくらい忙しい。一応今日で大きな物件は終わりましたが、まだまだ続きそうです。いらいらして周りの人に当たりまくっています。歳取ると怒りっぽくなるみたいです。でもこうして久しぶりに星を眺めるとスーッとストレスが抜けていく感じです。やっぱり星っていいものですね。

| | コメント (2)

2014年3月26日 (水)

ステラナビ10届きました

ステラナビゲータ10が届きました。

Stl10

機能は9とさほど変わってないみたいだし、今回は見送ろうかと思ったのですが、結局バージョンアップしてしまいました。バージョンアップの案内が来たとき、9からなら8,000円のはずですが、10,000円でした。なぜ?と思ったら9のユーザー登録をしていませんでした。急遽登録。でもWebからやってみたら登録しなくても9のシリアル番号を入れれば8,000円で買えました。昨日、改めて8,000円の振り込み用紙が送られてきましたが、必要なかったです。

印象としては9よりもさくさく動くようになったみたいです。特に地形を表示させていると少し地点を変えただけで再描画にすごく時間がかかっていたのですが、結構耐えられるくらいのスピードに改善されています。これでカノープス観望地点探索も楽になりうそうです。ただ、対応OSは7以上なんですね。私の撮影用PCはまだXPですが、それには入れられません。ステラクラウドとか、アストロアーツIDとか、なんかMSっぽくなってきました。こういうのは使う気ないです。次期バージョンから外れそうな予感もします。

今のところコタツトップPCで動かしています。最近寒いのでほとんどデスクトップPC使いません。やっと忙しさも先が見えてきた感じです。来週はもういつの間にか新月ですね。一日くらい星空を見に行きたいです。

| | コメント (2)

2014年3月21日 (金)

たまに仕事の愚痴

滅多にブログには書かないのですが、仕事の愚痴を。聞きたくない方はスルーしてください。今日はパソコンを納品。お客さまから「○○に納品してね~その時データも移行してね~」との依頼。初めて行くところです。データ移行ならよほど多くなければ1時間、長くて1時間半コースだなと高をくくっていました。データコピーも終わり、メールの移行もできて次はOfficeとアンチウイルスのインストールですが、最近のソフトはユーザー登録をしなければ使えないのがほとんど。担当者のメールアドレスと個人情報必須なのですが、ときどき誰が担当者なのかわからない職場があります。異動があるので固定した担当者が決められないんですね。インストールしないと帰れないので、無理矢理職場代表のメアドと、職場の名前で架空のユーザー名で登録してしまいました。最近のソフトは本当に厄介です。納入業者泣かせです。さて、インストールも終わり帰ろうかと思ったところ「ちょっと見たいサイトがあるんですが」といってきた方がいたのでそこにつなごうとしたところ、つながらない。困った。よく見ると通常のURLっぽくない。そういえばネットワーク接続にVPNがあったような。そのサイトの会社に電話してもらいましたが、案の定そうでした。設定情報を教えてもらえますか、といったところ、教えると勝手に接続されてしまうので教えられないとのこと。そうしたらなにやら古いパソコンのマウスが勝手に動き出し、デスクトップにアイコンが一つ現れました。おお、これが噂に聞くリモートメンテナンスか。相手の担当者いわく、これをUSBで新しいパソコンに持って行ってインストールしてください、とのこと。言われるままにインストールすると新しいパソコンのマウスが勝手に動き出しました。リモートメンテナンス用のクライアントソフトだったのですね。あとは勝手に作業し出しました。すごいスピードでマウスが動き、ありとあらゆる設定したり、ソフトをインストールしたりしてます。私もマウスの動かし方は速いと思っていましたが、その3倍はあります。さすがプロ。それでも作業には30分くらいかかっていました。これは私が電話でレクチャー受けても絶対できません。これでようやく移行完了。しかし、依頼者は簡単にデータコピーだけのようなことをいっておき、こんな厄介な作業があるとは思ってもいませんでした。話が違う~。総作業時間5時間。終わったのは21時でした。でもこれで帰れません。もう一件約束がありました。電話したらまだ待っていました。そちらも終えて客先を出たのは23時。実はもう一件あったのですがさすがにそちらは勘弁してもらいました。今年はWindows XPサポート終了があるため大忙しです。春分の日も仕事します。土曜ももちろん。日曜日はWindows 7へのアップグレードを依頼されたパソコンを3台くらい持ち帰って家でやるつもり。大概のお客さまは平日はパソコンを手放せないので土日を挟んで依頼してきます。おかげでこっちは休みなし。まあ、これもあと19日。これが終わったら思う存分星見にいくぞー。

Winxp

| | コメント (8)

2014年3月18日 (火)

透明度悪し

今日は変わりやすい天気でした。朝起きた時は日も差していたのですが、1時間もしないうちに雨が降り出し、午後までほぼ土砂降り状態。と思うと夕方にはやんで西の空が明るくなってきました。青空とはいえませんが雲フィルターを介し太陽がきれいに見えました。

Img_9972

珍しく車にコ・ボーグを積んでいました。もうちょっと気の利いた前景にしたかったのですが、雲の動きが速く、ロケーションを選んでいる暇がありませんでした。このあとすぐ雲の中です。

三脚構える暇もなく、車内から手持ち撮影です。手持ちでぶれないのってシャッター速度が、1/焦点距離、と昔いわれていました。自分はそれよりもう少し遅くても大丈夫な自信はあるのですが。やっぱりきちんと固定するに超したことはないですね。たぶん厳密にはぶれていると思います。黒点が1個見えます。もっとでかい黒点があったらおもしろかったのでしょうね。

透明度が悪くてこんな写真しか撮れません。でも透明度の悪さを生かしてこんな太陽とか月を撮るのも楽しみの一つです。

| | コメント (2)

2014年3月16日 (日)

こう見えるはずが

今日はこの記事で楽しみにしていた、ビッグスワンと満月を一緒に撮れる日。しかし、天気は悪い。晴れ間はあることはありますが、低空は雲で登ってくる山すら見えません。シャッターチャンスはほんの数分です。構えていましたが、当然のことながら絶望的です。1時間後くらいに見ると、月は出ていますが、ビッグスワンは暗闇の中。

Imgp6469

22時頃外に出てみましたら、ほぼ快晴。透明度もいいです。もう5時間くらい早ければなー。その月と、夕方撮ったビッグスワンの風景を合成してみました。天気がよければこう見えたはず。

Img_9957

9月と3月にチャンスはありそうですが、今度の9月はちょっと北にそれそう。来年の3月もだいぶ離れそうです。ベストの日は数年内には難しいかもしれません。まあ、自分が移動すればいいだけの話ですが、家の窓から撮れることに意義があると思っています。

今現在はよく晴れています。しかし、今年は3月になったのにいつまでも寒いですね。例年春分の日頃から灯油の消費量が減るのですが、今年はその気配がないです。去年はこの時期、結構パンスターズ彗星撮れたように思いますが、今年はどうなっているのでしょう。せめて桜の時期までには寒気も抜けてくれないでしょうか。

| | コメント (4)

2014年3月 8日 (土)

夢のサンニッパ

こんなものが職場に届きました。

Dscn0607

シグマのサンニッパの望遠レンズではないですか。残念ながら私のではありません。ですのでご開帳もできません。もうその日のうちに旅立ってしまいました。

サンニッパという言葉はなんとなく聞いていましたが、いわゆる300mm F2.8の望遠レンズのことをいうんですね。私には縁の無い機材なので意味すら知りませんでした。欲しいか、といわれたら微妙です。検索してみたら星ではあまり使われていないみたいですね。これだけのお金があったらもっと星に適した望遠鏡買えますし、星像的にもそんなにいいものではないみたいです。やっぱり一般撮影でかっこよく使うためのようですね。少し暗いですが60EDにレデューサーつけたくらいが星用には最もコストパフォーマンスがよさそうです。

3月に入ったというのに冬に逆戻りです。私も含め、天文系ブログが元気ありません。春になり晴天率が上がるのはうれしいですが、冬の賑やかな星座とお別れするのはちょっと寂しい。

| | コメント (2)

2014年3月 3日 (月)

ミニボーグシステム完成

ミニボーグの対物レンズは3本あります。かといって鏡筒も3本あるわけでもないのでそのたびごとに組み替えることになります。しかしなるべく組み替えの手間は省きたい。そんなことで今までずっと試行錯誤してきましたが、やっと満足のいくシステムができあがりました。

対物レンズは60ED(350mm)、45EDⅡ(325mm)、45ED(300mm)です。条件は

  • どのレンズをつけてもほかを組み替えなしに合焦する
  • x0.85レデューサーとx1.4テレコンバータを付けても合焦する
  • ヘリコイドはフロント
  • 回転装置で縦位置にしてもバランスプレートにカメラが干渉しない

というものです。これが意外と難しい。このために新たにパーツも買いました。そしてなんとか完成。

これが最も長い。60EDにテレコンバータを付けました。

Dscn0600

これが最も短い。45EDにレデューサを付けています。

Dscn0601

メインの鏡筒は組み替えていません。左から

M57ヘリコイドDX【7758】+ミニボーグ鏡筒+ミニボーグW台座WD-1【7513】+M57/60延長筒M【7603】(40mm)+M57/60延長筒SS【7601】(12mm)+M57回転装置DX【7352】

かつ、60EDは延長筒をM57延長筒36W7608】に交換しています。さらに45EDⅡは57/60延長筒M【7603】を付けて一組としています。

これですべての組み合わせがミニボーグ鏡筒のしゅう動とヘリコイドだけで合焦します。

なおかつこれの便利なところは遊馬製作所のバランスプレートがあるところ。3カ所にカメラネジがあるので三脚にバランス良く取り付けできます。標準アリガタをネジ止めして赤道儀に取り付けも可。また、ボーグの片持ち赤道儀にはこのまま付くのでお気楽観望にももってこい。さらにはちょうどいい持ち手になっているので手持ち撮影でもしっかりホールドできます。元々はファインダーアリミゾ用なのですが、本来の目的には使ったことがありません。残念なのがもうこのバランスプレートは販売していないことです。

去年はほとんど星雲撮影で使うことがありませんでしたが、今年は久しぶりに使ってみようと思います。

| | コメント (2)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »