« 非常に寒い | トップページ | 幻の40万アクセス »

2014年2月 8日 (土)

赤物も回る

最近はあまり誰も撮らない、比較明合成でない日周運動を撮ってみました。

201401233

EOS Kiss X2(改)、Tokina Tokina AT-X 107(F3.5)、ISO800、15分

赤い散光星雲も日周運動してます。結構たくさん写るものですね。クリスマスツリーとか、わし星雲も写っています。天の川の東側が少し赤いですが、これはなんでしょう。カブリですかね。

ガイドもしてみました。

201401232

対日照ねらいだったのですが、レンズ選択を間違えました。もっと広く写すべきでした。プレセペの隣にあるのですが、はっきりしません。縮小して遠目で見るとわずかに明るいのがわかる程度です。天の川越えの対日照は時期的になかなか撮るのが難しいですが、また機会があったら撮ってみたいです。

だらだらと続いた1月23日撮影の成果もやっとおしまい。実はもう1枚あるのですが、ちょっとつまらないのでボツにします。長いことおつきあいいただき、ありがとうございました。直焦点撮影の傍ら、星景や星野写真も撮っているので一回の遠征で結構ネタができます。ネタのない冬場の更新には重宝します。

|

« 非常に寒い | トップページ | 幻の40万アクセス »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
対日照わかります。
やはりよい空だったのですね。
天の川の東側が赤いのはエンゼルフィッシュ星雲とバーナードループのことではないですよね。

投稿: skame | 2014年2月 8日 (土) 22時25分

すみません。間違いました。
赤いのは天の川の東側でした。
やはり熱カブリ?

投稿: skame | 2014年2月 8日 (土) 23時08分

最初の御写真の露出時間は5分くらいですか?結構写りますね。銀塩時代の流し撮り
では絶対写らない写真でしょう。地上があ
るとなおよかったと思います。
 直焦点と星野両方ですと結構忙しくないですか?冬場はじっとしてられないのでこのほうが好都合かもしれません。
 自分も最低4台稼働させてますが、忙しくて星をみている暇はないです。(笑)

投稿: satelight57 | 2014年2月 9日 (日) 06時18分

 失礼しました。15分とありますね。冬場ですからこれくらいの露出かけられるんでしょうが、やはり熱かぶりでは?

投稿: satelight57 | 2014年2月 9日 (日) 06時23分

skameさん
思い起こしたらこの時は対日照狙いでなかったような気がします。だからズームもちょっと望遠側にセットしたのだと思います。このあと魚眼に付け替えて写しましたが、最初のコマ以外霜が付いて使えませんでした。ほとんど写っていなくてボツです。
予備知識なしでどの辺だろうと肉眼で探したらなんとなくプレセペの右側がぼんやりしていたのでたぶんそれだったのだと思います。
天の川の左、やっぱり熱かぶりなんでしょうかね。あのあたりを撮った作例が少ないのでよくわかりません。もしかしたら広範囲に広がる何かがあるのではという気もします。

投稿: まるひ | 2014年2月 9日 (日) 23時22分

satelight57さん
デジタル時代の流し撮りは銀塩時代とまた違った作品が撮れて面白いです。比較明合成全盛ですが、こういうのもいいと思います。夏場は熱かぶりでこんなに露光かけられないですね。冬ならではです。でも冷却デジカメがあるので夏にもやってみようかと思います。
天の川の左の赤いのは熱かぶりか色むらだと思うのですが、機会があったらもう一度撮って確認してみます。

投稿: まるひ | 2014年2月 9日 (日) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 非常に寒い | トップページ | 幻の40万アクセス »