« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月31日 (金)

縮小処理は七難隠す

29日の晴れの日、冬でこんなに晴れるのも珍しいので直焦点撮影したい、でも仕事が忙しく終わったのが20時。これから機材を積み込んで、設置してとか考えただけでも無理。でも諦めきれず、コ・ボーグをポタ赤に乗せてどれだけ撮れるかと試して見ました。職場から10分ほどの近いところ。畑の真ん中です。

201401294

かぶり処理しないとこんな感じ。市街から離れているとはいえ、光害がひどいですね。

こんな感じに撮れました。

201401293

CO-BORG 36ED+1.1倍フラットナー、EOS Kiss X2(改)、ISO1600、3分4枚を上下2枚モザイク、CD-1ノータッチガイド

一見よさそうですね。しかし元画像はこんな感じ

Img_9890  

等倍ですが、なんとひどいこと。しかし想定内です。CD-1で200mmは無理があります。まずこれを4枚コンポジット。少しはこれでごまかせます。これをモザイクすることでさらに目立たなくなります。通常画面で見る程度に縮小かけます。その上、SI7でスターシャープをかけます。それがこの結果です。まあ、黙っていればここまでガイドがひどいかは気がつかないですね。むしろ上下のトーンを合わせる方が難しかったです。結局背景を黒くつぶしてしまいました。光害地だとこういう苦労があります。いくら画像処理やったって暗い空にはかないません。

| | コメント (6)

2014年1月29日 (水)

異常な天気

29日も晴れ。1週間で3日も晴れました。冬の日本海側ではこんなことあり得ません。ある意味異常気象です。新月期でラッキーなのですが、こうも連続すると体も持ちません。と言いながら、やっぱり撮影に出かけてしまいました。

南中する冬の星座たち

201401291

Zenitar 16mm F2.8(F4.5)、EOS Kiss X2(改)、ISO800、140秒×1枚

傾く秋の星座たち

201401292

Zenitar 16mm F2.8(F4.5)、EOS Kiss X2(改)、ISO800、180秒×1枚

ソフトフィルター使わないのもシャープでいいです。星景には珍しく改造機使いました。M42のピンクがきれいに出ますね。

繁忙期に星見にいくのも結構つらいものがあります。ここは職場から10分くらいの畑の真ん中。海に近いので風が冷たいです。車が1台通り過ぎていきました。夜にこんなところに来るの、同業者以外考えられませんが畑の奥に消えていきました。いったいなんのために来たのでしょう。帰宅したら10時半。女房に怒られました。さすがに週3日は腹立つようです。

| | コメント (4)

2014年1月27日 (月)

M82超新星

今日27日は思いもかけぬ晴れ。つい4日前に晴れたばかりなのに1週間で2日も晴れるというのは雪国では異例です。しかし、週初めだし、この間行ったばかりなので遠征はちょっと無理。しかしイベントものが好きな私としては先週発見された超新星を是非とも撮影したい。ということで仕事の帰り、海の近くの撮影場に。なんとか撮影成功。

201401271

BORG 89ED+1.4倍テレコンバータ、Astro 60D(約-24℃)、ISO3200、3分4枚、SEⅡオートガイド、トリミングしてあります。

写っていますね。SN2014J。北の対象は山の遠征地に出かけずとも、海に出たほうがむしろ暗いのですが、ちょっと市街地に近すぎたようで、光害がひどかったです。夜中頃のほうが高くなるし、光害からも遠くなるのでよかったのですが、普通に残業して帰る時間に帰りたかったので、21時頃切り上げました。しかし、星見に行ったことはお見通しでした。

さらに明るくなるといいですね。しかし、生きているうちに銀河系内の超新星にお目にかかることはできるのでしょうか。ベテルギウスはいつ増光してもいいようですが、明日か100万年後か、それはわからないようです。まもなくが100万年後を指すというものまたのんびりとした話ですね。

| | コメント (8)

2014年1月26日 (日)

たぶん初めてのバラ

おなじみバラ星雲です。

201401235

BORG 89ED+0.85倍レデューサー、Astro 60D(約-27℃)、ISO1600、5分4枚、SEⅡオートガイド

まともかどうかは賛否があると思いますが、私としては初めての作品らしいものです。撮影シーズンが真冬であることが大きいと思いますが、どうも苦手意識があり、なかなかカメラを向けませんでした。大きい割には意外に暗いと感じました。露光が全然たりません。無理に持ち上げると赤が汚くなります。今までたまに撮っていたのがそんな感じで、作品と言うにはほど遠いものでした。今回の処理は無理に赤を強調しませんでした。代わりに青を少し強めにしてあります。意外に青成分が多くこれを上手に引き出すと赤だけで仕上げるより立体的に見える気がします。3通りくらい処理しましたが、これが一番気に入りました。これはガイドもすべてうまくいっただけにレデューサー間違えたのが悔やまれます。たぶんもう一度撮るチャンスは今シーズンはないと思います。あったとしても今度は36EDでお手軽に撮ろうかと思っています。

| | コメント (4)

2014年1月24日 (金)

念願達成…か?

この日の目的は3年ぶり?くらいずっと撮っていなかった冬の定番オリオン大星雲を撮ることでした。それとオーバーホールした赤道儀のチェックも兼ねて。

で撮れたのがこれです。

2014012322

BORG 89ED+0.85倍レデューサー、Astro 60D(約-27℃)、ISO1600、8分4枚+3分2枚+0.5分1枚、SEⅡオートガイド

SI7で現像、コンポジット、色はPhotoshop Camera Rawで行いました。SI7の現像は色がほとんど出ません。でもPhotpshopの現像で出る粒状感が好きでないのでこのように処理を分けてみました。色調整に1時間くらいかけました。ほとんど絵画です。あらゆる表現ができますが、結局地味なこれに落ち着きました。周囲の茶色のもやもやも出るのですが、私的にはあまり好きでないのでそれは極力目立たないように。

大失敗に気付きました。周辺の星が伸びています。レデューサーは付けたはずなのですが・・・思い出すとミニボーグ用のレデューサーを付けていました。がっくりです。久しぶりだとこういうミス犯してしまいます。ちょっとトリミングしてごまかしました。

赤道儀の調整ですが、それなりにスムーズに動きますが、でもまだガイドミスします。これはPHD Guidingの調整の問題なのかもしれません。または圧雪の上に設置したので地盤が悪かったせいかもしれません。歩留まり50%です。未だにガイドミスで悩むという初心者モードから抜けきれません。

色調整で精根尽きはてました。続きは明日以降。

------------------------------------------------------

即席でもやもやを強調してみました。

201401233

これはこれでいいかもしれないですね。ちなみにマスクとか一切使っていません。Photoshop Camera Rawだけで色調整しました。

| | コメント (4)

2014年1月23日 (木)

越後オリオン

1週間前に現れた晴れマーク。ずっと楽しみに待ち望んできましたが、ここまで完璧に晴れるとは思っていませんでした。平日ですが、一冬に一晩あるかないかの好天ですので出かけないわけに行きません。仕事も万障繰り合わせ、遠征しました。

201401231

とりあえずこんな風に晴れましたよ、という証に一枚。明日以降いろいろお披露目します。

昨日「木曽オリオン」というドラマ観ました。面白かったです。あんな美しい賄いおばさんが天文台にいたら観測も楽しいでしょうね。

| | コメント (10)

2014年1月21日 (火)

写真は有限か?2014

昔々36年前、暇に任せて書いた駄文が押し入れにありました。

Img_011

当時所属していた写真部の会報に書いたものですが、部員のみんなにバカにされた気がします。でも理系脳なのでこういうくだらないこと考えるのが好きなんですよね。今はデジタルの時代なので有限の画素数に記録できる有限の色の組み合わせは無限ではないということはわかります。ではそれがどれくらいなのか暇にまかせて計算してみました。

私のEOS 60Dは1800万画素、色数は1ピクセルあたり1677万色とします。ざっと16777216の17915904乗、ということになります。ピンとこないので10のべき乗で表すために昔勉強した指数と対数の公式を思い起こし計算してみました。

1.2x10の129437388乗

こうやって書けばなんてことない数字のようですが、べき乗使わないで1行で書き表そうとすると横が500km以上のモニター用意しなければなりません。ちなみに全宇宙の素粒子の数でさえ10の87乗だそうです。実質無限ですが、これも無限といえないところに無限の奥深さがあります。

なお、何らかの意味を持つ最大の数として、スキューズ数というものがあるそうです。何の数字かは調べていただくとして、その数はおよそ全宇宙の素粒子をチェスの駒と見たてた時、組み立てうる試合の総数だそうです。数字で表すと

10の{10の(10の35乗)乗}

意味不明です。一体いくつ0が並ぶのでしょう。ちっぽけな撮像素子上の組み合わせより遙かに大きいことは間違いなさそうです。上には上があるものです。

あんまり暇で(星見に関してですが)こんな駄文書かないとブログのネタもありません。

------------------------------------------------------

こんな動画を発見しました。見ていると瞑想できそうですね。

1月22日

| | コメント (10)

2014年1月15日 (水)

ストリートビュー拡大

久しぶりにストリートビューを見たら大幅に拡大しています。ペグマンをドラッグすると日本中の道路がほぼ真っ青です。昔住んでいた懐かしい地をたどっては楽しんでいますが、かなり山の中まできていますね。私の遠征地の至近まできています。さすがに私の撮影地は滅多に車が入らないところなのでそこまでは来ていません。しかし沼越峠には来ていました。


大きな地図で見る

ここはこのブログのタイトルバックの撮影地。山の形がおんなじですね。鉄塔がない?気がつきましたね。邪魔なので消しちゃいました。断りなしですが、これくらいいいですよね。

撮影車はさらに峠を登ったようですが、途中で転回して引き返してしまいました。せっかくなら三川まで行って欲しかったです。ほかにももうちょっと先まで行けばいいのに、というところが結構あります。新発田からR290と平行する山道行って、もうちょいで胎内につながるというのにスキー場駐車場で引き返しています。それから天蓋高原まで行っておきながら展望台には行かないとか。詰めが甘いぞ、Google。

| | コメント (4)

2014年1月10日 (金)

大黒点現る

久々の大黒点が出ています。

20140110

もう正面通り過ぎてしまったのでやや迫力ありませんが、真ん中に来たときはかなり大きかったみたいです。気付くのが遅かったのと、天気が悪くて撮れませんでした。今日は今年一番の寒波がきていますが、新潟市はこんなとき意外に晴れ間が出ます。とはいえ、これも雪雲の合間を縫ってやっと撮影できたものですが。

新潟市内で斉藤博さん(一番星さん)の写真展が開かれています。ちょうど豊栄のほうに用事があったのでその帰りに寄ってみました。

Dscn0576 

平日の夜なので誰もいません。ゆっくり鑑賞できました。芳名帳にはすでに星仲間の何人かのお名前が。大きな写真は大迫力ですね。私もいつかは・・・なーんてこともよぎりましたが、もっといい写真撮らないとお話にならないですね。

21日まで新潟市中央区のスーパーセンタームサシ内の二階ギャラリーで開かれています。ぜひ足を運ばれてはいかがでしょうか。

| | コメント (8)

2014年1月 7日 (火)

せっかくの晴れですが

今日は高気圧が本州上空にきて晴れました。しかし、中途半端。月が23時過ぎまで沈まないので星景や星雲は撮れません。でもこちらは貴重な晴れ間なのでなにか撮ろうと思いましたが、撮れるものといったら月くらいでしょう。

Img_9855

BORG 89ED+1.4倍テレコンバータで撮りました。トリミングしています。やや薄雲がかかっていたのでたぶんコントラストが悪いと思います。レベル強調すると縁が明るくなります。シーイングもあまりよくない。まあ、それでも強風吹き荒れる冬型の時の雲の隙間よりはいいのでしょうが。

木星も撮ってみました。

20140107

BORG 89ED+1.4倍テレコンバータ+or9mmで拡大撮影しました。EOS 60Dの動画でクロップモードです。RegiStaxとPhotoshopで処理しました。全然細かいところが見えていません。シーイングがかなり良くなかったです。ピントもよくないのでしょうか。こっちも薄雲がかかっていましたのでコントラスト低いです。

せっかくの晴れ間なのになんか消化不良気味です。晴れるならスカッと晴れて欲しいです。とはいえ、今年は去年よりやや晴れ間が多い気もします。冬中に何回かは遠征できればいいのですが。

| | コメント (8)

2014年1月 3日 (金)

撮り初めはM42

正月2日は天気予報は曇りでしたが、高気圧が日本上空にきたため、ちょっとだけ晴れました。普通ならこれくらいの晴れ間だと撮影しないのですが、撮り初めですので家の前から少し撮影しました。機材はほとんど職場に置いてあるので、今あるのはノーマル60Dとコ・ボーグ36ED、ポータブル赤道儀だけ。M42を撮ってみることにしました。23時頃外に出ると、オリオン座のほうは雲に隠れていますが、動きが速いのでたぶんなくなるだろうと、近くの空き地に行きました。酒飲んでいるので車では行けません。極軸望遠鏡も忘れたので適当に北極に合わせテスト撮影。30秒だと流れます。15秒~20秒ならまあまあです。雲も切れたので撮影開始。

201401021_2

CO-BORG 36ED+1.1フラットナー、ノーマル60D、ISO12800、15秒×24枚、CD-1ノータッチガイドです。トリミングしています。

ISO12800は初めて使いました。再び雲がかかるまで24枚撮影。24枚コンポジットを手動でするのは大変なので、これも初めてSI7の自動コンポジットを使ってみました。時間はかかりますが、結構正確に重ねてくれます。しかし、ISO12800は24枚重ねても実用にはならない感じです。背景がかなりノイズっぽい。だいぶ画像処理しました。新潟市の住宅地で結構光害があるところです。まあ、それでも淡いところは出てませんが、即席で撮った割にはまあまあかな、と思っています。

気合いを入れたM42を撮ることがここ数年の課題です。この冬がだめなら秋に早めに撮っておきたいと思います。今年はたくさん晴れますように(ー人ー)

| | コメント (4)

2014年1月 1日 (水)

雷で年明け

みなさん、明けましておめでとうございます。2014年が明けました。

元旦は晴れれば家の前で初日の出を見ることにしていますが、なぜか今年は見ようという気が起きませんでした。どういう訳か、初日の出は2日の朝だよな~と、初夢と勘違いしていました。まあ、しかしこの天気ではまず無理です。明け方雷の大音響で起こされました。落雷もあった様子。初日の出ならず初雷で始まった2014年です。

年の初めの記事は干支に関係ある写真でと思っていますが、おととしの辰、去年の巳はサボってしまいました。今年は年末に撮りやすい位置にあるのでなんとか撮れました。

Pegasus1

ペガサス座とこうま座。12月中の晴れ間を狙っていましたが、12月4日になんとか撮れました。場所はシーサイドライン。12月4日の記事をご覧ください。

Pegasus2_2

こちらは角田山に沈むペガサス。12月25日の思いもよらぬ晴れでした。このあとは今日までずっと晴れ間はなし。

今年は元日が新月です。冬休み中に晴れれば撮影に行きたかったですが、難しいようです。ここ数年晴天率がよくないですが、今年はぜひたくさん晴れて欲しいですね。

今年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (10)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »