« ついに だめか | トップページ | 佐渡が横たう天の川 »

2013年12月 2日 (月)

崩壊していません

仕事の合間にちょっとこんなところへ

Dscn0567

知る人ぞ知る、亀田製菓のおせんべい直売店。アジカルという関連会社の敷地内にあります。休日は空いてないとのことで、女房にせがまれ仕事をやりくりしてきてみました。今は全国知らない人はないくらい有名な亀田のあられおせんべいもここから始まりました。最初場所がよくわからなかったのですが、昔の職場の同僚がこのすぐ裏でしたのでよく車で送ってきたところでした。

ハッピーターンが箱入りで山積みされています。一人限定10個までだそうです。さらに転売は禁止だとか。

お目当ては格安の壊れせんべい

Dscn0568

ゴミ出し用のポリ袋みたいなものの中にぎっしり。重さはざっと3kgくらいはありそうです。これでなんと驚きの200円!普通にスーパーで売っているお徳用割れせんと比べてもコストパフォーマンス10倍以上あります。

中身はほとんど崩壊していません。普通に丸いものが多いです。これのどこが規格外れなのかと思っちゃいます。しかし、この量、食べきるのに半年~1年はかかりそうです。女房はこんなにいらないよね~、とかいって近所に配りまくっていました。

帰ろうとしたとき、隣に聞いたことのある社名の入った車が停まり、そこから出てきたのがなんと、この裏に住んでいた昔の同僚。なんでも仕事途中で職場のみんなとおやつを買いに立ち寄ったのだとか。こんな偶然ってあるものですね。シンクロニシティという現象の存在を信じたくなってしまう出来事でした。

今空を見上げたらほぼ快晴。天気予報では全くだめでしたが、GPVではちょっと晴れ間のある予報でした。こんなんだったら撮影に出かけたかったですが、さすがに師走に入ったら忙しくなりました。でもまだ撮り残しているものがあるんですよね。もう数日の新月期にちょっとくらい晴れて欲しいものです。

|

« ついに だめか | トップページ | 佐渡が横たう天の川 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

所謂「訳あり品」というヤツですね。中身は変わらないので本当にお買い得ですよね。自分もお客さんが作っている「訳あり」の煎餅を良く買いに行きます。以前は1袋80円でしたが今は店頭販売を始めて250円になってしまいましたが、それでも激安なので助かります。
星、3時間くらいでよいのですっきり晴れてほしいです。

投稿: 小太郎 | 2013年12月 3日 (火) 09時28分

昔、父が運送会社に勤めた事が有り、そちら方面で買ってきてくれたのを、覚えています。
柿の種は、元祖浪花屋のはずが、いつの間にか亀田のあられ・お煎餅~♪♪になっちゃいましたね。(笑)

投稿: 電球 | 2013年12月 3日 (火) 14時00分

亀田製菓、お世話になってます。「われせん」私も好きです。味は変わりませんからね。
胎内には「星たべよ」の栗山米菓があります。例年星祭りにも出店して、ビニール袋でわれせんを売っていたのですが、今年は見なかったような?
 柿の種と言えば、最近浪花屋はピーナッツを減量して亀田製菓と差別化した製品を出していますね。私は今の浪花屋の比率が好きです。

投稿: tantan | 2013年12月 3日 (火) 15時58分

小太郎さん
品質が変わらないのに安いといえばBORGのB品。よく買いますが、新品との違いがわかりません。わずかな傷、汚れなんでしょうけど、1日使えばその程度の傷はつくので、新品の値段ってただの封を開けた時の満足感だけでしかないのではないかと思っちゃいます。
微妙に星が出ていますが、撮影に出かけるほどではないというのが逆にストレスです。

投稿: まるひ | 2013年12月 3日 (火) 22時18分

電球さん
今でこそ亀田製菓は海外進出までしている大企業ですが、地元のお年寄りに言わせるとただの煎餅屋という認識らしいですね。
浪花屋も買いますが、私はピーナッツ入りが好きなので亀田派です。女房はピーナツが嫌いなのでもっぱらピーナツなしの浪花屋です。

投稿: まるひ | 2013年12月 3日 (火) 22時27分

tantanさん
スーパーに行くとつい割れ煎に手を出してしまいます。ポリ袋入り超お徳用サイズは中身が日替わりで変わるそうです。私が行ったときはわさび味のとざらめ付きの2種類でした。事前に電話すれば今日は何かを教えてくれるそうです。
星祭りに行く途中、新発田にも工場がありますね。そこにも売店があるみたいなのですが、今度行ってみたいです。星祭り会場の星たべよの着ぐるみを娘が怖がっていました。そういえば今年は見かけなかったですね。
私はピーナッツだけを拾い食いするタイプ。1対9でもいいくらい。

投稿: まるひ | 2013年12月 3日 (火) 22時35分

アイソンの話かと思ったらお菓子ですか。
まぎわらしい(笑)
 そういえば原料ってお米?なら新潟が発生地というのもわかります。亀田とか結構地方なんですよね。失礼
 まるひさんはご存じないかもしれませんが
子どものころ(小学1年のころ)は近所の駄菓子屋で20円だすと、大きなビンからはかり売りしてくれました。とても食べ切れない量で
した。最も自分で買ったことはなく裕福な子
についていってもらっていました。
 今回の記事は異色でしたね。

投稿: satelight57 | 2013年12月 3日 (火) 22時44分

satelight57さん
たぶんタイトル見てそう早とちりする人がいると思いました(笑)
新潟県は煎餅王国ですから、米菓メーカーはたくさんあります。亀田は新潟市のとなり(というか今は合併して新潟市です)ですが、田舎といえば田舎です。
私が子供の頃にも駄菓子屋さんはありましたが、そういう売り方はなかったような。関西と関東の違いなんですかね。
亀田製菓は新潟県限定で「サラダホープ」という名菓を出しています。昔から当たり前に食べていたので全国販売しているかと思ったら新潟県内だけだそうで驚きました。機会があったらぜひお召し上がりください。
星ネタがないとこういう駄文を書いてしまいますが、あきれないでお立ち寄りください。

投稿: まるひ | 2013年12月 3日 (火) 23時09分

こんばんは。
私の地元亀田ですが、あの場所はよそから来た人にはわかりにくいでしょうね。
確かに平日でもけっこう賑わっています。

アイソン彗星はどんどん拡散するばかりで太陽から離れた暗い空に見える頃は捉えるのが困難なようです。地球が彗星の軌道面を横切る1月17日ころにどのように写るかですが、それも難しいでしょうか。
ラブジョイ彗星は見ごろですが、この天気ではチャンスは少ないですね。もう一度肉眼で見てみたいです。

投稿: skame | 2013年12月 3日 (火) 23時14分

skameさん
すみません、亀田を田舎って言って
私の実家も亀田と新潟の境界に近いところですので、まあ、謙遜です。
さすがに地元、前からご存じなんですね。確かにあの小さな店舗に平日でしたが入れ替わり立ち替わりで大勢お客さんが入っていました。
アイソン彗星は天の川の1/5までに暗くなったそうですね。
ラブジョイ彗星は夕方でも見えるんですね。今日の夕方は晴れましたが、場所を知っていたら狙ってみるんでした。

投稿: まるひ | 2013年12月 4日 (水) 22時37分

こんにちは。
小さい頃に実家にはいつも浪花屋の缶入り柿の種がありましたが、ピーナッツが殆ど入っていないそれはあまり好きではありませんでした。はっきり言ってすでに子供の時に「食べ飽きた」という感じです。
ところが意外に埼玉人や東京人などに浪花屋の柿の種が大人気。たまに客先のお茶の時間のお茶請けに新潟土産と称して買って(じつは買うところは関越道上里SAですが)持って行くと東京人が群がります。

投稿: | 2013年12月12日 (木) 14時31分

先さん
そういえば昔はよく、あの缶入り柿の種って転がっていましたよね。うちは女房がピーナッツ嫌いなので柿の種といえば浪花屋買ってきます。私もあれ、それほど好きでありません。亀田のを買うとわざわざピーナッツだけよけて食べています。残りを私が処分してます。最近はイオンにあるトップバリューの158円のお徳用買っています。味からすると亀田のB品のような気がしてます。
関東人にはサラダホープもお勧め。初めて見る人もいるので珍しがられますよ。

投稿: まるひ | 2013年12月12日 (木) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ついに だめか | トップページ | 佐渡が横たう天の川 »