« 机上で楽しむ | トップページ | 調整 »

2013年11月19日 (火)

決断

さて、赤経軸のメンテナンスはできたケンコー赤道儀Sky Explorer(SEⅡ)ですが、赤緯軸のほうはどうしたものかと。ネットには写真付きのレポートがありません。海外サイトでHEQ5として記事がありましたが、英語の上、写真無しなのでよくわかりません。なんとか翻訳してやってみようと決断しました。

まず、アリミゾヘッドを外したくなるのが人情です。

P1010131

六角ネジで簡単に外れます。しかし外した中にある赤緯軸を固定してある丸ナットは容易に外れません。ちゃんとしたカニ目でないと外れないようにきつく閉まっています。どうしたものかと参考になるかなと上位機種EQ6 Proの分解例を検索してみました。そうしたらこれは外さなくてもいいようです。アリミゾヘッドは外しておいた方が軽くなるので外しておいた方がいいです。

名前はなんというのでしょう。下側のバランスウェイトシャフトを留めているやつの六角ネジを外します。これはかなりキツイ。六角レンチを差し込んでプライヤーで挟んで回しました。

P1010132

緩んだら手で簡単に外れます。

P1010133

外したところ

P1010134

このベアリングは簡単に取れますので撮ってください。

六角ネジを外してウォームギアボックスを外します。私は横着してアリミゾヘッドは外しませんでした。

P1010135

調整ネジを緩めるのを忘れていました。手順としてはこっちが先でしょう。反対側にもあります。

P1010136

赤緯軸が引っこ抜けます。

P1010137

あとはきれいにして新しいグリスを塗り、逆の手順で組み立てます。組み立てる注意は赤経軸のときと同じです。

P1010138

何とか組み上がりました。

P1010139

赤緯軸はかなり手を抜きましたが、赤経軸よりは簡単でした。モーター音もギャギャギャといっていたのがウィーンと静かに回るようになりました。

今回の作業のために用意したもの

P1010112

左がモリブデングリス。ちょっと粘性が強いのであまりたくさん塗らないほうがいいように感じました。真ん中がウエス代わりのペーパー。ホームセンターで見つけました。丈夫で拭き取りやすくふんだんに使えるのでお勧めです。右は木槌。分解例のHPには必要と書いてあったので買ったのですが、ついに出番はありませんでした。どこで使うのでしょう。もしかしたらウォームギア分解の時に使うのかもしれません。

さて、稼働はいつになるでしょう。アイソン彗星には間に合わせましたが、しばらく晴れ間はなさそうです。来週くらいから新月期に入りますが3年ぶりのM42を早く撮ってみたいです。

|

« 机上で楽しむ | トップページ | 調整 »

機材」カテゴリの記事

コメント

これで赤経・赤緯とオーバーホールにグリスアップが完了ですね。使用するグリスは基本油脂ですが、耐熱性でいろいろ有る見たいですね。車の様に回転や、高熱にさらすわけではないですから・・・。ここのところずっと雨・雷雨のようで、晴れるのが待ち遠しいですね。

投稿: 電球 | 2013年11月20日 (水) 10時16分

やってみたら意外にあっけなく終わりました。ウン万円のオーバーホール料をけちって自分でやってみましたが、少しでも改善してくれればと思っています。
冬物撮るのが待ち遠しいですが、もう冬の季節風が吹き荒れています。こんな年は大雪になるような気がします。やだなあ・・・

投稿: まるひ | 2013年11月21日 (木) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 机上で楽しむ | トップページ | 調整 »