« 明け方のドライブ | トップページ | 机上で楽しむ »

2013年11月16日 (土)

決行

やろうと決心して3週間、Kenko赤道儀スカイエクスプローラー(SEⅡ)の分解、オーバーホールを決行しました。事前に情報集めしたところ、写真付きで紹介しているページがありましたので、それを参考にすることにしました。使ったものは、六角レンチ(インチ)、ドライバー、ウォータープライヤー、ウエス、モリブデングリス、パーツクリーナーです。

分解前、まな板の鯉状態です。失敗しても後悔しない、転んでも泣かない。

P1010103

クランプを外します。

P1010104

プラスチックのギアカバーを6本のネジを外して取り外します。

P1010107

外したところ。

P1010108

極軸望遠鏡カバーを外し、極軸望遠鏡を外します。回せば簡単に撮れます。取り外すとこうなっていますので、六角ネジ2本を緩めます。

P1010111

このとき用意していた六角レンチがミリ規格だったのですが、インチでないとだめです。近くのホームセンターに買いに行きました。なお、六角レンチは安物でないちょっと高いものを買ってください。最初300円の組みレンチを買ったのですが、結局すぐ角が丸くなってしまい、後で600円のものを買い直しに行きました。

ネジは完全に外さなくても緩める程度でいいです。この丸ナットは回せば取れますが、きついのでドライバー2本をカニ目代わりにして外しました。

P1010113

目盛環は簡単に取れます。外すと極軸を固定してあるナットが出てきますが、3本の切れ込みの奥に六角ネジがありますのでこれを緩めます。緩めたあと、プライヤーで回します。ネジの部分は挟まないように。

P1010116

外したところ。ベアリングが見えます。逆さにすると落っこちますので丁寧に取り外してください。

P1010117

ハウジングが外れます。

P1010118

電気回路のカバー2本のネジを外します。

P1010120

カバーは完全に取れませんが、奥に調整用イモネジがありますので緩めます。

P1010121

反対側にも調整ネジがありますので緩めます。

P1010122

3本のネジを外してギヤカバーを外します。

P1010123

ウォームギア

P1010124

ウォームホイール

P1010125

これらをパーツクリーナーできれいにし、新しいグリスを塗って逆の手順でくみ上げます。本当はウォームギアも分解したかったのですが、六角ネジをなめてしまったみたいでどうしても外れません。あきらめました。こういうことがあるので安物六角レンチは使わないほうがいいです。ウォームギアアセンブリにパーツクリーナーを吹きかけてしまいましたが、ベアリングの中にパーツクリーナーが入り込んだらどうなるのか、ちょっと心配になってきました。

組み上げる時の注意はウォームホイール調整ネジで芯がずれないようにします。ギアカバーを止めるとき、バックラッシュ調整もします。ウォームホイールのかみ合わせも調整しなければならないのですが、見えないので適当に止めました。これは通電して動きがおかしかったら調整すればいいと思います。

さて、組み上げて通電してみました。フリーで回すときの重さはあまり変わらないように思えますが、モーター駆動すると確かにスムーズになったようです。今までのようにビビリ音がしません。まずは成功のようです。ここまでやったら赤緯軸も調整したくなりましたが、ネットに情報がありません。でもなんとかやってみました。その続きは明日以降にしたいと思います。

|

« 明け方のドライブ | トップページ | 机上で楽しむ »

機材」カテゴリの記事

コメント

御苦労さまです。少しでもメンテでよくなることがこの種の醍醐味でしょう。
 望遠鏡は分解してませんがカメラは結構分解しました。ジャンクカメラを大量に買い付け分解します。目が疲れます。冬場はこたつでじっとすわってやります。肝心の視力が
落ちそうなのでほどほどにします。道具も
それなりに必要ですね。
 この赤道儀の分解は結構たくさんの人がやっているようなので情報を発信されることは
たいへん良いことです。

投稿: satelight57 | 2013年11月17日 (日) 10時33分

案ずるより産むが易しでした。微妙な調整までするときりがないのでしょうが、この程度のメンテでよくなれば御の字です。
カメラの分解も興味があるのですが、分解しても組み立てられなくなりそうです。ジャンクレンズとか分解清掃すれば楽しみが広がりそうですね。
いつもはほかの方の分解レポート頼りですが、たまに自分でやったものはこうやって公開して少しはお役に立てればと思っています。

投稿: まるひ | 2013年11月17日 (日) 22時55分

とうとうやっちゃいましたか!(笑)
こうして手順を記録して置くのが良いですね。私のSPのグリスアップは、電気系統も、ベアリングも無かったので簡単でした。やはりモリブデン入りのグリスが良いのでしょうか?何種類かのグリスをだいさんから頂いて、迷ってしまいたしか、確か軸とギヤを種類を変えました。

投稿: 電球 | 2013年11月19日 (火) 15時25分

電球さん
ネットにお手本がありましたのでなんとかできました。でも実写するまで成功しかたどうかわかりません。しばらく晴れそうにないし、いつになるでしょうか。
グリスの知識はないので、ネットでみんなが使っているというのを選びました。思ったより粘性があるのでこれでいいのかな、とちょっと心配です。シリコングリスを使う人もいるようですが、CPUの放熱用というイメージがあり、ためらってしまいます。

投稿: まるひ | 2013年11月19日 (火) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明け方のドライブ | トップページ | 机上で楽しむ »