« 無光害地で星を撮る | トップページ | 弥彦山の夜 »

2013年10月14日 (月)

新潟からカノープス!撮影成功

10月14日明け方、この日はカノープス撮影に絶好の日とにらみました。月が無く、全国的に晴れで、休日という日はそうそうあるものではありません。朝に弱い私ですが、早めに寝て準備整えます。2時半出発、弥彦山には3時半に着きました。結構人が多い。夜間通行止めというのは有名無実化しているみたいです。

山頂まで20分の徒歩。カメラ2台を担いでこの歳ではこたえました。4時頃に着き、時間があるのでゆっくり準備。逃さないようにと早めに連続撮影開始しました。南中は4時半ですが、それより少し後に山影から顔を出す予定です。撮影の間ずっと双眼鏡で見ていましたがなかなか見えません。だめかなあ、とちょっとがっかりして帰ったのですが、画像を見たら写っている・・・ようです。

20131014canopus1

EOS Kiss X2(SEO-SP2)、TOKINA AT-X116 PRO DX 11-16mm F2.8、16mm(F4)、ISO400、4時42分~49分、20秒×20枚比較明合成

矢印のあたりに写っていそうにみえます。しかしこれじゃあ信憑性に欠けます。同時にもう1台のカメラで撮りました。

20131014canopus2

EOS 60D、SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG、70mm(F4)、ISO400、4時45分~49分、20秒×14枚比較明合成

はっきり写っています。だいたいカノープス出現から潜入までを選択して合成しています。間違いないと思います。ただ、こういうの懐疑的に見るかたもいますので、ひっそりとこのブログに載せておくにとどめます。自分だけで満足しています。一番は逃しましたが二番じゃだめでしょうか。

|

« 無光害地で星を撮る | トップページ | 弥彦山の夜 »

新潟からカノープス」カテゴリの記事

コメント

ついに仕留められたんですね。この後では台風とか天候も有りますし、
お月さんもお出ましになったら、うまく行かなかったかも知れませんね。
この時間のこの撮影は、この1枚でしょうからやっぱり1番に間違いないです。(笑)

投稿: 電球 | 2013年10月14日 (月) 11時19分

おめでとうございます。
軌跡からみて間違いないですね。それに写真の写りが非常に美しいです。新潟の夜景も捨てたものではない気がします。

私は佐潟周辺で何回か挑戦しましたが、星図から地平線の下という結果に終わってしまいました。弥彦でこの位置ですから、標高が600m低い麓ではやはり無理ですね。納得の結果です。

投稿: tantan | 2013年10月14日 (月) 11時22分

カノープス撮影成功おめでとうございます。
やりましたね。快挙です。
新潟の天文ファンのあこがれるカノープスです。私もなんだかうれしいなー。
今日の未明は天気予報からして最大のチャンスでした。
私も妙高まで行ってみようかなと思っていましたが、夕方まで仕事だったし、腰痛もありあきらめました。
といっても、二王子山麓で明け方のエンケ、ラブジョイ、アイソン彗星と3つとも8センチ屈折で見ることができました。
アイソン彗星をみながら、今頃はまるひさん弥彦の山頂だろうなーと思っていました。

投稿: skame | 2013年10月14日 (月) 12時07分

おめでとうございます。新潟だと北限に近いでしょうが、新記録かもしれませんね。仙台で見たという記事も昔ありましたが。
 それにしても新潟方面はかなり透明度がいいみたいですね。こちらも晴れましたが、南の低空はかすんでいましたし、山の稜線もはっきりしませんでした。どちらかというと日曜日のほうが透明度はよかったです。

投稿: satelight57 | 2013年10月14日 (月) 16時45分

電球さん
ありがとうございます。
見えると予言して3年かかりました。去年は一回もチャンスがなかったです。今年はなんだかんだいっても去年よりはこの時期の晴天率はいいようです。
ここからもカノープスの写真は2年前に撮られているんですよね。ですので2番です。できれば1番を撮りたかったというのが本音です。

投稿: まるひ | 2013年10月14日 (月) 18時45分

tantanさん
ありがとうございます。
ご一緒登山にお誘いしようと思ったのですが、天気次第で直前中止もあり得るのでご迷惑かなと思ってしまいました。でも同じ時間にアイソン彗星撮られていたんですね。先日のブログに謎かけしておいたのでもしかしたらいらっしゃるかとかすかな期待を抱いて登っていました。
600mでこれだけの高度ですから平地ではちょっと無理そうですね。

投稿: まるひ | 2013年10月14日 (月) 18時53分

skameさん
ありがとうございます。
そういってもらえるとなによりうれしいです。
妙高からも見える場所があるんですよね。私も机上の理論で見える場所を調べましたが、実際見通しが利くのかわかりません。晩秋になると道が怪しくなるので今の時期なら行けるかもしれません。機会があったら下見をしてみたいです。
skameさんは彗星三昧だったんですね。私は未だにアイソン彗星見ていません。そろそろ観測態勢に入らなければなりません。

投稿: まるひ | 2013年10月14日 (月) 19時09分

satelight57さん
ありがとうございます。
ここは大気の浮き上がりと標高に助けられてでかろうじて見えるところです。仙台でも見られたんですか。山形県の月山で見られたという映像もありますね。標高が高ければ結構北でも見えるみたいですが、一般人が簡単に行ける世界ではありません。
このところ晴れると透明度はいいみたいです。でも低空はさすがに悪いです。眼視では見ることができませんでした。

投稿: まるひ | 2013年10月14日 (月) 19時15分

まるひさん、ご一緒できれば私も軌跡の1枚にあやかれたのに残念です。
 一人だったら弥彦に登るつもりでしたが、今朝はコブ付きで4時出発予定だったので諦めました。家を3時57分に出発して、薄明ぎりぎりの4時14分に撮影開始ですから、赤塚の大根畑はお手軽です。

投稿: tantan | 2013年10月14日 (月) 20時41分

tantanさん
確か2年前私が登ったときもtantanさんは佐潟でしたね。
先日のブログのサインはわかる人にはわかるはずなので、tantanさんはくるかなー、とかなり思っていました。せめてメールすればよかったですね、今度チャンスがあったらそうします。
出現時間は思ったより遅かったでした。見え始めの頃はもう東の空が明るくなり始めていました。もう1ヶ月遅いくらいがちょうどいいのかもしれません。

投稿: まるひ | 2013年10月14日 (月) 21時53分

カノープスですか!新潟でも見れるのですね~
ビックリしました。他所のブログで「新潟は無理なのか」と諦めていました。
おめでtぽうございます!

投稿: 小太郎 | 2013年10月14日 (月) 23時20分

撮影成功、おめでとうございます。ぼくは二王子山山頂からを狙っていましたが、体調不良で登山を断念しました。それにしても2枚目、はっきり写っていますね。僕は他人の写真を見ることでもう満足です。とにかかくよかったですね。

投稿: Toshihiko Sato | 2013年10月15日 (火) 01時51分

カノープスの撮影おめでとうございます。緯度や高度、大気差を計算しての撮影ですが、低空まで澄んで晴れる日は、大変少ないです。チャンスをモノにするには、運と熱意が必要だと思います。
喜びが伝わってくる写真です。

投稿: NIKON1957 | 2013年10月15日 (火) 12時33分

カノープスの撮影成功、おめでとうございます。
綿密な計画と行動力の成果ですね。

私は浄土平にいました。強風と登山目的に行ったので撮影はしませんでした。

翌日は下山中にアクシデントがあり、今年は撮影出来なくなりました。

投稿: けんちゃ | 2013年10月15日 (火) 18時19分

小太郎さん
ありがとうございます。
普通は新潟でカノープスは見えないと思うのですが、今は地形を正確にシミュレーションするソフトがありますので見えそうな場所をピンポイントで探すことができます。それがなかったら難しかったと思います。
弥彦山の夜登山はやってみると意外にできるものです。熊とか危険動物がいないことがわかっているので安心感が違います。

投稿: まるひ | 2013年10月15日 (火) 22時14分

Satoさん
ありがとうございます。
Satoさんもずっと狙っていますので、喜んでもらえるとうれしいです。
二王子岳からの撮影もぜひ挑戦を。さらに北ですし、だれでも行けるところでないので稀少度も増すと思います。
佐渡は見えるところはたくさんありそうですが、撮影例はないみたいです。佐渡には天文マニアっていないんでしょうかね。

投稿: まるひ | 2013年10月15日 (火) 22時26分

NIKON1957さん
ありがとうございます。
見えにくいものを追うのが好きな私としては本当にうれしいです。
そちらですとアケルナルが見えそうで見えない対象ですね。でもNIKON1957さんは撮影に成功されていますね。
今回は眼視では確認できませんでしたが、次はぜひ肉眼でも見て長生きしたいと思います。

投稿: まるひ | 2013年10月15日 (火) 22時38分

けんちゃさん
ありがとうございます。
机上の計算を実際に検証するというのは楽しいものです。以前山岳展望でも同じようなことをしていましたので、それが役に立ったという感じです。
浄土平に行かれていたんですか。お天気はよかったですが、星は撮影しなかったのでしょうか。
アクシデント・・・ちょっと心配です。

投稿: まるひ | 2013年10月15日 (火) 22時45分

まるひさん
弥彦からのカノープスは新潟の天文ファンの憧れですよね。昨年、新天研の本間さんが撮影したのに続きすばらしい快挙です。14日の朝は透明度も抜群だったようで、非常にはっきり写っていますね。素晴らしいです。

投稿: 天狼星 | 2013年10月15日 (火) 23時13分

こんばんは。
まるひさんは山岳展望でもシミュレーション
されていたのですね。
以前にも書き込みしましたが、2000年前後の月刊天文にカノープスの見える地域が色分けされた地図が載っていましたが、たしかソフトは山岳展望だったと思います。
そこには弥彦山からは見えないとなっていましたが、私はそれを盲信していました。
確かにカノープスの南中時はみえませんが、
南中を過ぎて、三国山脈のポケット(平標山と稲包山の間)のようなところから覗いて見えたことが写真からよくわかりました。
あらためて見ていい写真だと思います。

投稿: skame | 2013年10月15日 (火) 23時17分

天狼星さん
ありがとうございます。
本間さんに続き二番目でしたが、追試ということで弥彦山から見えるというのが確定されたということでいいのでしょうかね。
全天二番目に明るい恒星ですが、この日は残念ながら眼視では見ることができませんでした。もっと条件のいい日には見れると思っていますので、機会がありましたらまた登ってみます。

投稿: まるひ | 2013年10月15日 (火) 23時54分

skameさん
月刊天文の記事は南中時のみ見える場所の地図だったんでしょうかね。
昔、カシミールを使って、新潟市の佐渡汽船乗り場から尾瀬の燧ヶ岳が見えると予言したのですが、それをパソコン通信を通じ、同じ趣味のかたが検証してくれたということがありました。
カノープスもそれをヒントに見える場所を探してみました。
そういった机上の予想を検証するのが好きなので、弥彦以外でも見れるところがないかとまた探してみたいと思っています。

投稿: まるひ | 2013年10月16日 (水) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無光害地で星を撮る | トップページ | 弥彦山の夜 »