« 弥彦山星景 | トップページ | 週末は »

2013年9月23日 (月)

遺構を訪ねて

最近廃墟になった建造物などの遺構を見に行くというのがはやっているそうです。そういえば我が新潟県にも遺構はいくつかありますが、その一つ、新発田市奥の赤谷鉱山跡を訪ねてみました。

Img_9937

信号のある片側交互通行のトンネル。ここは当時鉄道が走っていたそうで、このトンネルを採掘物を運ぶ蒸気機関車が走っていたらしいです。

Img_9942

これは遺構と呼ぶにふさわしい廃鉄橋。これだけでも価値あると思います。
赤谷線は1984年に廃線になりましたが、その直後にきたことがあります。そのとき山側に廃墟となった鉱山施設の建物を見た記憶があったのですが、どうしても見つけられません。ほかにも鉄道跡とかまだ当時はいろいろ残っていたと思うのですが、ネットで見てもその写真はありませんし、どうもすべての建造物は取り壊しになったらしいです。残っていれば遺構マニアが訪れてちょっとしたスポットになっていたかと思うとちょっと惜しいです。

このちょっと少し先が赤谷ダム

Img_9951

こんな水面ぎりぎりに公園があります。流木があり、荒れていますので立ち入り禁止になっているのかもしれません。そんなに遠くない昔にここを降りた記憶もあります。ここが水没するほど水量が増えることはあるのでしょうか。

Img_9958

鉱山の遺構はあまり見ることはできませんでしたが、これは赤谷線の線路跡だと思います。新発田まで線路跡はサイクリングロードになっています。廃線直後にきたときは終着駅の駅舎がまだあって、転車台もあったような記憶があります。それがどこだったかもすでにわかりません。写真を撮った気がするので今度探してみます。あったら記録のためにアップしておこうと思います。

星見スポットにもなるかと思ってもみましたが、どうも夜はあまりくる気になれません。星見はあまり歴史を感じさせない開けたところに限ります。

|

« 弥彦山星景 | トップページ | 週末は »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
1981年5月に赤谷線に乗って、焼峰山に登ったことがあります。東赤谷駅は珍しいスイッチバック式になっていて、駅のホームに車両が入るのに一旦止まってバックしたのに少し驚きました。当時、登りやすい俎倉山もあり登山者でけっこう賑わっていました。

投稿: skame | 2013年9月24日 (火) 10時19分

ぼくは渓流釣りやルアー釣りが趣味だった中学時代から、この辺が縄張りでした(笑)。赤谷鉱山の遺構も随分探検しました。今は撤去されて何も残っていないですが、吊り橋がかつて架かっていたところ(ダムの下流300m付近)に、吊り橋の土台がまだ残っています。そこへの踏み跡も。そのくらいでしょうかね。俎倉山登山道入り口付近の岩場で、まだ探すと水晶のクラスターが見つかることがあります。ネットで検索すれば、採集しに来ているマニアの方のブログがヒットします。加治川治水ダムのダムサイトは、夜になると外灯が点きます。かなり明るいです。ですから、星景写真には適しません。東赤谷から滝谷集落へ抜ける道が2本あるのですが、そのどちらも加治川の川の欄干に外灯が設置されており、やはり夜になると煌々と輝きます。なので、ここもバツ。赤谷周辺はあまりいい場所がありそうでないんです。

投稿: Toshihiko Sato | 2013年9月24日 (火) 13時49分

補足です。下越地方で探検しごたえのある廃墟といえば、阿賀町の実川集落跡がイチバンではないでしょうか。行かれたことありますか?ここは国重文の五十嵐家住宅はじめ、まだ4~5軒民家が残っています。むちろん無人ですが。集落内は昼なお暗く、妖しい雰囲気が漂います。近年観光地として町が整備しているので、立派な駐車場とトイレがあり、旧会津街道の一部である、福島県高陽根集落側へ抜ける山道も歩きやすく整備されています。この山道、ハイキングに適しています。万治峠まで徒歩50分くらい。この峠までの往復がお勧め。紅葉時は最高です。五十嵐家住宅の背後にこの山道の入り口があり、20m歩くと吊り橋に出ます。この吊り橋も見る価値、渡る価値大です。

投稿: Toshihiko Sato | 2013年9月24日 (火) 14時02分

加治川ですよね、昔むかし渓流釣りで湯の平まで行った事がありました。胴長を履いて歩いたので汗が脛まで溜まった記憶があります。

実川の話が出ていますが、確かにお勧めだと思います。万治峠はまだ行った事はありませんが、五十嵐邸から先の林道は徒歩であればゲートを潜って行けますので星も良いかと思います。ただし、渓谷が深いので視野は狭いでしょうし獣が多いと思いますので注意は必要かと思います。(自分の場合、一人では行けないと思います)
※ゲートの合鍵を持っている人が多く、これからきのこ採りの車が意外と多くなります。

投稿: 小太郎 | 2013年9月24日 (火) 16時57分

赤谷は行ったことが有りません。興味のある風景ですね。

私は今日、八十里越えへ行ってきました。

投稿: けんちゃ | 2013年9月24日 (火) 22時27分

skameさん
そいうえば登山をなさるのでしたね。ここをリアルで訪れたことがあるんですね。
スイッチバックって碓氷峠くらいしかないと思っていましたが、ここもそうだったんですか。意外に起伏はないように感じましたが、どの辺なんだろう。職場の隣の図書館で資料でもあったら調べてみます。そういうの好きです。

投稿: まるひ | 2013年9月24日 (火) 23時54分

Satoさんは地元でしたね。この辺は詳しいのですね。昨日これを書くにあたって検索していたらSatoさんの記事にも行き当たりました。私は山壁にへばりつくようなコンクリート作りの建物を車に乗りながら見た記憶があります。あの頃は道路も悪く、停めて写真を撮るような状況でなかったので写真もありません。今の道路は鉄道跡を舗装して造ってあるらしいですが、あの頃は線路と平行して狭い山道が走っていたように思います。気のせいかもしれませんが・・・
ダムサイトは星景にはだめなんですね。なぜダムって灯りを点けるのでしょう。星景によさそうなところを見つけると南はどうかといつも調べます。ここの南はあんまりロケーションはよくなかったです。

投稿: まるひ | 2013年9月25日 (水) 00時07分

小太郎さん
Satoさんも詳しく書いておられますが、実川には2~3回行ったことがあります。しかし、行ったと言ってもただ車で走っただけで降りていろいろ見て回った訳でないので廃墟跡とかあることも知りませんでした。五十嵐邸も標識はありましたが、どんなものかもわからなかったので行っていません。惜しかったなあ。機会があったら・・・とは言わず是非とも行ってみます。
Satoさんのブログに五十嵐邸の星景がありますよ。ご覧ください。
http://carlossato.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-a129.html

投稿: まるひ | 2013年9月25日 (水) 00時20分

けんちゃさん
この日のドライブは八十里越えも候補だったのですが、同伴の女房が遠いところはいやだ、というのでここになりました。八十里越えもいつか行きます。
赤谷、実川はおすすめです。秋の紅葉シーズンに是非行ってみてください。そういえば実川手前にコンクリート造りの遺構っぽいものがあります。電力会社管轄の施設跡みたいですが謎です

投稿: まるひ | 2013年9月25日 (水) 00時39分

こんばんは。
2枚目の写真が好みです。
紅葉のころがよさそうですが。
「旧余部鉄橋」がこれとよく似ています。
もう取り壊され、最後の日は大勢の人が
押し寄せました。私的には残すべき景観
でしたけど、脱線落下事故もあったので
「遺族感情」が優先されたのでしょう。
 いまは「夢千代日記」でしか見られません。古いな~。

 

投稿: satelight57 | 2013年9月25日 (水) 20時27分

satelight57さん
余部鉄橋といえば、東日本の私でもすぐにあの事故のことを連想させられます。確かに残したい景観ですが、安全面でもあるんですかね。
私は震災遺構もふくめ、残すほうに賛成なのですが、こういうのはどうしても住民の意見が優先されるようになっているそうですね。新潟県の山古志村で起きた震災はわずかながら遺構が残っています。最初は反対もあったそうですが、今は住民のかたも残しておいてよかった、と言う意見が多いそうです。

投稿: まるひ | 2013年9月26日 (木) 18時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 弥彦山星景 | トップページ | 週末は »