« 樽口にて、その1 | トップページ | 樽口にて、その3 »

2013年9月30日 (月)

樽口にて、その2

樽口遠征のもう一つの目的は89EDでの撮影。3月に買って以来、いまだにまともな写真を撮っていませんでした。途中雲が出て中断したりと、条件はあまりよくありませんでしたがなんとか。

20130928m31_2

BORG 89ED+0.85倍レデューサー、Astro 60D(約-13℃)、ISO1600、10分1枚

M31はいつも多段階露光するのですが、雲に阻まれちょっと時間を空けたら合わなくなってしまいました。それにSI7はどうもAstro 60Dと相性悪いみたいで、カラーバランスがでたらめになります。コンポジットもうまく重ならず逆に星像が悪化します。しかたないのでPhotoshopで1枚のみ処理してみました。ダークもフラットもしていません。カラーバランスだけは入念に調整しました。たった1枚からの画像ですが、結構美しいかも。冷却の効果もあるのでしょうが、明るい対象ならこういうお気楽な撮影もありかなと実感しました。

今回のメインはこれでしたが、まだネタはあります。小出しというか、まとめて処理している時間がありません。

|

« 樽口にて、その1 | トップページ | 樽口にて、その3 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

1枚でこのクオリティーは凄いですね。たった10分ですよね。

SI7と相性が悪いですか。それならこの際PixInsightのお試し版を使ってみてはいかがでしょう?何なら新潟の家で講習会やりますよ。

投稿: tantan | 2013年10月 1日 (火) 11時53分

すごい、すごすぎる。晴天率悪いし、これからは星景写真に徹しようと思い、すでに2台のトーストはドナドナ済み。でも、こういうワンショットでの作品を見ると、来年は対倍されるSWAT300と、シグマのリニューアルされるサンニッパ(OS付き)を買って、などとよからぬ妄想が頭をよぎります。精神衛生によくないっす。

投稿: Toshihiko Sato | 2013年10月 1日 (火) 12時32分

漢字が上手く変換されていませんでした。"対倍される"は”新発売される”の誤りです。

投稿: Toshihiko Sato | 2013年10月 1日 (火) 12時35分

何だか新潟は晴れて撮影日和ですね。私も多少雲はあってもお出掛けしたいものです。
今、ヤフオクやって資金稼ぐ予定です。グズらが居て発送まで時間の掛かる事、やっと発送に漕ぎつけました。
今度の新月期に、公休がが重なって出かけたい気持ちですが、台風の22号と23号の影響が心配です。

投稿: 電球 | 2013年10月 1日 (火) 13時54分

目の毒です。こういう画像を見てしまうと「いつかは、、」とか「何が必要か、、」とかになり、妄想・願望が果てしなく駆け巡ります。
「精神衛生によくない」に賛成です!

投稿: 小太郎 | 2013年10月 1日 (火) 16時27分

一枚画像でも淡い部分が良く出ていますね。樽口の暗さが分かりますね。

ノーマル6DもSI6、SI7でRAW現像するとカラーバランスがうまくいきません。KissDN、KissDX、KissX3は自動でほぼ綺麗になるに。パラメータが悪いのでしょうね。

私は太陽を6Dで撮っていますが、現像はCS6を使います。もっとも疑似カラー仕上げにするので、SIでモノクロ現像すれば良いのですが。

ちなみにSIで読み込むときいきなりカラー現像すると綺麗です。RAWでダークやフラット処理が出来ないので駄目ですが。

投稿: けんちゃ | 2013年10月 1日 (火) 20時51分

 星景と直焦の両刀使いとは、おそれいりました。
 こだわりの画像処理に距離を感じます。
写れば満足の域ではないのですね。
 自分もそろそろ直焦の世界に踏み込む準備をせねばなりませんが遅々として進みません。
また寄り道して広角レンズを導入してしまいました。
 直焦は来年になるなあと思っています。
 

投稿: satelight57 | 2013年10月 1日 (火) 21時10分

tantanさん
空が暗いということは偉大ですね。それと冷却デジカメ。
昨日眠い目をこすりながらやった処理なので朝見たらやっぱりちょっと不満。暇なときに丁寧にコンポジットしなおしてやり直します。
PIも興味があるのですが、難しすぎそうで入り口に立とうともしていません。でも講師やってくださるのでしたら、という気持ちもないわけでは・・・そのときはお願いします。

投稿: まるひ | 2013年10月 1日 (火) 22時36分

Satoさん
トーストをドナドナしてしまったんですか。私も星景や太陽系メインにしようかな、と思っていた矢先、やっぱり晴れるときは晴れるものだと明るい気持ちになりました。
1枚撮りでも対象や見せ方によっては結構いい作品になるものだと感じています。
まあ、せっかちでじっくり撮るのが苦手なでけかもしれませんが。
SWAT300とシグマのレンズでの作品を今から期待します。

投稿: まるひ | 2013年10月 1日 (火) 22時53分

電球さん
ここにきて新潟はよく晴れるようになりました。直焦点撮影できる天気なんて1年ぶりかもしれません。冬までのわずかな期間にチャンスを見つけてどんどん撮りたいです。
そちらですとどの方面へ行かれるのでしょうか。台風一過ならむしろ好天が期待できるかもしれないですね。
私もヤフオクで資金稼ぎしてます。ちょっと商材が入ったので少し貯金が増えるかも。

投稿: まるひ | 2013年10月 1日 (火) 22時59分

小太郎さん
早くBORG沼へおいでください。36EDでもすばらしい写真が撮れますよ。
私は高級機材持てるほどの体力も財力もないので今持ってる機材で撮るしかないのですが、それでも対象しだいでは結構満足のいく写真がたまに撮れます。

投稿: まるひ | 2013年10月 1日 (火) 23時23分

けんちゃさん
よく見れば露光不足か、と思わないでもないですが、トーンカーブとか星雲マスクで強調とかしていません。レベル調整だけです。持ち上げればもっと迫力でるのかもしれませんが、そういう写真はちょっと飽きたので微妙な淡さを楽しむようにしてみました。
やっぱりけんちゃさんもそう感じているのですね。確かにノーマル60Dも変です。天の川はX2だったのでSI7でも補正できれいに色が出ました。60Dだとどうやっても出ません。かといってCS6だとコンポジットができない、ダークも引けない。実は今回1枚画像にしたのはそういう理由もあります。アストロアーツさん、なんとかしてくれないでしょうか。

投稿: まるひ | 2013年10月 1日 (火) 23時34分

satelight57さん
ありがとうございます。昔は失敗作でもなんでもアップしていたのですが、最近は自分できれいだと思わない写真は載せないようにしています。M31は毎年撮っているのでいかに去年と違う物にしようかと考えるのは一苦労です。でもそれが楽しいんですが。
私もまだまだ広角撮影は楽しいです。ガイドの苦労がいらないので仕事帰りでもいつでも楽しめるのがいいです。70mm程度の中望遠もやってみたいのですが、ガイドが一気に大変になるのでなかなか難しいです。

投稿: まるひ | 2013年10月 1日 (火) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 樽口にて、その1 | トップページ | 樽口にて、その3 »