« 梅雨末期 | トップページ | 見つかりました »

2013年7月15日 (月)

海の日に山へ

祝日は比較的一人で出かけやすいので、新たな星景写真スポットを探しに中越方面にドライブにいってきました。まず、春から2度ほど行っている山古志へ。写真でおなじみの山古志らしい風景は意外に狭い範囲のようです。私は越後三山が見渡せるところを狙っているのですが、春に行ったところ以外にはあまりいいところはありません。

あまやち会館あたりはちょっと開けていましたが、ここも山の中腹あたりであんまり眺望はよくありません。そこから蓬平へ続く山道があったので進んでみました。しかし、超怖い。こんな感じの道が続きます。

Dscn0394

一応舗装はされていますが、地図にありません。まさに車幅と同じ道幅で反対側は切り立った崖。ガードレールもありません。ちょっとでもハンドル切り損ねて落ちたら数日は発見されないでしょう。山道に自信がある私ですが、こんなに怖い道は初めてです。わずかに道幅の広いところで5回くらい切り返してUターンしました。こんなところに星見スポットがあったとしても絶対行く気になれません。

そんな感じで山古志をさまよい、古志高原スキー場にたどり着きました。

Dscn0412_stitch

スキー場の頂上まで車で登れます。ここがその中腹。南がよく開けています。雲で見えませんが、この方面に越後三山があるはずです。ちょっとここは夜きてみたい場所です。

スキー場より少し下側にこんなにいい駐車場がありました。

Dscn0409

スキー場の駐車場ではありません。20台くらい停められますが、いったいなんのための駐車場なのか。ここからの眺望もいいのでスキー場の上に登る元気がないときはここからでも十分撮影できます。

山古志の成果はスキー場ということで、このあと、堀之内の「根小屋花と緑と雪の里」へ行ってきました。芝桜の季節はにぎわうようですが、今日は車が2~3台。花がなければ見るべきものがありません。

Dscn0415

ここからの越後三山はすばらしいはずです。しかし高速道路が近すぎて星景にはたぶん向かないでしょうね。

このあともう一カ所の目的地、小千谷の山本山高原に向かいました。

Dscn0420_stitch

ここからの眺めはすばらしい。すばらしすぎてたぶん一般の人も夜景見物にくるでしょうね。それと走り屋さん。道路にスリップ跡や花火の燃えがらとかありました。ここも撮影には向かないかも。

でも頂上から少し先に行くと高原風情の未舗装の道があります。ここまでは人はこないでしょう。

Dscn0426_stitch

十分いい眺望です。ここが越後三山星景のベストスポットですね。下りは反対側に降りました。道はダートで登り口がわかりづらいですが、走り屋さんを避けたいのでしたらこっちの道がいいかも。

帰途でとてもシュールな光景に出会いました。

Dscn0431

小千谷市のこの一角だけほとんどの家で日の丸が掲げられています。昔は旗日といって国民の祝日は日の丸掲げたものですが(うちはしませんでしたが)、最近ほとんど見かけることがありません。ちょっと不思議な街にさまよいこんだ気分です。

|

« 梅雨末期 | トップページ | 見つかりました »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。ぼくも以前山古志を下見したときに、今回まるひさんが迷い込んだ山道、同じように迷い込みました。あのときは冷や汗が出ました。ところで、小地谷と山古志の県境にある金倉山(582m)へは行かれたことあります?頂上直下まで車で行けます。山頂には展望デッキがあり、そこからは大パノラマが得られます。山頂はまではわずかですが歩きが入るので、夜は誰も行かないはず。ポー赤での撮影にはもってこいだと思うのですが。

投稿: Toshihiko Sato | 2013年7月16日 (火) 22時19分

ここの標高どれくらいですか?
(グーグルアースで調べることが
できますが)
 3連休。空がすっきりしないので撮影地探しにでかけました。ねらいとしていた道は
新トンネルで閉鎖。旧道は鎖がはってあって
登れません。国土地理院のWEB地図
はそのままだったので行けると思ったの
にがっかりでした。山頂(700mくらい)まで
道があり南向きで定番の撮影地の半分の距離でよさそうでしたが…。

投稿: satelight57 | 2013年7月16日 (火) 22時41分

Toshihiko Satoさん
Satoさんもあの恐怖の山道経験されたんですね。本当に怖くて歩くくらいの速度でしか走れませんでした。入り口にあった「ふれあい農園」の看板にすっかりだまされました。命あっての星見です。
金倉山の展望デッキはそういえばSatoさんのブログで紹介されていましたね。今回ノーチェックでした。Google Earthにそこからの写真がアップされていますが、すばらしいところですね。また今度下見に行ってきます。情報ありがとうございます。
ところで、恐怖の山道も逆側から行くと猿倉岳の尾根伝いを走るみたいですが、ちょっとそこも興味があります。金倉山下見の時についでに行ってみたいと思います。

投稿: まるひ | 2013年7月17日 (水) 00時06分

satelight57さん
このあたり、だいたい300~400mくらいでしょうか。スマホのGPSアプリで確認しました。新潟県は車で登れる高いところがあんまりありません。関東、関西方面はいろいろあってうらやましいです。
satelight57さんも撮影地下見でしたか。こうやって目的があって山道をさまようのも楽しいものですね。
関西は梅雨が明けて着々と成果を上げていらっしゃいますね。こちらはこれからがシーズン。満月期過ぎた頃までには梅雨明けして欲しいものです。

投稿: まるひ | 2013年7月17日 (水) 00時22分

こういう細い林道を通る度にジムニーのような車だったらと思います。二週間前に車両入換えましたが、前車より少し幅広に、、。無理はできませんね。

投稿: 小太郎 | 2013年7月19日 (金) 22時01分

小太郎さん
私も今の車の前は四駆の軽ワゴン車でした。高速での遠征はつらかったですが、狭い山道や田んぼのあぜ道とか、どこでもすいすい走れましたね。それに田舎の集落に入っても違和感ないのも利点でした。
普通車は運転楽でいいですが、星見専用にジムニーみたいなの欲しいですね。

投稿: まるひ | 2013年7月20日 (土) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨末期 | トップページ | 見つかりました »