« カシオペアクリア | トップページ | 次に期待 »

2013年6月13日 (木)

幸せになれるのか

昨年来狙っていたアレを撮るのに絶好と思われる日がやってきました。とにかく透明度がよくなければいけない、もちろん雲があってもいけない。雲はたくさんありましたが、アレの方向だけはすっきり晴れています。そこだけ晴れていれば雲量99%でもOKです。しかし、今の季節佐渡島がじゃまです。それをクリアするためにかなり南下しなければなりません。ステラナビで方向を調べ、地図で佐渡がじゃまにならないところはどこだ、と探すとなんと出雲崎あたりまで下らなければなりません。遠いなーと思いましたが1時間くらいです。普通星見に行くのと同じくらいですからなんとか頑張って行くことにしました。現象の起こる30分くらい前につきました。雲は多く、反対側は雨が降っているのでしょう、きれいな虹が出ています。でも肝心の方向はばっちりです。

で、撮れたのがこれです。グリーンフラッシュ・・・かな?

201306131

201306132

201306133

201306134

201306135

201306136

miniBORG 60ED+1.4倍テレコンバータで撮影しました。トリミングしてあります。

ちょっと自信がないのが、露光オーバーのせいか緑でなく黄色になってしまっているところです。それにネットで見る画像と違って、沈む瞬間に緑になるのではなく、少し前に頭に閃光が走っているところです。
残念ながらライブビューで連射していたので眼視はしませんでした。でもフラッシュの名のごとく写真からでも一瞬ピカッと光る様子がわかります。確かに閃光です。秒間5枚の連射でなければ撮り逃がしていたかもしれません。久々に興奮しました。金環日食以来かもしれません。沈む瞬間にはもう見えていません。まあ、また機会があったら狙ってみます。幸せになれるかなあ…いや、きっとなれます!

|

« カシオペアクリア | トップページ | 次に期待 »

グリーンフラッシュ」カテゴリの記事

コメント

うゎ~ぁ、これがグリーンフラッシュですか!!
その存在は知っていますが、普段、海に沈む夕日を見る機会がないものですから、これまで一度もお目にかかったことはなく、かなり昔に天文雑誌に掲載されていたのを見た記憶はあるくらいです。
文面からすると、見やすい時期というのがあるのですね?
幸せのおこぼれ、ぜひ分けてください!!

投稿: 星のおじさん | 2013年6月14日 (金) 05時16分

おめでとうございます。
海のグリーンフラッシュは水平線より上に見えている画像がありますよね。昨日は佐渡がもの凄くクッキリ見えたので、夕日が綺麗だろうと思っていましたが見えたんですね。
正に幸運は掴み取るものですね。

投稿: tantan | 2013年6月14日 (金) 08時30分

ぼくがいうのも何ですが、ちょっと微妙ですね。なぜなら、色ズレが起きていないからです。このようなカタチの、イエローフラッシュはぼくも2回ほど見たことがあります。イエローの末端がブルーやグリーンに転ぶのが本当にまれにしか起こらないのです。まるひさんの画像をダウンロードし、色温度を変化させたりいろいろしてみたら、かすかに縁が黄緑に色づいたので、もっと長い焦点距離だったら、ひょっとしたらかすかにグリーンフラッシュ、写っていた可能性はありますが。
小笠原で見たときも、肉眼でわかるほどその瞬間は緑の閃光が強く走ります。
もっともっと幸せになるために、またチャレンジしてください!

投稿: Toshihiko Sato | 2013年6月14日 (金) 11時34分

「星のおじさん」さん
ありがとうございます。
しかし、どうもこれは怪しいですね。いろいろ調べてみましたがどうも違う可能性が高いです。
御地からは海に沈む夕日は見えませんね。私も子供の頃はそうだったので、海というものにすごくあこがれがあったものです。今は家から歩いて10分です。

投稿: まるひ | 2013年6月14日 (金) 20時27分

tantanさん
ありがとうございます。
確かに浮き上がりで太陽の頭の上に出ることもあるようですね。最後の写真が若干緑っぽいですし、もしかしたらそれかもしれないというところでしょうか。
条件としては見えても不思議でない日でしたが、なかなか難物のようです。
まあ、初めての挑戦で見えてもつまらないですね。
もちろんこれであきらめません。見るまで頑張ります。

投稿: まるひ | 2013年6月14日 (金) 20時32分

Toshihiko Satoさん
すでに成功されたSatoさんから検証していただいたことで違うらしいと確信しました。
今日たまたまジュンク堂に行く機会があったのでいろいろ立ち読みして調べてみました。見えるメカニズムもわかりましたし、どういう風に見えるかも理解できました。
それからいうとどうもこれは違うっぽいですね。沈む直前に肉眼でもはっきりわかるほど輝くそうですし、緑色はもっと鮮やかなんですね。どうもこれは太陽のふちが蜃気楼の原理で浮いて見えるのだと思います。
ありがとうございました。
もっと幸せになりたいのでこれからも見えるまでチャレンジします!

投稿: まるひ | 2013年6月14日 (金) 20時49分

こんばんは。
きのうの会社の帰りに西の空を見たら、太陽に近いところの青空がさえていたので、こんな日はグリーフラッシュが見えるのかもしれないと思っていました。
そのころまるひさんが出雲崎の海岸でがんばっていたのですね。
画像をみるとグリーンフラッシュのようにも見えますが、緑色でないので、toshihikoさんの指摘どおりなのでしょうか。

投稿: skame | 2013年6月14日 (金) 22時40分

skameさん、こんばんは
やっぱりこんな日は滅多にないんでしょうね。思うことは皆同じだったのですね。
残念ではありますが、決して無駄でなかった遠征でした。最後の画像はもしかしたらというかすかな望みも持っています。書物によるとこういう見え方もあるのだそうです。
しかし色が緑でないので説得力ないですね。
露光オーバー過ぎました。今度はきちんと計画たてて挑戦します。

投稿: まるひ | 2013年6月14日 (金) 23時40分

会社員の頃はわざわざ新潟~柏崎の海沿いを毎日のように走り、夕陽を見たりしていました。しかし、日頃の行いが悪いせいかグリーンフラッシュは一度も見た事がありませんでした、。一度は見てみたいです。
よほどの条件が揃わないと厳しいんですね~

投稿: 小太郎 | 2013年6月15日 (土) 13時23分

小太郎さん
あの道は快適ですよね。何年かぶりに通りました。和島のオートキャンプ場に家族で行ったとき以来です。その時明け方の日本海に沈む満月がとても感動的だったのですが、カメラをそのとき持ってませんでした。あのときの光景をカメラに納めたいというのも一つの夢です。
グリーンフラッシュは見えにくいといわれていますが、そういう気象条件に出会えば以外に見えるのではないかと思っています。問題はその気象条件がなかなかそろわないということでしょうか。幸い私のところからは海に近いので少しでも可能性があれがまた出かけてみます。

投稿: まるひ | 2013年6月15日 (土) 17時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カシオペアクリア | トップページ | 次に期待 »