« 畑毎の月 | トップページ | リアル光害マップ(関東編) »

2013年5月20日 (月)

難物のω

先日の5月17日、近間で撮影した目的はω星団です。一度撮影したことがありますが、再チャレンジです。

Borg 89ED直焦点でとりあえず60秒露光しました。しかし液晶に表示させると真っ白け。全然確認できません。2分露光しましたがさらに真っ白。あきらめました。しかし家に帰って画像処理してみましたら若干ではありますが存在が確認できました。

Img_0156

かなり強力に画像処理しました。カブリも強調されてひどいものですが、でもぶつぶつは確認できます。以前のよりはいいかもしれません。

しかし、ここからのω星団の方向にはスポーツ施設とゴルフ場があるので無謀なのかもしれません。これらの営業が終わる時間帯に南中を迎える時期だといいのかもしれません。カノープスよりは見やすいとはいえ、ちゃんとした写真を撮るのは難しいようです。今度は場所を変えてもっとはっきり撮ってみたいです。でももう来年ですかね。

ついでに佐渡に沈む金星と木星

201305171

28日にはこれらが再接近するんですね。惑星接近写真の今年最大のイベントかもしれません。ぜひ晴れて欲しいです。

|

« 畑毎の月 | トップページ | リアル光害マップ(関東編) »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

オメガ、しっかりと写っていますね。パンスターズ彗星の時もそうでしたがカメラの液晶では写っていることを確認できないでいました。カメラに接続するだけで見られる様な外部ディスプレイがあると便利ですね、お気軽撮影には。

投稿: けんちゃ | 2013年5月21日 (火) 13時02分

まさにそのとおりで、カメラの液晶はあてになりません。かといってお気楽撮影にパソコン持ち歩く訳にいかないし、写っていると信じて手当たり次第撮りまくって家で確認するしかないみたいですね。

投稿: まるひ | 2013年5月21日 (火) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 畑毎の月 | トップページ | リアル光害マップ(関東編) »