« 登るへびつかい | トップページ | 星空の四季 »

2013年5月 9日 (木)

89EDファーストライト

なんとか星像チェックできる程度のものが撮れたのでご報告します。

Img_9359

BORG 89ED+0.85×DG・L+Astrto 60D(約-17℃)、ISO1600、5分×4枚コンポジット

空が悪かったのと、構図も外れていますし、画像処理も適当、とても作品とはいえませんが、まあ、レポートということで。

101EDでの金平糖のような星像ではありません。感動するくらいまん丸です。それに関しては当たりだったようです。レデューサー0.85×DG・Lとの相性もまずますいいみたいです。おきまりの星像チェック。

20130509

最もガイドがよかったものの等倍です。青にじみ、赤にじみもほとんど感じられません。周辺はやや乱れますが、許容範囲ではないでしょうか。レデューサーは旧式のこれしか持っていないのですが、スペーサー調整でもう少し改善するのかもしれません。今度試してみたいと思います。

こんなシステム

Dscn0310

これを期にアリガタもバランスを取るために買い直し、鏡筒バンドも新調しました。マイクロフォーカサーも思い切って買い、今回このシステムのためにお金かけました。まあ、これで今度はずっとやっていこうとの覚悟でもあります。しかし、軽量化も期待したのですが、101EDとそれほど変わりません。89EDは手持ちでも写せるとのふれこみでしたが、私の腕力では無理です。もう少しテストして、夏物季節には本格的な作品を撮影したいと思っています。乞うご期待…かな?

|

« 登るへびつかい | トップページ | 星空の四季 »

機材」カテゴリの記事

コメント

BORG89EDは、良さそうな良い鏡筒ですね。
今後の作品撮影に、期待が大きいですね。

昨日今日と、光ケーブルになった為、プロバイダー変更に伴い、
PCの設定で大忙しでした。(アドレスのドメインtが、変わりました)

投稿: 電球 | 2013年5月10日 (金) 20時35分

電球さん、こんばんは
101EDからはダウングレードで口径が小さくなりましたが、質のいい写真が撮れそうで期待しています。
89EDでの天体写真の作例が少ないので、私が人柱第一号になりそうな感もしています。春はこの口径で撮れる対象があまりありません。空もよくないし、早く夏にならないかなあ。
光にされたんですね。私の自宅は光にする前はADSLで遠距離だったので超低速でしたが、ずいぶん速くなりました。しかし職場は短距離のため光にしなくても十分速いので未だにADSLで不自由ありません。

投稿: まるひ | 2013年5月10日 (金) 23時40分

89mmですもので、結構大きく見えます。
星像も安心して見ていられる結果ですね。ほんと、屈折も一本。でも私には少々長いなあ、FS60CB位が欲しいなあ。

投稿: けんちゃ | 2013年5月10日 (金) 23時59分

けんちゃさん
意外と大きいです。それにマイクロフォーカサーや鏡筒バンドとか付けたので結局主さは前と変わりません。
星像はあの101EDの悩みが消えたことで、買った価値があったと思っています。
FS-60Cもいいですね。最初の1本買うときにBorg 77EDにするかこれにするかで悩んだものでした。結局Borg沼にはまることになりました。

投稿: まるひ | 2013年5月11日 (土) 00時18分

89ED、良い星像ですね。夏の散光星雲が楽しみですね。今頃が一番端境期なんでしょうか?宵の口は撮る物が無くて困ります。

私は36EDに凄く惹かれてます。Borg沼から脱出する方法は全部買い尽くすしかないかもしれませんよ、クワバラクワバラ。

投稿: tantan | 2013年5月11日 (土) 15時13分

tantanさん
皆さんもう夏物を撮り始めていると焦ります。アンタレス付近が宵の口にいい頃は梅雨時ですからいつも撮り逃がしています。うまく新月期と週末と晴天が重なればいいのですが、そんな都合のいい日は年に何度もありません。
36EDは良さそうですね。星にも一般撮影にも使えそうで、ぜひ欲しいと思っています。

投稿: まるひ | 2013年5月11日 (土) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 登るへびつかい | トップページ | 星空の四季 »