« 写真展に行ってきました2013 | トップページ | 何を撮ろうかと »

2013年2月28日 (木)

ギネス級

たまに職場の隣の図書館で本を借ります。科学雑誌Newtonがお気に入りです。1月号の特集は小惑星インパクト。これのほんの2ヶ月後に実際に起こっちゃうんですからなんとタイムリーでしょう。この記事によると、史上初めて大気圏突入を予測した小惑星は「2008TC3」というもので、直径2~5m、突入わずか20時間前に発見できたということらしい。実際に2008年10月6日に突入したとのこと。上空で砕け散ったので地上への被害はなかったらしいですが、今回のロシアの小惑星とか、2012DA14を予測するというのはやっぱり難しいんですね。

この号の付録がM31のカレンダー

Dscn0112

なんでもこの画像「最も画素数の多い渦巻銀河の画像」としてギネス認定されているとのこと。50cmで25枚モザイク、総画素数は10億画素。すごいですね。ここまで行かなくても4枚モザイクくらいの写真を今年はなにか撮ってみたいです。

今日は久しぶりに晴れる予報でしたが、夕方から急速に雲が広がり、結局なんにも見えなくなりました。もうすぐバンスターズ彗星ですが、そろそろプランを立てねば。でもまだ89EDは届きません。101EDはすでにお嫁に出しましたので、60EDでの撮影になりそうです。

|

« 写真展に行ってきました2013 | トップページ | 何を撮ろうかと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 写真展に行ってきました2013 | トップページ | 何を撮ろうかと »