« 2012DA14撮影成功 | トップページ | 南極の地球影 »

2013年2月17日 (日)

2012DA14続報

小惑星2012DA14の写真をさらにアップします。

2012da140449

04:49:09~04:51:27(138秒の移動)

EOS 60D、 TAMRON SP AF 28-75mm(45mm) F/2.8(F3.2)、ISO1600、42秒と93秒の2枚を加算平均しました。ノートリミングです。

2012da1404552

04:55:16~04:57:39(143秒)

EOS 60D、 TAMRON SP AF 28-75mm(75mm) F/2.8(F3.2)、ISO1600、66秒と45秒の2枚を加算平均しました。ノートリミングです。途中タイムラグがありましたので切れています。

このあとしし座のお尻に入る頃は一面の雲で雪が横殴りに降ってきました。これでおしまいでした。落ち着いて撮れず、これといういいショットがありませんでしたが、過去の経験より突発的な珍しい現象に遭遇したらいい写真を撮ろうと思わずにとにかくシャッター切りまくれがモットーです。今までそれで何度も苦い経験していますので。雲がなければカメラも2台くらいで別の切り口の写真も撮ったのでしょうが、天気が天気なのでしかたありません。これで満足です。次に帰ってくるのは2046年。それも今度は月の3倍くらい離れて通るそうで、どっちにしろ2度見ることはありません、でもこの一週間わくわくしました。ありがとう、2012DA14。

|

« 2012DA14撮影成功 | トップページ | 南極の地球影 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

ロシアに隕石が落ちるなど宇宙に関心が高まった2月でした。画像見ました。
ニュースでは、知識がないとみることはできないと。
そんな中、撮影できたなんて天候以外の技術があったからでしょう。

投稿: mexicali | 2013年2月19日 (火) 07時27分

mexicaliさん
まったく偶然と思えない隕石騒ぎでしたね。そのおかげでこの小惑星の影が薄くなってしまいました。
意外に双眼鏡で見れたみたいですね。私も見ようかと思ったのですが、動きが速とはいえ、手持ち双眼鏡では星との区別が付かないだろうと最初から諦めていました。見ればよかったです。
まあ、写真は晴れていればカメラを向ければ比較的簡単に写ったと思います。

投稿: まるひ | 2013年2月19日 (火) 21時35分

画像にうす雲も掛かっていますが、お見事です。ニュースが重なってしまったのも残念ですが、
ある意味100年に一度くらいの大きな隕石騒ぎと、距離から地球衝突すれすれの通過記事も
新聞で紹介されていました。お見事です。

写真展は一番星さんの当番でもあり、23日(土曜日)に伺う事となりました。

投稿: 電球 | 2013年2月19日 (火) 22時17分

電球さん、こんばんは
ありがとうございます。
さすがにあの日の天候でこれだけ撮れたのはよしとしなければなりません。でも世紀のイベントをものにでき満足してます。
23日に来られるのですね。私は自由のきく身ですのでその日に行くことにします。お会いできるのを楽しみにしています。

投稿: まるひ | 2013年2月20日 (水) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2012DA14撮影成功 | トップページ | 南極の地球影 »