« 去りゆく白鳥、昇るオリオン | トップページ | 日周運動三態 »

2013年1月 6日 (日)

あこがれのバーナードループ

5日はこの季節にしては奇跡のように晴れました。前日の予報で夜は期待できそうとわくわくしていたのですが、だんだんと悪い方にずれていき、だめかと思ったのですが、GPVでは20時頃から2~3時間くらい雲が切れる感じでした。正月休みで退屈していたし、だめでもともとと遠征してみることにしました。日が落ちてもなかなか雲はなくならないのですが、現地に着いてみると雲一つない快晴。場所は夏にくるいつもの早出ダムの近くです。雪は50cm~1mくらいありそうですが、普段撮影する農道のほんの100mくらい手前まで除雪してあります。なんの目的でここまで除雪するのかなと不思議なのですが、まるで私のためにしてくれたような気分です。

オリオン座全景

20130105orion

SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG(F4) Astro 60D(約-26℃) ISO1600 LPS-P2  8分×2枚を上下でモザイク合成 SEⅡノータッチガイド

バーナードループなんてなにをいまさらと思うでしょうが、まともに撮れたのはこれが初めてです。SIGMA 70mm買ったのもこれを撮りたかったからです。子供の頃、雑誌で103aEを使ったすばらしいバーナードループを目にして以来、いつかは自分でもと思い続けて四十数年、やっと叶った、という思いです。出来はまだまだではありますが、ともかく夢がかないうれしいです。

こちらはぎょしゃ座の天の川付近

20130105maga1

SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG(F4) Astro 60D(約-26℃) ISO1600 LPS-P2  8分×2枚 SEⅡノータッチガイド

ノータッチのためガイドがやや不正確ですが、SIGMAのマクロのシャープさはすばらしいと思います。

この日は23時に撤収するまで雲一つ流れてこない最良の天気でした。これほどいいなら直焦点の準備もしてくればよかったなあ、とちょっと後悔。まだM42とバラを撮っていないんです。でも撤収を始めたことから西から少し雲が迫ってきました。帰途の車から見るともう雲でいっぱい。自宅に帰った頃は雪までちらついていました。本当に短い冬の晴れ間でした。

|

« 去りゆく白鳥、昇るオリオン | トップページ | 日周運動三態 »

星野写真」カテゴリの記事

コメント

まるひさん
珍しく晴れたようで良かったですね。ぎょしゃの方はリニア彗星が写っていると思います。赤ものとM36,M37,M38と同一構図で良い感じだと思います。

投稿: 天狼星 | 2013年1月 6日 (日) 22時17分

撮影日は5日でしたね。微妙に外れているかなぁ!?私は4日の撮影だったので5角形の中にいましたが、、、

投稿: 天狼星 | 2013年1月 6日 (日) 22時21分

バーナードループ、素晴らしい出来ですね、光害もないからすっきりしています。私はまだ撮ったことが有りません。
私は遠征に出かける勇気が無くて家でテストしていました。久しぶりに上がったら、赤道儀が故障していました。近い雷が続いていましたからね。座標を記憶させておくために通電しっぱなしなので、しょうが無いですね。多分周辺機器だと思いますが。

投稿: けんちゃ | 2013年1月 6日 (日) 22時21分

オリオン座のモザイクよいですね。70mmだと収まりがよくて、落ち着いた構図だと思います。魔女の横顔もしっかり入っているし、この領域のお手本みたいです。暗い空でP2を使うと一層効果的ですね。

早出は、あの細い橋を渡った先まで除雪されているということですか?だったら冬でも撮影できますね。

投稿: tantan | 2013年1月 7日 (月) 08時53分

天狼星さん
ああっ、そうですね。調べてみたらわずかに視野から外れています。マイナー彗星は常にアンテナを張り巡らせているわけではないのでつい見逃してしまいます。
別に撮影した広角レンズでのコマには隅っこにひっそりと写っています。存在がわかる程度です。
わかっていれば視野内に入れたんですが…彗星は他の方のブログで知ることが多いです。もっと情報を仕入れる努力をしなければなりませんね。

投稿: まるひ | 2013年1月 7日 (月) 23時02分

けんちゃさん
なかなか冬場は遠征できないですよね。晴れても山は雪ですから入れませんし。70mmの画角はこのあたり撮るのにちょうどいいです。赤い物が多くて賑やかなところです。
赤道儀が雷でやられたんですか。大きな出費にならなければいいですね。火災保険などで雷による被害も補償してくれるものがあるそうです。私の職場も結構雷にやられますが、エアコンとか、それでなおしたことがあります。

投稿: まるひ | 2013年1月 7日 (月) 23時12分

tantanさん
露光不足とか、ノイズっぽいとか不満もありますが、初めての対象にしてはまあまあよく撮れたかなあ、とちょっとうれしいです。エンゼルフィッシュも全景が入ればよかったですが、2枚モザイクでは入りません。いつか4枚モザイクに挑戦したいです。
そうなんです。あの橋を渡った少し先まで除雪してあります。しかし、そこまでなんですよね。突き当たりは半径10mくらいをきれいにならしてあります。なんの意味があってここまでするのでしょうね。ともかく早出では真冬でも撮影ができることがわかりました。でも晴れなければしょうがないですよね。

投稿: まるひ | 2013年1月 7日 (月) 23時27分

まるひさん、明けましておめでとうございます。
Astro 60DとSigmaの70mmマクロの組み合わせで、大変シャープな画像になりましたね。同じ組み合わせでの撮影をよくやっております。ただ、大変シャープなので、ガイドには十分気をつける必要があると思います。

投稿: NIKON1 | 2013年1月 8日 (火) 21時00分

NIKON1957さん
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
この組み合わせはシャープですばらしいですね。いつもNIKON1957さんの作品をお手本にさせていただいています。今回は手間をかけずにノータッチでガイドしましたが、10分だと難しいです。70mmでもオートガイドの必要性を感じていますが、雪の上に機材を設置するのは大変なのでつい手を抜いてしまいます。

投稿: まるひ | 2013年1月 8日 (火) 23時41分

いやあ、このオリオン、いいですね。70mmで2枚モザイクというのもいいアイデアですね。2枚までのモザイクでしたらノータッチガイドでも手軽にできるので、標準から中望遠で撮影できる対象を、ぼくもいろいろと物色中。それにしても、胸のすくシャープさですね。大口径標準ズームでも、ここまでは写らないでしょうね。

投稿: 佐藤俊彦 | 2013年1月 9日 (水) 19時47分

佐藤さん
お帰りなさい、そして今年もよろしくお願いします。
ありがとうございます。70mmカミソリマクロの真価がようやく発揮でした写真になりました。以前一番星さんのお話で、モザイクするときはコンポジットしない、とおっしゃっていたので、限られた時間の中での撮影ならこういう気軽な撮影もありかと思っています。この焦点距離の対象はほかにもいろいろありそうです。県北だとナイターの終わったスキー場なら撮影できるでしょうかね。

投稿: まるひ | 2013年1月10日 (木) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 去りゆく白鳥、昇るオリオン | トップページ | 日周運動三態 »