« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月30日 (日)

ベストショット2012

今年は現実生活では子供の進路に大きな変化があった年でした。みんな着実に成長しひとり立ちしつつあるのはうれしいことです。いつか悠々自適で星見三昧の生活をしたいものですが、それはまだ先になりそうです。

天体関係では、今年は冷却一眼というちょっと大きな買い物をしました。しかし、天候が悪く十分生かしきれたとは言いがたい一年でした。晴天率は年々悪くなっている感じです。今年最大のビッグイベント、金環日食は群馬県に遠征し晴天にも恵まれ、丸い輪を見ることができ大感激でした。前回見られなかった金星日面通過も曇りがちながら撮影もできましたので、これもうれしい出来事でした。

さて、恒例の今年のベストショットですが、これを挙げたいと思います。

201229_2

2月29日の惑星直列。水星、金星、木星、月が一直線に見事に並びました。めったに見られない水星がこんなにはっきり見えたのも珍しいです。この冬ただ一回の快晴でこんなに美しい光景に出会えたことはとても幸運です。コメントも多くいただきましたし、大切な人へのプレゼントにしたいとのお申し出があったことはとてもうれしい出来事でした。この写真、オリジナルは魚眼での撮影で湾曲していますがPhotoshop CS6のレンズ補正機能で補正しました。主要なレンズに応じたパラメーターを持っているようで、クリックひとつでほぼ完璧に補正してくれます。

今年はいろいろとお世話になりました。いつもこのブログを訪問していただき大変感謝しています。なによりの更新の励みです。さて、来年は2つの大彗星到来が控えています。それを追い続ける一年になりそうです。

| | コメント (8)

2012年12月24日 (月)

諸行無常

昨日で大河ドラマが終わったからというわけではありませんし、マヤ暦が終わりを迎えたからでもないのですが、引き出しからこんな物がみつかりました。

Pict0027

100年カレンダー。正確には1950年から2050年までですので101年。トイレットペーパーのようなロール紙2mくらいの長さにびっしり書いてあります。確か30年くらい前、EPSONのHC-40というハンドヘルドコンピューターとプロッタプリンタを使って作成したものです。HC-40はノートパソコンの先駆けみたいなもので、A4サイズで単三電池駆動、CP/Mが走り、その上でBASICなど、いろいろなアプリを動かせました。カートリッジ式のインターフェイスが取り付けられるので、いろいろな計測器として応用できました。そしてプロッタプリンタは当時としては破格に安い出力装置として人気がありました。安いといっても3万円くらい。今ならカラーレーザープリンタだって買えますが、インクリボン式ドットプリンタでさえ15万円くらいしました。プログラムは確か専門学校に行っている友人から計算方法を教えてもらい、あとはいかに細密に美しくレイアウトするかに力を注ぎました。

これが拡大したもの

Img_001

あっていますよね。一応祝日もサポートしたのですが、休日が変わっていますし、春分秋分は固定してますのであんまり役立ちませんね。

しかし、自分の一生をこれ一枚で見渡せるんですよね。自分が死ぬ日はどの辺だろうと思って眺めると人生って短いなあ…とつくづく感じます。最近なにもしないで一日を終えると、なんかもったいないという気分になります。あとどれくらい生きられるかは神のみぞ知るところですが、一日一日無駄にできないですね。

| | コメント (6)

2012年12月21日 (金)

滅亡していません

そういや今日は人類滅亡の日でした。もう日が変わりますがまだ滅亡していないようです。映画にもなっていましたよね。私、映画館で観ました。CGだけがすごくて、恵まれた主人公が超絶ラッキーの繰り返しで危機を乗り越えて生き延びる、みたいな。自分と家族だけ助かりゃいいや、といった感じであんまり後味いい映画じゃありませんでした。

海外ではマジメに信じてる人がいてシェルターとか売れてるらしいです。ノストラダムスの時も日本人はあんまり話題にもしなかったような。正常性バイアスも効き過ぎると災害時に命落とすこともありますが、まあ今回はないですよね。とはいえ、私も子供の頃はこういうのちょっと信じたこともありました。小惑星イカルスでしたっけ1968年に地球に衝突するとか言われてとても怖かったです。結局月の2倍の距離を通り過ぎていきました。

写真がなにもないのも何なので、地球滅亡の日っぽい写真をアップします。

2005

あと2分で日付が変わりますが、まだ滅亡していません…

| | コメント (8)

2012年12月19日 (水)

アンドロメダ再処理

9月に撮ったアンドロメダ大星雲(M31)を再処理してみました。

2012091231

これはちょっとお気に入りなのでサイズを大きくしてみました。

インチキフラットをやり、丁寧に仕上げてみました。なるべくあぶり出しにならないよう、星雲マスクは本体に軽くアンシャープマスクをかけるくらいにとどめ、星マスクで時間をかけながらトーンカーブで仕上げました。元画像がいいので淡い部分もきれいに浮き出ました。同じ週に撮ったM33は気に入っていないのですが、なにがぱっと見の印象を決めるのでしょう。私はやっぱり空だと思います。多少空が悪くても画像処理でなんとかなるさ、と思っていた時期が私にもありました。でもやっぱり違いますよね。いくら画像処理でいじってもごまかしききません。それにいろいろ奇をてらった表現しても美しいとはいいがたい。どんな対象、どんな光学系であってもその写真がもっとも美しく見える処理というのがあるはずです。そういうのをこれから目指していこうかな、と、この作品見て思ったりしちゃいました。

| | コメント (6)

2012年12月15日 (土)

2つになっちゃった

この間オークションでプリンタ、Canon PIXUS ip8600を落札したばかりでしたが、ひょんなことからもう1つ手に入っちゃいました。

Pict0026

どうしましょう。2台あってもしょうがないし。今回手に入ったほうがきれいなのでこっちを残してまたオークションに出品しようなか。

このプリンタ、8色インクで当時としては上位機種でした。今でも十分使えます。Windows8でも一応使えていますが、ドライバインストールの問題があります。Windows8用には供給されていません。Windows7用にはインストール時にドライバのアップデートで現れます。メーカーからダウンロードはできません。ですのでファイルとしてとっておけないのでWindows8から単独でインストールできません。一旦Windows7でインストールして使える状態にしたところでWindows8にアップグレードするという方法を取らざるをえないようです。面倒ですね。再インストールする羽目にならないよう気をつけねば。

まだこれのカラーマッチングができていません。きれいに印刷できるようになったら何かフォトコンに応募したいのですが、暇があったらじっくり研究します。それ以前にいい題材を撮らなければね。

| | コメント (0)

2012年12月13日 (木)

白鳥星景

とても貴重な晴れ間、多少雲があろうともせっかくの新月ですので撮影にと出かけました。でも望遠鏡持ち出すほどいい空でもないので手軽に星景にしてみました。

201212131

白鳥の湖、瓢湖。雑誌やカレンダーにも載っているので一応全国区かも。仕事が終わって出先から直接向かいました。30分ちょっとです。

201212132

そういえば今晩はふたご座流星群の極大日ですね。これを書いている今は快晴です。新潟県の流星ファンはこの奇跡の晴れ間に喜んでいることでしょう。私も車で待機中に2個ほど見ました。撮影中にも何個か見えました。でも本格的に撮影とかしません。実は流星にはあんまり興味ないです。星景撮影中に写ればもうけもの、という気分です。

また明日から天気悪くなりそうです。冬場はこんな感じの星景しか撮る物がありませんが、それもまた楽しみと思うことにします。


| | コメント (2)

2012年12月12日 (水)

記念すべき

こういうの狙っていた人、世界中で無数にいるんでしょうね。

121212

| | コメント (2)

2012年12月11日 (火)

garbage in, garbage out

ガーベジイン・ガーベジアウト

情報処理において、ゴミのデータを入力してもゴミの結果しか出てこないという意味です。私は画像処理で、元画像が悪ければどんなにがんばっても元画像よりいい結果は得られない、と解釈していました。間違いではないですよね。

201209156

9月に撮ったM33を再処理してみました。過去のM33と比べても悪くはないと思います。自分ではまあまあお気に入りです。しかし、ぱっと見で心からいいと思える作品ではありません。なぜか…おそらく空の状態が微妙によくなかったのでしょう(まあ、技術的なものも多々あるとは思いますが)。そういうものを目は一瞬にして見抜くのだと思います。

なかなかいい元画像を得られる機会に恵まれません。新潟は比較的簡単に暗い撮影地に行けるのに天候でずいぶん損をしている感じがします。

| | コメント (2)

2012年12月 9日 (日)

避難したい

週末は大暴風雨。まだ12月なのにこんな悪天候が続くのも過去にあんまり記憶にないです。北極からの寒気が大きく南下しているらしいですが、たしか去年もこんな感じだったような。毎年こんなんだと思うとやんなっちゃいます。

冬は関東に避難したいです。空っ風が冷たいとかいいますが、キリッと晴れ渡った空は気持ちがいいのでしょうね。

Img_9269

Img_9270

新潟はどんより空でも向こうではこんな星空にお目にかかれるんですね。ああ、うらやましい。

| | コメント (6)

2012年12月 3日 (月)

湖めぐり

今日の明け方と昼間が冬前に天が恵んでくれる最後の晴れ間だったんでしょうか。いい天気でした。しかし、週末でもないし、新月期でもないのであんまり恩恵はありません。月が登るまではわずかな時間なので何を撮ろうかと思ったのですが、さくっと星景を撮ることにしました。

Img_9271

福島潟の星景です。ソフトフィルター「PRO1D プロソフトン[A](W)」のテストです。EOS 60D(ノーマル)TOKINA AT-X116 PRO DX 11-16mm F2.8(F4)、CD-1の減速微動で1分です。いい具合に星が大きくなって星座がよくわかりますね。

このあと、瓢湖に向かいました。オリオン座が昇るのを撮ろうと思ったのですが、昇る前に薄雲がかかってきました。フィルター効果を試せないのもつまらないので撮影やめました。せっかくだから1枚くらい撮ろうかとも思いましたが、駐車場から機材を抱えて歩くのも面倒になりました。観光地はこうなんでちょっと不便です。白鳥の声だけは聞こえました。白鳥星景だけでも撮ればよかったかなあ。

| | コメント (4)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »