« 絞り入れてみました | トップページ | 歳月 »

2012年11月11日 (日)

2つの40年ぶり

この週末、40年ぶりの出来事が2つありました。

一つは中学校の同窓会。同窓会自体は5年に一度やっていますが、今年は40周年記念です。でも40年ぶりに出会ったクラスメートもいました。とても会いたかったあの子…とか。うれしかったです。
しかし、亡くなっていた友達も6人いて、その中に、今日会えるかな~、と楽しみにしていたやつもいたのはちょっと悲しかったです。6人のために黙祷を捧げたのですが、黙祷に入る直前ステージの横断幕が落下。6人が来ているんじゃないかと一時騒然。ま、それならそれで楽しいことでしょう。ちょっとしたハプニングを起こしてくれてありがとう。

もう一つの40年ぶりは飯山線でのSL復活。この日に合わせたかのように同窓会があったので都合よかったです。

10日上り内ヶ巻付近

Img_9116

Img_9120

ちょっと雨にたたられたのでズームで手持ち撮影です。期せずして流し撮り風になりました。どこに行ってもカメラの放列です。場所探しに苦労しました。

このあと、十日町まで行きホテルにチェックイン前に14時45分発の下りを駅から撮りました。

Pict0002

Pict0010

ホテルの駐車場から散歩がてら出かけたのでコンパクトデジカメです。転車台がないので反対向きになっています。隣のおばあちゃんが「昔はあそこに転車台があって、そこに入って怒られたもんだ」とか話していました。そういえば私も給水塔とか見た記憶があります。このすぐあと同窓会でしたので、そそくさとホテルに戻りチェックインして会場に。

翌日同窓会の余韻もさめやらぬ朝、上りの撮影に出かけました。

中条と下条の中間あたり。迫力を出してみようとBorg 60EDを使いました。

Img_9158

ちょっと遠くで迫力不足だったのでトリミングしました。この日は上りが後ろ向きです。風が強くて煙がすごい。煙ってコントロールできるんですよね。40年前まで走っていたときはこのあたりは勾配がないのでほとんど煙は出しませんでした。これは演出なんでしょうね。

下りまで時間があるのでクロス10で家族へのお土産買いに行きました。そこで昔走っていたC56の写真集が売っていましたが、中を見ると私が撮っていた写真とそっくり。一瞬マジで、私の写真どこかで使われたんだろうか、との考えが頭をよぎったくらい。まあ、でもこの辺で撮る写真はみんなこんな風になるんでしょうね。ますます早急に懐かしのC56HP立ち上げが責務と感じられました。

下りの中条駅前

Img_9182

最も十日町らしい魚沼丘陵をバックにしたかったのですが、周りに車とか多いし、線路が低かったのでちょっと残念な写真になってしまいました。

このあとぎりぎり間に合いそうなので魚野川鉄橋まで車で疾走します。前後の車は同じことを考えているらしく、猛スピードで走っています。ついて行ったら案の定魚野川の橋の上で止まりました。間一髪、着いてカメラを持って外に出たとたん鉄橋を渡り始めました。

Img_9189

道路横切る余裕もなかったので構図がうまく行かず、トリミングでごまかしています。ちょっとイメージと違うんですが、間に合っただけよしとします。

川口と小千谷で止まる時間があり、追い抜いてもう一回くらい撮れそうでしたので小千谷と長岡の間で待ちかまえました。

Img_9197

ここは撮り鉄は少なかったですが、近所の人たちがたくさん集まってきました。鉄道ファンだけでなく一般の人たちもやっぱり興味があるんですね。おばあちゃんとかは特に懐かしさで観ている人が多かったようです。

Img_9201

さようなら。また来年も走ってください。今度はC56がいいなあ。まだ梅小路には動体保存のものがあるはず。実現したら夢のようです。あ、同窓会も5年後還暦の集まりを約束して分かれました。

|

« 絞り入れてみました | トップページ | 歳月 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

機関車って良いですね。
迫力があって、懐かしさもあって、人情も自然もある。撮りようによってはいろんな表情が見れるのですね。どれも良い構図とタイミングだと思います。新日本紀行を思い出しました。さすが昔「撮った」杵柄?

私もばんえつ物語号くらいは毎年撮ろうかなと思っています。高じてジオラマとかに嵌ったら最後ですね・・・

投稿: tantan | 2012年11月12日 (月) 09時27分

全く鉄道には興味なかったのですが、写真を観せていただいて、なんやらモワモワと不思議に快く懐かしく和やかな気持ちが湧いてきました…高田町の踏切で鳴っていた遮断機の音・トンネルでは慌てて窓を閉めたこと…

…そのジオラマにハマりそうな気配の、遅咲き鉄子です…

投稿: おかめ | 2012年11月12日 (月) 11時11分

tantanさん
SL撮影はあらゆる写真の魅力を兼ね備えていますので、計画段階から楽しいですよね。
今回は通過の1時間以上前から場所を決めてじっと待っていましたが、その間もわくわくしてました。遠くから汽笛が聞こえ始めるとだんだん気分も高揚してくるのがなんともいえません。
ばんえつ物語号も行きたいと思っているのですが、いつでも撮れると思うとなかなか腰が上がりません。こういう1度あるかないかというイベントのほうが真剣になります。

投稿: まるひ | 2012年11月12日 (月) 19時42分

おかめさん
地元の人たちも昔を懐かしんで見学に来ていた人が大勢いましたよ。鉄道そのものに興味があるというより郷愁なのでしょうね。私も家が線路に近かったので、汽笛がなってからカメラ持って飛んでいきました。
クロス10でジオラマありました。やってみたい誘惑に駆られましたが、鉄道模型にはまったら最後ですね。時間とお金を食いつぶします。見るだけにしておきましょう。

投稿: まるひ | 2012年11月12日 (月) 19時50分

 いい感じで撮れていますね、アルバムを作れるほどの作品を撮られているんですね。凄いことです。
 私なんぞ全ての写真において殆ど保存がありません。デジタルはサーバーのクラッシュで無くしたし、古いネガは女房が捨てたし!

 BORGのページでも拝見しましたよ!ファーストネームが私と同じ文字でした。だめな私です。

投稿: けんちゃ | 2012年11月13日 (火) 12時50分

やはり背景の山が白いぢゃないですか!
あす、スタッドレスに履き替えます。

投稿: | 2012年11月13日 (火) 17時47分

煙もくもくの写真、良い感じです。
で、この写真拡大表示すると窓を開けてる人が。
勇気があるというか客車内迷惑千万と言うか。。。。
楽しまれたようで良かったです。

地元では来年のSL実現を目指して運動を継続して行くようです。
sl10kamachi.jimdo.comではWebからも写真コンテストを募集していますからお一つどうですか?

投稿: | 2012年11月13日 (火) 17時59分

けんちゃさん
小中高校と5年間くらいSLを追い回していた時期がありました。それなりにたくさんありそうです。ヘタですが、年数もたてば記録的価値もあるかもですから、なんとかHPにして公開したいと思っています。
あ、BORGに掲載されましたね。今までも何度か送ってボツになっていたので期待してなかったのですが、久々の掲載でうれしいです。
私は親しい友人からはけんちゃんと呼ばれることもあります。

投稿: まるひ | 2012年11月13日 (火) 20時09分

先さん
あの雪は越後三山ですね。苗場山のほうも雪をかぶっていましたから里に下りてくるのももうすぐですね。
久々のSL撮影で勘がつかめなかったのですが、煙もくもくだけは自分でもちょっとお気に入りです。あんまり煙がすごいのでちょっとがっかりしたのですが、こうしてみると逆に迫力ありますね。
来年も実現したら今度は用意周到に出かけようと思います。
コンテストかー。まあ、だめでもともと、応募してみようかな。

投稿: まるひ | 2012年11月13日 (火) 20時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 絞り入れてみました | トップページ | 歳月 »