« 地球影 | トップページ | パワースポット巡り »

2012年10月 1日 (月)

巨大彗星?現る

なにやら巨大になるらしい彗星が発見されたようです。アイソン彗星。

Ison1

まだ先ですが、2013年11月28日には太陽に最も近づき、-13等級まで増光する…かもしれないとのこと。尾はどのように伸びるのでしょうね。もし、長大な尾が伸びれば本体が見えなくても地平線上の尾が見えるかもしれないですね。

今日から2014年1月3日までの軌道はこんな感じになるようです。

Ison2

2013年9月頃までは双子座から獅子座のあたりをゆっくり動いていますが、その後急速に蠍座に向かっていきます。11月28日で折り返して北に向かいます。近日点通過前から通過後は明け方に見えますが、しばらくするすると周極星になり一晩中見えるようになります。このときもまだ2~3等級の光度を保っているようです。1月に入ると4~5等級まで暗くなり急速に暗くなる、という見え方になりそうです。今回はラブジョイ彗星のように南半球に行かないので日本で十分観測できそうです。

イベントものは大好きなので今からわくわくしています。でも彗星は騒ぐと光度を上げないという言い伝えがありますから、まあ、そのときにならないとわかりませんね。

|

« 地球影 | トップページ | パワースポット巡り »

星見」カテゴリの記事

コメント

アイソン彗星はとてつもなく明るくなる予想ですね、パンスターズ彗星も来るし、楽しみですね。

投稿: けんちゃ | 2012年10月 2日 (火) 00時23分

まるひさん、新潟は台風が去っても雨が残ることが多い気がしませんか?台風一過の青空って、私の記憶には多くないです。

確かに前評判の高い彗星は大化けしないジンクスはありますね。ラブジョイは見えなかったし、最近大きな彗星を見ていないので楽しみです。

投稿: tantan | 2012年10月 2日 (火) 07時45分

こんにちは。
アイソン彗星楽しみです。
この彗星は1680年に出現した大彗星(尾の実長が1AUあった)に軌道が似ているという指摘があります。1680年の大彗星とアイソン彗星が兄弟?だとするとさらに期待が高まります。
近日点通過のころのシミュレーションが楽しいです。
月齢を考えると、もっとも見事な姿を見られるのは12月7日から15日の明け方でしょうか。冬の天気の悪い時期ですが、1日くらいは見るチャンスはあるでしょう。

投稿: skame | 2012年10月 2日 (火) 09時51分

けんちゃさん
パンスターズ彗星というのも来るんですか?
恥ずかしながらイベント物は好きなのですが、彗星の情報にはあまりアンテナを張っていません。たまたまネットのニュースなどでしるくらいです。
今度からはアストロアーツのHPも巡回リスト期加えます。

投稿: まるひ | 2012年10月 2日 (火) 23時34分

tantanさん
せっかく満月期を過ぎたのに晴れなくなってしまいましたね。9月~10月って毎年こんなものでしたっけ。
大きな尾を引く彗星はへールボップが最後だったでしょうか。百武はあまり明るくなかったけど、真夜中にも長大な尾をみせてくれたような記憶があります。
あれからもう15年ですからそろそろ大きなのが出てもいい頃ですね。

投稿: まるひ | 2012年10月 2日 (火) 23時44分

skameさん
すでにいろいろお調べになっているのですね。
そうですね、月との関係も調べないと。あと天候も。
11月末~12月初めは冬に入る前、最後の晴天のチャンスですから期待しています。いろいろシミュレーションするのも楽しいですが、まだ1年以上先のことで、鬼が笑いそうです。

投稿: まるひ | 2012年10月 3日 (水) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地球影 | トップページ | パワースポット巡り »