« 奇病にかかりました | トップページ | さんかく座中星雲 »

2012年9月14日 (金)

アンドロメダ大星雲

M31というのが一般的ですが、昔の天文少年としてはアンドロメダ大星雲という呼び方が好きです。銀河ではなく、大星雲。

20120912m311jpg

Borg 101ED+0.85レデューサー Astro 60D(約-9℃) ISO1600 10分×2枚+8分×2枚+3分×2枚

画像処理はマスク処理をせず、トーンカーブのみで仕上げました。初めマスクしてみたのですが、迫力は出るものの不自然。美しくありません。しっかり撮像すれば下手なテクニックは不要ですね。

せっかくなので大きな画像です。

20120912m312

さかさまにしてみました。このアングルだと上から俯瞰して見ていることになるのでより臨場感がでます。あんまり構図を天の北にばかりこだわるとおもしろくないですね。

今回は冷却のすばらしさを実感しました。コンポジット枚数は決して多くないのですが、実になめらかに美しく写ります。最初は冷却の効果はどれほどのものかと思いましたが本当にすばらしいです。オリオン大星雲を撮るのも楽しみです。

|

« 奇病にかかりました | トップページ | さんかく座中星雲 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

まるひさん
 素晴らしい「アンドロメダ大星雲」です。
確かにしっかりと露出された画像は強調処理をしなくても綺麗ですね。

私のCDS-600Dもケラレが修正されて戻ってきました。ただεがまだ不具合です。屈折が欲しくなってきました。

投稿: けんちゃ | 2012年9月14日 (金) 01時56分

アンドロメダ大星雲、すばらしい写りですね!こんなにきれいなのはあまり見かけません。
望遠鏡で見ると下の写真パターン(倒立)なので、私はこっちの方が見た時のことを思い浮かべやすく、臨場感を感じます。イイですね!

投稿: ちーすけ | 2012年9月14日 (金) 07時03分

まるひさん、今年のM31は一味違いますね。冷却で背景が滑らかだと周辺の構造が自然に浮き出て見事ですね。それに早出のように暗い空だと無理なカブリ補正が要らない分見たままのような感じに星雲が浮き出ますね。

投稿: tantan | 2012年9月14日 (金) 08時41分

前記事のケフェウス座の銀河NGC6946と散開星団NGC6939も良いですが、
M31じゃぁ無くてアンドロメダ大星雲は、大迫力でよいですね。(笑)
昨日は単なる夜遊びに出かけてきました。

それとPCの件、コメントを有り難うございます。C:、D:と分けてなくてC:にOSが記録されているようで、
リカバリーCD類が無いのですが、可能でしょうか?

また、最近HDDも容量の小さいのは手に入らないかと思いますが、
生産終了後10年ほどになりますが、捨てがたいので・・・。

HPのノートの容量アップ交換した物で、外したHDDも有りますが、
確か40GBだったかな?とにかくOSが問題なんですよね。

投稿: 電球 | 2012年9月14日 (金) 14時10分

コメント順でなくてすみませんが、
電球さん
OSなくても大丈夫です。裏面のプロダクトキーがあればOKです。
ドライバはダウンロードできます。
ハードディスクは80GBを持っています。
運が良ければ壊れたハードディスクからデータを吸い出せるかもしれません。
よろしければ、プロフィールに書いてあるメールアドレスにメールください。詳しいことお知らせします。

投稿: まるひ | 2012年9月14日 (金) 16時32分

けんちゃさん
どうもこれをM31と呼ぶのは蒸気機関車をSLと呼ぶようで、おじさん世代にはアンドロメダ大星雲のほうがしっくりきます。
最近某ブログでもマスク不要論を見かけますが、確かにマスク使わずに処理できればそれにこしたことはないですね。たぶん私がへたくそなんですが、どうしてもあぶり出しになってしまいます。
CDS-600Dの成果も楽しみです。私はいいかげんな性格なので反射のようなデリケートなものは扱えません。

投稿: まるひ | 2012年9月14日 (金) 19時31分

ちーすけさん
ありがとうございます。
あのドブで見たらアンドロメダ大星雲もこんな風に見えるんでしょうね。
しかし、逆さまにしてみると不思議な立体感があります。別の銀河みたいです。
宇宙に上も下もないのに変ですね。

投稿: まるひ | 2012年9月14日 (金) 19時37分

tantanさん
過去の作品と比較すると格段にきれいです。冷却様々です。
実はこれ、フラットしていません。フラットが決まらずいわゆる過補正になってしまいます。フラットフレーム使わずにステライメージやフォトショップで補正しました。でもやっぱり空がいいせいか、補正といっても気持ちかけたくらいです。
色はトーンカーブで各色を微妙なマウスワークで付けました。恒星ににじみもないせいか、色彩強調しても星に変な色がつきません。もう少し派手にもできましたが、これくらいにしたのは私の意図です。基本的には地味系が好きです。

投稿: まるひ | 2012年9月14日 (金) 19時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 奇病にかかりました | トップページ | さんかく座中星雲 »