« お嫁に出そうかと | トップページ | 月も撮ります »

2012年9月23日 (日)

たまには映画鑑賞

土曜日の夜、映画を見てきました。もちろん「天地明察」。今年の天文ブームに合わせて作られたのはあきらかですが、天文ファンなら見ておきたい映画です。

Tenchi

ストーリーは簡単にいうと江戸時代に正しい暦を作るために命を賭けた星好き男の物語。一般の人には退屈な話かもしれませんが、主人公が天文マニアというところに感情移入させられて結構楽しめました。

こういう映画を見るとどうもトンデモ天文考証がないかとうがった見方をしてしまいますが、あんまりなかったです。それより、意外と夜空のシーンは少なかったです。いくつかあったとすると

  • 部分日食が始まった直後にすぐ暗くなる
  • クライマックスの日食が皆既でもなく金環でもないように見える
  • エンドロールの背景の星空で天の川の位置が変

これくらいでしょうか。あんまり細かいところまでこだわると楽しめないので気にしません。星座の形はけっこう正確だったと思います。エンドロールに天文ガイドの名前がありました。

いつの時代にも理系は必要なのですね。2時間20分の比較的長い映画ですが退屈せずに見られました。CGてんこ盛りの外国映画よりずっとおもしろいですね。

|

« お嫁に出そうかと | トップページ | 月も撮ります »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

天地明察はTVなどで、紹介されていて興味があります。
ロードショー(古いかな?)で、6分ほどのところにある近くのイオンモールに
是非見に行きたい映画です。
まるひさんのように、時代考証が正しかったかの、考察??はできませんが、
俳優の岡田氏の演技なども時代劇では?と見所かなと思います。
時代劇の大御所の数が少なくなったこともあり楽しみにしています。
O歳割引もあると聞いていますので・・・。(笑)

投稿: 電球 | 2012年9月23日 (日) 08時20分

普通エンドロールが始まると席を立つ人が多いですが、このときは一人もいませんでした。やっぱり最後まで見てみたいという天文ファンが多かったのでしょうか。
映画の天文考証は結構でたらめが多いですね。この間DVDで見たApollo13では三日月の影の中に星がありました。
私は「夫婦どちらか50歳以上なら割引」の特典が使えますが、女房は付いてきてくれませんでした。O歳割引が使えるのはもう少し先です。

投稿: まるひ | 2012年9月23日 (日) 12時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お嫁に出そうかと | トップページ | 月も撮ります »