« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月28日 (金)

地球影

今日はすばらしい透明度。レベルで言えば最高レベルです。今日こそは例のものを撮れるだろうと、仕事の予定もそこそこに撮影地へ。しかし、着いた当初の日没30分前くらいまでは雲もなく期待できたのですが、日が落ちるにつれ太陽の周りにだんだん雲が。太陽周辺には雲が湧きやすいのでしょうか。結局雲の中に没してしまいました。この対象の難しさは透明度などの条件もさることながら、低空に雲がないというのが高いハードルになっているみたいです。そう簡単にお目にかかれません。

意気消沈して帰途につく途中、こんな光景が目に入りました。

Img_9069

地球影(ちきゅうえい)というらしいですね。つまり地球の影。こういう光景はときどき目にしていましたが、そいう名前があるとはこの間知ったばかりです。これも透明度が高くないと見られないものです。今日はこれを見られたことでよしとするかな。

| | コメント (8)

2012年9月27日 (木)

昼間の網状星雲

今日空を見上げたら、おお、網状星雲ではないですか。

P1010044

夕焼け雲ならもっときれいなんでしょうね。

私は鞄にいつもコンパクトデジカメを入れています。車にも1台入れています。ですので突発的な現象でも一応写真は撮れます。携帯(スマホ)でも撮れますが、ほとんど撮ることはありません。画質が300万画素のコンパクトデジカメにも劣るので撮る気になれません。これは緊急用です。ただ、最近一眼レフは持ち歩きません。前は車に常駐していましたが、車を新しくしたら車内を乱雑にできなくなりました。でもそろそろまた竜巻シーズンなので常駐しておこうと思います。今度は動画を撮りたい、ってそんなに何度もチャンスがあるでしょうかね。

| | コメント (2)

2012年9月26日 (水)

通い詰めてます

このところ、夕方晴れるとみると海に通い詰めています。あるものを撮る目的です。

Img_9037

職場からは約10kmなので15分程度です。1ヶ月くらい前はもっと遠くの西に行かなければならなかったのですがだんだん手前の東側でもよくなってきました。しかしまだ撮影に成功していません。もしかしたら永久に成功しないかもしれません。まあ、根気よく通い詰めようと思います。成功したらご紹介します。

太陽は沈んでしまいました。振り向くと月が。

Img_9044

こういう写真が撮れただけでもよしとするかな。

| | コメント (8)

2012年9月25日 (火)

月も撮ります

変わりやすい天気でした。朝、晴れていたかと思うと昼頃には雨。再び晴れてきれいな夕焼けが見えたと思うとまた雨。と思ったら晴れ…

そんな合間にも月がきれいだったので撮影してみました。

Img_9032_2


Borg 101ED+1.4倍テレコンバータ、EOS X3直焦点

月は難しい。万人が見慣れている対象だし、星雲と違って実際に肉眼で見えるものなのでごまかしがきかない。たまに投稿写真で息をのむ美しい月面を見ますが、どういう技術を使うのでしょう。見当が付きません。撮るのは簡単だけど最高の結果を得るのはきわめて難しい。

職場に機材のすべてを持ってきてからは月も手軽に撮れるようになりました。駐車場から簡単に撮れます。今までは自宅でしたが、庭や玄関先からだと北極星が見えないのでうまく追えません。屋根があるので天頂近い月は写せません。帰宅してからだと遅い時間なので上弦の月前後はすでに低くなっています。ですが、これからはこれらの条件はクリアできます。しばらく惑星も撮っていませんので、今シーズンは木星にも挑戦します。機材を職場に置くというのもなかなかいいものです。

| | コメント (8)

2012年9月23日 (日)

たまには映画鑑賞

土曜日の夜、映画を見てきました。もちろん「天地明察」。今年の天文ブームに合わせて作られたのはあきらかですが、天文ファンなら見ておきたい映画です。

Tenchi

ストーリーは簡単にいうと江戸時代に正しい暦を作るために命を賭けた星好き男の物語。一般の人には退屈な話かもしれませんが、主人公が天文マニアというところに感情移入させられて結構楽しめました。

こういう映画を見るとどうもトンデモ天文考証がないかとうがった見方をしてしまいますが、あんまりなかったです。それより、意外と夜空のシーンは少なかったです。いくつかあったとすると

  • 部分日食が始まった直後にすぐ暗くなる
  • クライマックスの日食が皆既でもなく金環でもないように見える
  • エンドロールの背景の星空で天の川の位置が変

これくらいでしょうか。あんまり細かいところまでこだわると楽しめないので気にしません。星座の形はけっこう正確だったと思います。エンドロールに天文ガイドの名前がありました。

いつの時代にも理系は必要なのですね。2時間20分の比較的長い映画ですが退屈せずに見られました。CGてんこ盛りの外国映画よりずっとおもしろいですね。

| | コメント (2)

2012年9月21日 (金)

お嫁に出そうかと

Astro 60Dが来て以来、出番が少なくなった改造X2で撮影してみました。

201209122

201209123

LPS-P2をつけていますが、夏場の気温の高さでノイズがすごいです。赤物を撮ると特に目立ちます。冷却用電源がいらないのでお手軽撮影用に取っておこうと思ったのですが、冷却60Dの威力を知ってからはほとんど使う気がうせています。X2はノイズが少ないと言われていますが、特にそう感じたことはありません。もしかしたら外れだったのかもしれません。使わない物を手元に置くのは嫌いな性分なのでお嫁に出そうかな…とか考え始めてきました。そして代わりに冷却と同じ60Dのノーマルが欲しいです。60Daならなおいいですが、ちょっと高いし、一般撮影用にも使いたいです。そうなるとX3も不要ですのでそれもお嫁に出せばさらに持ち出しが少なくなります。う~ん考えどころです。

といっている間に6Dなるものが発表されました。60Dと同じサイズでフルサイズ。価格もフルサイズにしては安い。気になるのは星に使えるかです。作例に星景写真がありましたが、私にはいいか悪いかの判別ができません。他のかたのレビューを待ちたいところですが、まあ、たぶん買わないでしょう。レンズも買い直さなければならないですし。そこまで出費を大きくできません。

ちょっと小金ができるといろいろ妄想してしまいます。妄想だけで終わりそうな予感もしてます。

| | コメント (6)

2012年9月20日 (木)

小銀河2態

15日に撮りました、小銀河。

201209153

ケフェウス座の銀河NGC6946と散開星団NGC6939です。やっとまともに撮れました。こういう小粒の銀河が好きなのですが、本当ならもっと長焦点でないと見栄えがしません。せめて宇宙に浮かんでいる雰囲気だけでも味わえればと思います。

こちらはNGC253

201209154

70mmなのでファインディングチャート代わりです。小さく見えるけど確か全天でM33に次ぐ3番目に大きな銀河かと。これも好きで1シーズンに1回は撮ります。

そろそろ月も明るくなり始めています。ネタがなくなる時期ですが、少しストックがありますので、なにかお見せできると思います。でも期待しないでください。つまんないかもしれません。

| | コメント (2)

2012年9月16日 (日)

さんかく座中星雲

15日は土曜日で新月1日前。GPVを見るとあまり芳しくないのですが、星空予報は100%.。最近あまりGPVはあてにしません。予測に反し意外に晴れることが多いです。いつもの早出の撮影地に出かけました。出かける前は入道雲が出ていましたが、到着したときはほぼ快晴。しかし、機材設置が終わった頃から薄雲が出始め、思うように撮影できません。1対象取り終えた22時頃から本曇りに。なかなかなくならないので23時頃までによくならなければ撤収しようかなと考えていたらなんとか撮影出来るくらいにまで回復。

M3320120915


M33です。大きな銀河の割に通称名がありませんね。Borg 101ED+0.85レデューサー  LPS-P2 Astro 60D(約-8℃) ISO1600 15分×4枚+10分×2枚

こちらも迫力感を出したいのでトリミングして少し大きめ画像にしました。これも通常の構図の逆さまです。こっちが上からの俯瞰ですよね。たぶん…

M31よりも星像が鮮明でないです。ピントは合っているはずです。シーイングが悪かったせいか、結構薄雲が通過していたせいかもしれません。ガイドは比較的よかったのですが、すべてのコマで星が少しいびつです。レデューサーの相性かもしれません。まあ、等倍にしなければわからないほどですが。

例により抑え気味の画像処理です。散光星雲を出したくてLPS-P2をつけましたが、あまり効果はなかったようです。点在するこれらを強調するワザを私は持っていません。

1時頃から完璧な快晴になりました。透明度も最高。しかし最後のコマを取り終えたところでバッテリーが切れてしまい、パソコンがダウンしてしまいました。まあ、これで止めようと思っていたのでちょうどけりが付きました。新月期の土曜日でも日の出前に帰るへたれです。

| | コメント (6)

2012年9月14日 (金)

アンドロメダ大星雲

M31というのが一般的ですが、昔の天文少年としてはアンドロメダ大星雲という呼び方が好きです。銀河ではなく、大星雲。

20120912m311jpg

Borg 101ED+0.85レデューサー Astro 60D(約-9℃) ISO1600 10分×2枚+8分×2枚+3分×2枚

画像処理はマスク処理をせず、トーンカーブのみで仕上げました。初めマスクしてみたのですが、迫力は出るものの不自然。美しくありません。しっかり撮像すれば下手なテクニックは不要ですね。

せっかくなので大きな画像です。

20120912m312

さかさまにしてみました。このアングルだと上から俯瞰して見ていることになるのでより臨場感がでます。あんまり構図を天の北にばかりこだわるとおもしろくないですね。

今回は冷却のすばらしさを実感しました。コンポジット枚数は決して多くないのですが、実になめらかに美しく写ります。最初は冷却の効果はどれほどのものかと思いましたが本当にすばらしいです。オリオン大星雲を撮るのも楽しみです。

| | コメント (8)

2012年9月13日 (木)

奇病にかかりました

鼻の奥で常にミントの香りがしています。食べ物を食べてもそのにおいが混じるのでまずくて仕方がありません。原因不明です。ネットで検索してみても症例がありません。たまに見つかっても詳しい病名とか、治療方法はありません。いったいなんなのでしょう。

年に1~2度こういう症状に見舞われ、そのうち治るのですが発症するきっかけがわかりません。ミントの香りというのは私がミントのガムを好んで噛むからです。コーヒーも飲むのでそれにコーヒーの香りが混じると最悪です。なので、今回は症状が出てから大好きなコーヒーも絶っています。気のせいか、目までスースーします。粘膜が敏感になっている感じです。

思えばこうなる少し前にかなりミントの刺激が強いガムを噛んだのが原因かなという感じがします。それが嗅覚神経を一時的に狂わせているのではないかと。鼻の奥に香りがこびりついているのかと思い、鼻うがいをしてみましたが、うがい薬にミントが入っていて逆効果でした。

症状出てから10日立ちましたが、少し改善に向かっているようです。コーヒーは薄くして少しずつ飲めるかな。ミントガムはしばらく止めます。

昨日はややいい天気でしたので久しぶりに遠征しました。成果は大物が一匹というところです。時間かけて処理したいのでそれはあとでお見せします。写真がなにもないのもなんですので、失敗で日の目を見ることがないだろう対象を撮って出しで一枚。

Img_8994

ケフェウス座の銀河NGC6946と散開星団NGC6939

対比が美しく好きな対象ですが、まともに撮れたことがありません。小物は後回しになるので好天が続かないとなかなか撮らない対象です。

| | コメント (4)

2012年9月 6日 (木)

雨のち快晴

晴れと雨が交互に続いています。今日は午前中はかなりの雨でしたが、夕方頃から晴れてきました。

透明度がよく、夕焼けでも撮るつもりで海の方に出かけましたがそれはさほどでもありません。あかね雲を期待したのですが、ちょっとはずれました。しかし、暗くなり始めた頃から雲が消え、快晴状態になりました。

航海薄明の頃

201209061

市民薄明の時は星はほとんど写りません。航海薄明の頃からだんだん見えてきます。写真的には航海薄明後半が一番美しいようです。

天文薄明後半頃

2012090622

水平線あたりがわずかに明るい程度でほぼ薄明は消えています。しかし、この時間帯でこの方角は必ず飛行機の光跡が写ります。

透明度がいいので天の川もうっすらと見えました。

201209063

実はこの場所、海沿いの国道の路肩です。後ろでひっきりなしに車が通過しています。車の切れ間30秒間を狙いましたが、後ろから2台が通り過ぎていきました。でも空にはあまり影響してないです。これが向かってくる車ならカブったでしょうね。

この時間、空はほぼ快晴。透明度も最高ですし、遠征したかった気分ですが、月がすぐに昇ってきます。来週後半の新月期は天気もよさそうな様子です。

| | コメント (4)

2012年9月 3日 (月)

変な天気

今日は変な天気でした。朝だというのに佐渡沖に入道雲が発生しています。普通は山から迫ってくる入道雲が海から押し寄せてきます。かと思ったら昼過ぎからは山からの入道雲が平野まで発達してきて全天多い夕立のような雨を降らしました。夜は夜で一旦晴れるかと思いきや、再び入道雲が空を覆い雷を光らせています。ただ、遠雷っぽかったので危険もないだろうと、田んぼの真ん中まで行って写真撮ってみました。

Img_8623

雨は降っていません。ISO感度800で10秒露光です。比較明合成すると真っ白になってしまうので一番きれいなやつを1枚だけ抜き出してみました。

こちらはISO100で撮影したものです。

Img_8651

雷は露光を抑え気味のほうがきれいです。でもそうすると星が写らない。難しいです。

振り向けば雲が切れて星が見えます。

20120903

稲光で雲の色が変ですね。

もっと迫力ある雷撮りたいですが、危険ですよね。遠雷と判断したのでこんなところで撮影しましたが、よい子はまねしちゃいけません。満月期が過ぎたと思ったら今度は曇りマーク続きです。最近は晴れが多かったのに残念。9月のうちに秋物を撮っておきたいです。

| | コメント (4)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »