« NASAに行きます | トップページ | 届きました »

2012年8月 6日 (月)

パワースポットへ

今日はすごい天候でした。突然暗雲立ちこめたかと思うと超大暴風雷雨。横殴りなどという生やさしい風雨ではなく、窓に消防車のホースで放水しているかのようなすごい雨です。実際近くでは窓ガラスが割れ、電柱まで倒れたという被害があったようです。でもそれのほんの30分くらい。その後は穏やかな青空です。いったいなんだったんでしょう。

午後から新潟市のはずれのほうまで行きました。そこは風と雷はすごかったらしいですが、雨はほとんど降らなかったとのこと。新潟市は広い。

帰りに大ケヤキの神社に立ち寄ってみました。新潟市北区の高森の大ケヤキといいます。

P1010028

樹齢は約1200年。こういう歳月を感じさせるものを見るのが大好きです。

P1010030

こういうところを今はやりのパワースポットというのでしょうね。確かに身が引き締まる思いがします。

P1010031

神社が好きです。お寺より神社。そこだけ時間の流れから隔離されたように、数百年も同じ場所で同じものがずっと人々を見守っていたかと思うと、恐れ多い感じがしてなんとも不思議です。

結構神頼みをします。お賽銭を入れてお参りをしてきました。つくづく日本人の血が流れているなと思う瞬間です。

|

« NASAに行きます | トップページ | 届きました »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
北区に樹齢1200年のケヤキがあるとは知りませんでした。貫禄のある見事な幹ですね。実家からそう遠くないので今度行ってみようと思います。
私の感覚では、お寺にはご先祖様がいて、神社には神様がいる事になっています。

投稿: tantan | 2012年8月 7日 (火) 07時28分

パワースポット、私にはそういう感度が悪くて感じたことがありません。そう言われるような場所に出かける事が無いから尚更です。

昨日の突風被害は大きかったですね、こちらは突風が吹いた物の雨が来ませんでした。でも気温が下がって凌ぎやすかったです。

投稿: けんちゃ | 2012年8月 7日 (火) 08時34分

ワタシも神社に行くと厳かな気配…何か大きく気高い力…とその中にいる安心感を感じます
それが神様のパワーなのかも
古代から生きている樹や石(生きていないか?)にもそのような気配を感じます…森羅万象を包むパワーを神様と呼びたいです
その気配は宇宙全体にも通じますね
星や月の光は神様のささやきであり、太陽は神の歌うアリアのようにも感じます…ちょっとロマンチストすぎたかな(^_^;)
確かにお寺には神社とはまた違う安心感があります…たくさんのご先祖様の魂の力でしょうか…

投稿: おかめ | 2012年8月 7日 (火) 13時47分

tantan さん
巨木を見るのは結構好きです。
五泉の乳銀杏も通りかかると見に行きます。
将軍杉とか、観光化されているのはあまり興味がありません。
1000年も前の人々の暮らしを見ているのだと思うと不思議な気分ですね。

投稿: まるひ | 2012年8月 7日 (火) 22時09分

けんちゃさん
実は私もパワースポットという言葉は流行だから使ってみただけで、ここからパワーがもらえるとは思っていません。パワーはもらうものではなく、出すものですよね。
そちらは突風と雷だけだったようですね。私のところとそんなに離れていないので、ずいぶん違うものです。気温もいきなり10℃くらい下がった感じでしたね。今日もその余韻なのか、結構涼しいです。

投稿: まるひ | 2012年8月 7日 (火) 22時15分

おかめさん
神社というのは不思議な空間ですよね。結構山里を車で走っていて小さな神社を見つけると立ち寄ってしまいます。
確かにこういう神秘なパワーは宇宙とつながっているのかも。
しかし、さすが文学的表現がお得意ですね。我々理系人間では出てこない感想です。

投稿: まるひ | 2012年8月 7日 (火) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NASAに行きます | トップページ | 届きました »