« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月30日 (木)

CS6買いました

18日に早出で撮ったらせん星雲です。

201208184

Borg 101ED+0.85レデューサー Astro 60D(約-6℃) LPS-P2 ISO1600 8分×4枚

トリミングしています。かなりノイズ軽減しています。この間Photoshop CS6を買い、それの機能を使いました。かけ過ぎでのっぺりしていますが、かけないとこの対象はきれいになりません。光害カットフィルターは色カブリが出て処理がなかなか難しいです。

Photoshop CS6は今年いっぱいの期間限定でCS3からのアップグレードができます。さらに26日までの限定で15%OFFというキャンペーンもやっていたのでついポチしてしまいました。なおかつポイントがたまっていたので実質4,500円で手に入れたことになりました。

現像をこれのCamera Rawでやってみたのですが、色がハデに付きすぎて繊細な濃淡がでません。結局ステライメージでやったのですが、なにか違うのかもしれません。もう少し研究してみます。

星祭りが終わったら急に更新の手も止まってしまいました。もうしばらく撮影ができそうにないので、つまらないネタで時々こんな風に更新していきます。

| | コメント (4)

2012年8月26日 (日)

星祭り2日目

星祭り2日目は夕方会場に到着。この日はテント泊の予定で来ました。芝生広場に一人用テントを設営。持ってきた機材はこんなもの。

Pict0262

ペンシルボーグとCD-1での自動追尾システムです。奥はけんちゃさんたちが持ってきた63cmドブソニアン。胎内最大と最小の望遠鏡です。まあ、しゃれのつもりで持ってきたので、あんまり実用的ではありませんでしたが。

夕方各ブースを探訪。あまりののどの渇きにがまんできす、生ビールを一杯。泊まりならではの楽しみでした。

Pict0265

暗くなってから念願の63cmドブを見させていただきました。酔った足で高い脚立を昇るのはちょっとあぶなっかしかったですが、すばらしい球状星団を見させていただきました。

ここで佐藤俊彦さんとお会いし、しばし楽しいお話を聞かせていただきました。けんちゃさん、電球さんは撮影に余念がないご様子でしたが、そんな中でもお相手をしていただき、ありがとうございました。一番星さん、天狼星さん、skameさんとはちょっとタイミングがずれてお会いできませんでした。やっぱりお祭りでは一カ所に腰を据えていてはだめですね。来年はいろいろと歩き回ろうと思います。

tantanさんのテントで夜中まで話し込んだあと、自分のテントに戻り一休み。3時頃だったでしょうか、外に出てみると雲もなく一面に星が輝いています。これなら遠方から来られた天文ファンの方々も満足がいったことと思います…ってもうみんなほとんど寝ていたようですが。

ペンシルボーグを撮影用に組み替えて撮ってみました。

201208251

miniBorg用の0.85倍レデューサーをつけてみましたが、合わないです。お気楽に大型対象を写す程度ならいいかも。

短時間ですが、快晴で透明度がすばらしくなりました。

201208252

冬の天の川が見えますね。木星あたりがやや明るいのは黄道光っぽい?4枚露光の後半2枚は結露、それと光々とランタンをつけて話し始めたグループがあって、その光が入ってしまい使えませんでした。星祭りというのは普通のキャンプと違って、星を見に来ている人もたくさんいるということを理解し、極力灯りはつけないというのを徹底してもらいたいと思うのですけどね。

星祭りは一回目から来ていますが、泊まったのは今回初めて。同じ趣味の仲間が集まるというのは楽しいものですね。今回お会いしたみなさん、どうもありがとうございまいした。来年もまた星空の下でお会いしましょう。

| | コメント (8)

2012年8月24日 (金)

星祭り1日目

今日から胎内星祭り

私は今回初めて初日参加しました。お目当ては掘り出し物あさり。しかし、めぼしいものはなく、物欲をそそられるものはありませんでした。いつもせっかくなので記念購入するのですが、初めてなにも買いません。もしかしたら小出しにしているのかもしれないので、明日に期待します。

テント広場の星景

201208241

天候はあまりよくありません。これは一時的にほぼ快晴になった時を見計らって撮影したものです。今日より明日のほうがよさそうです。星空も明日に期待です。

| | コメント (10)

2012年8月22日 (水)

雷星景

連日の撮影もさすがに今日で打ち止めと思い帰宅しましたが、途中稲光が結構光っています。遠雷ですが、念願だった雷と星を撮れるかと思い、海岸の駐車場から撮影してみました。

201208221

あまり迫力はありませんが、雷星景です。しかし、考えればこれは結構むずかしいのかも。雷がなるときは普通曇り空か雷雨です。星が見えるはずはありません。そうでなくても雷が近いときは危険きわまりないので屋外での撮影はデンジャラスすぎます。適度に晴れ間があって、比較的雷が遠い、などという都合のいいチャンスはそうあるものではありません。これも結構貴重な一こまかも。

この後雷は近づいてきて一面雲に覆われ、雨も降ってきました。今日の雷は珍しく、横に走る稲妻が多く見られました。写真撮りたかったですが、さすがにこんな中で三脚立てる訳にはいきません。車の中から眺めるだけです。星は写らなくてもきれいな雷の写真を撮りたいのですが、新潟は意外と夏の雷は少ないです。かといって冬の雷は風情もないので撮る気になれません。またいいチャンスないですかね。

| | コメント (6)

2012年8月21日 (火)

荒海や佐渡に転がる三角形

今日も晴れました。晴れれば撮影に出かけたい血が騒ぎます。天の川に行こうかと思いましたが、夕方頃から山の方は雲が出てきました。無理して行くこともないので逆に海側に行くことにしました。

昨日に引き続き三角形

201208212

星より風景をメインにしてみました。風景写真としてみるときれいですね。

もう少し暗くなってから広い範囲を魚眼で

201208213

三角形は佐渡に沈みません。新潟市より北に行くと佐渡に沈みそうです。明日は最も月が三角形に近づきますのでそれを狙ってみようかな。まあ、でもこのネタも飽きましたのでやらないと思います。月も明るくなりすぎますしね。と、いいながら明日になるとわかりません…

| | コメント (8)

2012年8月20日 (月)

月と弥彦と三角形

連日快晴が続きます。新月期ですので晴れている限り撮影に出かけたい。しかし、毎日という訳にはいきません。女房にとっては1ヶ月ぶりの遠征でも「また星見に行くの~?」だそうです。1日しか空けない日にゃどんなこと言われるかわかりません。しかしこの好天、何かを撮らずにはいられません。近間で撮って普通の帰宅時間に何食わぬ顔で帰るしかありません。

ステラナビゲータを見てみましたが、土星と火星とスピカがこの間よりもさらにきれいに三角形に並んでいます。おまけに沈む直前の細い月も一緒に納められそうです。これにしました。

201208201

場所は職場からそれほど離れていないところ。初めは弥彦山の上に行こうと思ったのですが、くじけました。でもこのほうが絵になります。

月が沈むまで連続で撮ってみました。

201208202

あさっては月も近づくらしいですが、特にきれいな形ではないし、正三角形はちょうどこの日が一番整っているようです。私的にはこの日がベストだと思っています。

もう一度天の川を撮りたい気もしますが、明日あたり行けないものかともくろんでいます。内緒で…

| | コメント (2)

2012年8月19日 (日)

クールな対象

18日は微妙は天候でとても迷いましたが、結局遠征しました。西日本はすごい雷雨だったようで、こちらも山のほうは大きな入道雲が出ています。でも夜になれば消えると踏んで、せっかくの土曜日で新月ですので強行しました。早出の現地は北以外は雲に覆われて、時折稲光も光っていましたが、設定をして待っているとだいぶ雲がなくなってきました。

網状星雲西側

2012081823

Borg 101ED+0.85レデューサー Astro 60D(約-6℃) LPS-P2 ISO1600 8分×3枚

トリミングしています。迫力を出して、構造も強調してみました。私らしからぬ作品だと思われるかたも多いでしょう。たまには意表を突く写真も撮ります。こういう写真が撮れるのも冷却のおかげです。

こちらはあれい星雲

2012081412

こちらは3分×4枚。これもトリミングしています。

こういった、緑や青の涼しげな対象が好きです。夏に赤ものはちょっと暑苦しいかな…と思ったりします。

| | コメント (8)

2012年8月16日 (木)

天の川直立

日倉山の続きです。

22時頃には天の川が直立します。

201208145

3分×1枚です。4枚撮影したのですが、2枚目以降は露がついて全滅です。夏は付かないと高をくくっていましたがだめですね。もう遅くなったので取り直しせずにこの後撤収しました。新月期なのでもっと長時間撮れましたが、平日ですし、初めての地なのでここまでにしました。

北はこんな感じです。

201208141

少し光害がありますが、それほどでもないです。方向からして咲花温泉だと思われます。ただ、雲の色が白いんですよね。真っ暗なところでは雲も場所がわからないほど黒いのですが、透明度がよかったために暗く感じていただけで、本当は少しどこか都市の光が届いているのかもしれません。まあ、それにしても新潟市から1時間程度の距離しては一級の星空にはちがいありません。下界近くには霧が発生しています。標高は300mくらいあるため、霧が発生しても上がってきません。やっぱり高いところはいいですね。

栗の収穫期はちょっと控えようと思います。11月くらいに対日照ねらいでまた来てみたいです。

| | コメント (8)

2012年8月15日 (水)

日倉山へ

14日は天気予報とは全く反対に昼から快晴。停滞前線が南にあるときは結構晴れると何となく経験的にわかります。夜もたぶん持続するだろうと思い、遠征することに。

射手座の天の川が撮りたい。しかし、早出は子午線を越えるとV字の谷に隠れてしまい、集落の街灯も入ってしまうのでここは避けたい。天蓋はもっと悪い。そこで日倉山に目をつけました。去年下見に行っただけで夜は行ったことがありません。南は開けていたはず。光もないはずです。ナビでルートを検索すると意外に近い。早出と大して変わりません。職場からほぼ一直線で結べます。曲がり角は下見していないとわかりづらいです。ナビは途中で道がなくなってしまいます。舗装はされているものの細く、前日の雨のせいか所々小さな落石があります。夜は初めてなのでちょっと不安です。結構登りは長いと感じました。ようやく頂上の観光栗園に到着するとやや雲がありながらもすばらしい星空。光害は北にわずかにあるくらいでかなり暗いです。南は真っ暗。

やや傾いていますが、射手座の天の川

2012081422

Zenitar 16mm F2.8(F4)  LPS-P2 Astro 60D(-8℃) ISO800  8分×2枚コンポジット CD-1でガイド

こんなに淡い部分まで写せたのは初めてかもしれません。さすが冷却。

はくちょう座付近

201208143

SIGMA MACRO 70mm F2.8 EX DG(F4) ISO1600 LPS-P2  5分×4枚

初めてISO1600で撮影してみました。使えます。今後は多用してみようと思います。たまにはハデ目に処理してみます。なお、秘密兵器のレボリング装置を使いました。この構図はそれなしではかなり難しいものがあります。

M16、M17付近

201208144

極軸をきっちり合わせたおかげで70mmで5分くらいはノータッチで点像に写せました。しかし、強度が問題で結構ガイドミスのコマもあります。重くなった分、しっかりと固定しなければならないようです。

21時頃から雲一つない快晴になりました。ここはすばらしいです。しかし、半径5km以内には確実に人がいないと思うとちょっと心細い場所ではあります。もう何回か通って慣れたら腰を据えて直焦点撮影もしてみたいです。
-------------------------------------------------------
天の川を再処理したものに置き換えました。これはPhotoshopで現像したものです。色が豊かに出ます。細かな暗黒帯も見えるようになりました。また、私の自宅のモニターは明るすぎるので、少し暗めに見えるのも調整しました。

| | コメント (6)

2012年8月12日 (日)

NASAに行ってきました

私ではありません。娘です。高校のアメリカ研修旅行から帰ってきました。NASAでは無重力トレーニング体験とか、過去のミッションの展示物とかいろいろ見てきたようです。

世界で一番有名な足跡

Imgp0973

アポロ司令船

Imgp0978

焼け具合から見ると実際に宇宙から帰還したものなんでしょうね。サターンVから見るとなんとも小さい。これだけのものを打ち上げるのにあれだけ巨大なものが必要なんですね。肝心のサターンVはでかすぎてカメラに収まらなかったみたいです。噴射口や2段目以降の写真しかありませんでした。

ここは理系の聖地MIT

Imgp1069

グレートドームというんですね。何かというとよく目にするMITの象徴的な建物です。

メモリーカードを覗いていたらこんなものがありました。

さて、おみやげとはいうと、NASAには私が期待していたようなおもしろいものはあんまりなかったようで、こんなものをもらました。

Pict0257

温度計と方位磁石がついていますので、撮影のときに役立ちそうです。これ以外にはスペースシャトルの置物とか。大事に職場のデスクに飾っておきます。

14日は金星食ですね。あいにく晴れる気配はなさそうです。

| | コメント (4)

2012年8月10日 (金)

弥彦山から

しかし晴れませんね。常に高層に雲が湧いていて撮影できるような空ではありません。時折晴れるような天気予報になるので期待しちゃうのですがいつも裏切られます。

今日は裏切られてもいいと思い、弥彦山に登ってみました。雲は多いですが、少しは星が見られました。

201208101

20分近い露光ですが、佐渡上空の雲はほとんど動いていません。気象衛星画像を見ても刷毛で掃いたような雲が居座っていますね。

ちょうど夏の大三角形のところだけ雲が切れていました。

201208102

実は撮りたかったのはこれ

201208103

土星と火星とスピカが織りなす三角形。低空は雲があってなかなか姿を見せませんでしたが、短い時間だけ覗かせてくれました。本当はこれを入れた夕焼け空を撮りたかったのですが、チャンスを逃してしまいました。

今日はほとんど晴れないストレスを発散しにきたようなもの。機材はそろいつつあるのに全然稼働できません。明日からはもっと悪くなりそう。新月前後と星祭りは晴れてくれないでしょうか。

| | コメント (4)

2012年8月 8日 (水)

届きました

こんなものが届きました。

Pict0242

K-ASTECのレボリング装置

実は広角系のレンズを探していたのですが、なかなか決め手になるものがなく、どうしてもポチに指がかからなかったのですが、これは欲しいと決めたら即ポチしてしまいました。唯一無二のものには意外と悩みません。しかしレンズ購入計画はちょっと遠ざかってしまいました。

K-ASTECではなく、協栄産業から買いました。どうもK-ASTECは私のような低級アマチュアには敷居が高く、なかなかのれんをくぐれません。

CD-1に取り付けるとこんな感じ

Pict0243

一見バランスが悪そうですが、わりとしっかりしています。一番弱いところが三脚です。BORGの片持ち赤道儀用の三脚を使っています。値段の割にはしっかりしているのですが、重量物を乗せるとちょっとたわみます。やっぱりこれはSEⅡに乗せて使うことになると思います。

しかし、なかなか便利。目から鱗の製品ですね。カメラごと回転させるなどという方法は思いもつきませんでした。右回転するとグリップが雲台プレートと干渉します。これは逆に取り付けた方がいいのかもしれません。少し研究してみます。ジンバル雲台があればもっと便利そうですが、そこまでお金をかけるのは今のところは考えていません。まずは使ってみたいです。でも晴れません。満月期は結構晴れたのですが、新月期に向かい始めたらとたんに悪くなってきました。うまくいかないものです。

| | コメント (8)

2012年8月 6日 (月)

パワースポットへ

今日はすごい天候でした。突然暗雲立ちこめたかと思うと超大暴風雷雨。横殴りなどという生やさしい風雨ではなく、窓に消防車のホースで放水しているかのようなすごい雨です。実際近くでは窓ガラスが割れ、電柱まで倒れたという被害があったようです。でもそれのほんの30分くらい。その後は穏やかな青空です。いったいなんだったんでしょう。

午後から新潟市のはずれのほうまで行きました。そこは風と雷はすごかったらしいですが、雨はほとんど降らなかったとのこと。新潟市は広い。

帰りに大ケヤキの神社に立ち寄ってみました。新潟市北区の高森の大ケヤキといいます。

P1010028

樹齢は約1200年。こういう歳月を感じさせるものを見るのが大好きです。

P1010030

こういうところを今はやりのパワースポットというのでしょうね。確かに身が引き締まる思いがします。

P1010031

神社が好きです。お寺より神社。そこだけ時間の流れから隔離されたように、数百年も同じ場所で同じものがずっと人々を見守っていたかと思うと、恐れ多い感じがしてなんとも不思議です。

結構神頼みをします。お賽銭を入れてお参りをしてきました。つくづく日本人の血が流れているなと思う瞬間です。

| | コメント (6)

2012年8月 2日 (木)

NASAに行きます

NASAに行ってきます。

NARAではありません。NASUでもありません。NASA、National Aeronautics and Space Administrationです。しかし行くのは私ではありません。娘です。高校の研修旅行で行きます。あ~私も行きたい。保護者枠はないのかと聞いたら、あるわけないじゃん、と一蹴されてしまいました。

フロリダのケネディ宇宙センターに行くみたいですね。そこで宇宙飛行士のトレーニング体験とかするそうです。サターンVとか見るんだろうなー。せめて宇宙に関係ある珍しいグッズを買ってこいと餞別を渡しました。

Ksc

他にもMITとかいろいろなところを1週間も回ってくるそうです。今の高校生ってすごいですね。私の時はぜいぜい九州修学旅行でした。しかしお金もかかる。夫婦二人でハワイマウナケアくらい行ってこれそうな金額です。でも我が子のためなら惜しみません。将来立派になって親孝行せいよ。

| | コメント (9)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »