« 天蓋での成果 | トップページ | 天蓋の印象 »

2012年7月24日 (火)

さまざまな問題点

Astro 60DとSIGMA Macro 70mmを本格的に使ったら様々な問題点が出てきました。

  1. ピントがシビア
  2. カメラが回転できない
  3. ガイドが甘くない
  4. 構図を取りにくい

Macro 70mmのピントリングは軽いのでさわったくらいでピントがずれてしまいます。わずかにずれるだけでも色収差が出てしまうのでとてもシビアです。私は露よけに懐炉をリストウォーマーで取り付けていますが、これだとだめです。細いヒーターでも巻き付けないとだめですね。考えます。

カメラ雲台だと自由に回転できないので思った構図が取れません。けんちゃさんのブログで知ったレボルビング装置が欲しくなりましたが、結構な金額ですね。なにか工夫できないか、考えてみます。

70mm程度ならノータッチで10分くらい楽勝だと考えていましたが、なかなかどうして、5分でもずれてしまいます。さすがにCD-1では難しいと考え、今回はSEⅡでガイドしたのですが、極軸合わせが甘かったのかもしれません。かといってオートガイドまで必要とは思っていないので、極軸合わせとキャリブレーションを正確にしてみます。それとレンズが重いのでたわみもあるのかもしれません。シャープなだけにわずかのずれも目立つのでなんとかしたいものです。

アングルファインダーとバリアングルモニターだと感覚的にどっちに振ったらいいかわからないので構図取りに苦労します。まあ、これは慣れなので問題にすべきことでもないのですが。しかし、ライブビューではかなり暗い星まで見えるのですね。3等星くらいまででピント合わせができるのでこれは意外でした。

などと、初歩レベルの問題を並べてみましたが、克服しつつベストな作品を目指します。

天蓋での秋物先取りです。

20120721m31

この秋は近年にないダイナミックなM31を撮ろうと意気込んでいます。

|

« 天蓋での成果 | トップページ | 天蓋の印象 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まるひさん
 オートフォーカスレンズですから、(ですよね)EOS Utilityからピント調節が出来るので簡単です。ライブビューで拡大しながら青から赤までお好きな色で撮れますよ!

 レボルビングは地上と平行に撮影するには必要ですよね、経緯線に沿った撮影なら直角だけでも良いですが。
 K-ASTECさんのブログで”在庫は後少し”でポチリました。

投稿: けんちゃ | 2012年7月25日 (水) 00時35分

そうそうピントが合ったらMFに切り替えることを忘れずに。

投稿: けんちゃ | 2012年7月25日 (水) 00時36分

撮影すると問題が出て、解決したつもりで撮影するとまた問題が出る・・・この繰り返しですよね。際限がありません。

私は尺の短いレンズではヒーターをフードに付けています。ピントは液晶画面をルーペで確認していますが、赤から青の変化は良く分かりますよ。問題は手技が着いて行くかですね。オートフォーカス欲しい・・・

カメラアングルは直角に構図を変更できるアダプタを雲台に付けています。自由度は低いですが、そんなに高くないです。

投稿: tantan | 2012年7月25日 (水) 07時31分

けんちゃさん
実は私はEOS Utilityを使っていないんです。一度使ってみたのですが、うまく動かなかったのでそれ以降止めたのですが、ピント合わせが楽ならまた試してみます。
こんな回転装置を見つけました。
http://item.rakuten.co.jp/mitsuba/c/0000000951
K-ASTECさんのところの1/3の値段です。どうしようかなー。剛性も気になるところですが。

投稿: まるひ | 2012年7月25日 (水) 23時31分

まるひさん
 回転装置をみました。リンク構造で支点が沢山あって揺れそう。長時間露出には向かないでは無いでしょうか。

 EOS Utilityは便利ですよ、kissを使い始めてからずーっと使っています。
CDS-600Dでオートフォーカスが効かないことが冷却60Dと最後まで悩みました。でも望遠鏡が主なのでこっちを選択しました。

 私の冷却DXはピント合わせが出来ません。X2からの機能ですね。60DとEF135mmを使うときはもう絶対パソコンから調整します。

投稿: けんちゃ | 2012年7月25日 (水) 23時50分

tantanさん
機材を一つアップグレードするとほかもそれに追いつかないとだめなので際限がありませんね。
ピント合わせはもうライブビューなしではできません。昔ファインダーで合わせていたのが信じられません。
カメラレンズはお手軽と思っていましたが、どうして、直焦点よりも難題が多いです。

投稿: まるひ | 2012年7月25日 (水) 23時50分

う~ん
けんちゃさんがそうおっしゃるのならたぶん使えないんでしょうね。やっぱり天体用はそれなりに高いだけあるのですね。K-ASTECさんのところのは協栄産業からでも買えるみたいです。ちょっと悩んでみます。
直焦点専用ならCDS-600Dはいいチョイスですね。私はカメラレンズ撮影も多いので冷却60Dで正解だったと思っています・
週末にEOS Utilityをインストールしてマスターします。
いろいろアドバイスありがとうございます。

投稿: まるひ | 2012年7月26日 (木) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天蓋での成果 | トップページ | 天蓋の印象 »