« 金星撮りました | トップページ | 環天頂アークか? »

2012年6月 2日 (土)

金星日面通過準備

金星日面通過まであと4日に迫りました。今のところ新潟は天気は曇りです。しかしGPVを見ると結構晴れ間がある様子です。梅雨入りもまだ先のようなので見られる可能性は大です。

今回は対象が小さいので焦点距離を稼ぎたいです。しかし接眼レンズを使った拡大撮影は色収差がひどいので使いたくありません。そこでBorg 101EDを使おうと思います。しかし大きな太陽フィルターを持っていません。しかたがないので金環日食に使った52mmのD400を2枚重ねで使います。こんなふうにしてみました。

Pict0200

黒の厚紙で適当に作りました。ひどいですね。でもこれで太陽を撮る機会はそうありませんから一回きりの使い捨てでもいいです。口径は50mmになってしまいますが、テレコンバータをつけて実質焦点距離は896mmです。

Img_5946

これがテスト画像。ノートリミングです。これだけでかけりゃ金星も鮮明に見えるでしょう。うまくいけば潜入時の大気の光も撮れるかもしれません。

潜入は自宅の居間から撮ります。ちょうど季節的にいい位置に昇ります。長丁場なので付きっきりで連続写真を撮るつもりはありません。通過中はあまり変化もなく退屈ですからね。その後は望遠鏡とともに出勤。時々仕事さぼって駐車場からでも撮影しようかと思います。出現も同じく職場の駐車場の予定です。ただ、人通りが少しあるので、赤道儀を置きっぱなしにするのがちょっと心配なんですよね。地面にマークでもつけてその都度出し入れしようかと思います。当日は終わるまでは外回りは入れないようにしなければなりません。趣味を優先できるなんてのんきな職場ですよね。

|

« 金星撮りました | トップページ | 環天頂アークか? »

機材」カテゴリの記事

コメント

私の太陽撮影鏡筒はA70Lfで900mmですから、丁度良い大きさですね。
反射鏡などでも減光絞りを使う訳ですから、これも有りだと思います。


趣味を優先できるなんてのんきな職場ですよね。 > 羨ましい限りです。(笑)


投稿: 電球 | 2012年6月 3日 (日) 13時49分

準備ができましたね。

私は日食で使わなかったFS102を使おうと、いまさら、古いビデオカメラで撮ろうとドライバをインストールしましたがだめでした。別のパソコンを用意してできましたが太陽をまだ撮っていません。間に合うかなあ?「ブラックドロップ」を撮りたい。
今回は自宅で、曇っても遠征はしないかも。

投稿: けんちゃ | 2012年6月 3日 (日) 20時42分

太陽撮影にはやや小さな口径で長い焦点距離の望遠鏡が適していると思います。
電球さんのはぴったりですね。
バーダーのソーラーフィルターを買おうと思いましたが、この先は興味深そうな太陽のイベントがないので、今回はこれでいいかなと。
でも、10 cm をフルに生かした黒点写真も撮りたいのでそのうち欲しいです。
私の仕事は自営に近いので自己責任で勤務時間でも比較的自由です。こういう時はいい職場だなあと思います。

投稿: まるひ | 2012年6月 3日 (日) 20時48分

けんちゃさん
自宅に星見台があると赤道儀も正確ですし、事前に十分なテスト撮影もできますからこういう昼間の現象には強いですね。きっと晴れると思います。
私もできれば拡大撮影したいのですが、準備を万端にしないと難しいでしょうね。無難にこれでいこうと思います。

投稿: まるひ | 2012年6月 3日 (日) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金星撮りました | トップページ | 環天頂アークか? »