« 金星日面通過速報 | トップページ | 大きさの比較 »

2012年6月 7日 (木)

金星日面通過続報

今回の金星日面通過は8年前のように全国悲惨な目にはならず、絶望的だった関東地方でもわずかですが見られたようですね。あきらめないで空を見上げていた人は本当にラッキーだったと思います。

こちらは7時22分の写真。

1206060722

金星の大気が薄く写ることがあるようなので期待したのですが、写っていません。もっと気象条件もよく、いい光学系で拡大しないとだめなのでしょうね。次回に期待…ってか無理ですね。

こちらは7時28分です。

1206060728_3

第二接触瞬間といっていいと思います。ブラックドロップは見えているのでしょうか。これも大気の影響でしずくのようにつながる現象ですが、そう思えばそう、としかいえないような微妙なところです。しかし、シンチレーションがひどく輪郭がでこぼこですね。よければ見えたのかも。

これは奇跡のようにほとんど雲がなかったときの貴重な1枚です。

1206060755

7時55分ころでした。これが今回のベストショットでしょうか。

私のところは結局10時過ぎまで構えていましたが、これ以降完全に雲が切れることはありませんでした。その後見切りをつけ仕事に出かけました。仕事先でのサブの45EDは1回だけ撮影しましたが、やっぱり雲間であんまりお見せできるものではありませんでした。デスクではUstreamの生中継を見ていました。結構臨場感があって楽しめるものです。自分の望遠鏡でPC使って眺めるのと違わないですね。第三、第四接触時も雲は切れません。雲量は多くないのですが、ちょうど太陽のところだけにかかっていて取れません。Ustreamのライブも終わった頃、やっと雲から出て日差しが強くなりました。遅せ~よ。

思えば人間は金星日面通過を見られる人と、見られない人にはっきり分かれます。2度見られる人だって、両方物心がついているとは限りません。我々はたまたま見られる方に生まれたことを感謝しなければなりませんね。

|

« 金星日面通過速報 | トップページ | 大きさの比較 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

金環日食より長丁場の撮影お疲れ様でした。
遅せ~よ > ほんとに晴れてくれるのが、遅せーよですね。
今日は遅い出勤をしたのですが、雨の中でした。11:55頃仕事場で
明るくなっても、雲の中でした。一瞬の晴れ間でしたが、私は撮影できませんでした。
2枚目、これはブラックドロップでしょうね。

投稿: 電球 | 2012年6月 7日 (木) 00時41分

まるひさん
 結構稀な天文現象に遭遇できたことは嬉しいことです。
 SL9の木星衝突、25cmのシュミカセで撮影できました。ウエスト彗星、獅子座流星雨、流星雨は思い出すたびに興奮を覚えます。家族を連れて行かなかったことを一生悔いるでしょう。

 同じく画面で見ていてもやっぱり自分が操作して見ている、見ることに価値があると自分では思っています。

 次は何ですか?」
 

投稿: けんちゃ | 2012年6月 7日 (木) 00時59分

やっぱりこれを撮りたかったですね。
次回は2117年と2125年、どちらも12月ですが2回目は日本は日没後です。

今回の太陽面通過が、研究者の間ではトランジット法の検証に使われているそうです。言われてみれば想像がつきますが、記事を読むまでは全く関連づける事が出来ませんでした。やっぱりファイナルフロンティアです。

投稿: tantan | 2012年6月 7日 (木) 04時36分

おはようございます。
最初の方が見られたんですね。私のいる千葉ではもうほぼ諦めた最後1時間、奇跡的に見ることができました。感動ですね。

投稿: ryojin | 2012年6月 7日 (木) 08時21分

2枚目の第二接触でしょうか、ドンピシャで凄いですね。新潟県は曇りでダメかと思ってましたが、見ることが出来て良かったです。この手のイベント、次は2032年の水星日面通過らしいですね。

投稿: ちーすけ | 2012年6月 7日 (木) 09時27分

電球さん
なかなか天気は思うようにいかないです。私も自宅観望あきらめて家を出たところでいきなり太陽が顔を出しましたから。もうちょっと待てばよかったと思っても今更戻る訳にもいきませんですからね。
2枚目はブラックドロップでしょうか。なにせ、ほとんど目撃例がないのですから。でもそう思えばうれしいものです。

投稿: まるひ | 2012年6月 7日 (木) 23時15分

けんちゃさん
イベントもの好きの私にとって、生涯でも1-2を争うビッグイベントでした。8年前に見えなかったときは本当にがっかりしたものでした。十分満足です。
SL9は1994年でしたね。衝突痕は地上からはどんなに大望遠鏡でも見えないと言われていましたが、それでもとりあえず見てやれ、と9cm反射望遠鏡で見たところはっきりと衝突痕が見えてびっくりしました。写真撮っておけばよかったですが、当時は天文熱は休止状態でした。
こういうことがあるからイベントものからは目が離せません。

投稿: まるひ | 2012年6月 7日 (木) 23時25分

tantanさん
第三第四は逃しましたが、これを撮れてまあ満足です。このあたりは動画も撮りたかったですが、虻蜂取らずにならないように堅実なほうを取りました。なんどもチャンスがあればいいのですが、なにせ一生に1~2回ですからね。
どんなに天気が悪くてもひとめだけでもと思っていましたから、こんなにいい写真まで撮れてうれしいです。

投稿: まるひ | 2012年6月 7日 (木) 23時33分

ryojinさん
晴れの神様は関東地方も見捨てなかったですね。あきらめていた人でも結構後半に見れたようで、本当によかったです。
私も天気が絶望的だったら見えるところまで車を走らせようと思っていましたが、それはせずにすみました。本当にひとめ見るだけでいいと思っていましたから、この成果は大満足です。

投稿: まるひ | 2012年6月 7日 (木) 23時40分

ちーすけさん
とにかくこのあたりは雲に隠れない限りシャッターを押し続けました。この瞬間が撮れたのは偶然です。第一接触あたりも押し続けていましたが、雲ではっきりわかりません。
次の水星は20年後ですか。ずいぶん間があるものです。調べてみたら地球規模で言えば2016年と2019年にもあるようですが、日本は夜なので見えないのですね。さすがにこれはわざわざ海外まで行って見るほどではないですね。

投稿: まるひ | 2012年6月 7日 (木) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金星日面通過速報 | トップページ | 大きさの比較 »