« 冷却の威力 | トップページ | 七夕ですが »

2012年6月29日 (金)

60D外部電源制作

Astro 60D用に外部電源を制作しました。

Pict0207

先週の23日、遠征に行く日の当日に泥縄式に作りました。出かける30分前に完成しました。

今まではエネループを電源にしていましたが、必ず冷却用のバッテリーも使うことですし、12Vを降圧する回路を組み込みました。バッテリーの出力電圧の公称値は7.2Vです。では外部電源もそれでいいかというとそうではなく、高めでなければならないようです。カメラの裏には8.1Vと書いてあります。実際バッテリーの電圧を測ってみると確かに8Vくらいあります。ネットの情報を見ても低いと動作が不安定になるとも書いてあります。そんなことも今回エネループを止めた理由の一つでもあります。

小さくてシンプルで安い電源回路はないかと探してみました。三端子レギュレータをつかったものは9V固定とか電圧を変えられないのが多いです。自分でパーツ買ってきて作ればいいのですが、近くにパーツ屋もないし、なによりめんどくさい。で、ネットを探し回ってやっと適当なものを見つけました。

http://umezawa-sendai.shop-pro.jp/?pid=5128143

電圧は調整できるし、小さいし安い。せっかくなので2つポチしました。カプラーはだいぶ前に買ってあったのを使いました。昔取った杵柄とはいえ、こんな簡単な工作に2時間半もかかってしまいました。極性と電圧を間違えたらカメラを壊しかねないのでそこは慎重に…なんとか遠征にでるぎりぎりに間に合いました。

まあ、しかしこれで冷却用の準備はすべて整いました。晴天も飽きましたので満月期には一雨欲しいところです。やっぱり梅雨を終えての夏空のほうがわくわくしますね。

|

« 冷却の威力 | トップページ | 七夕ですが »

機材」カテゴリの記事

コメント

外部電源は合った方が良いですね。私は秋月のモジュールを使っています。http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-01610/

これは基板や少々の部品が必要なので面倒です。

金環日食に間に合わせるべく急いで作って3個も壊しました。又、予備を買っておかないと。

投稿: けんちゃ | 2012年6月30日 (土) 02時08分

星景写真の時は手軽にしたいのでカメラバッテリーで写してます。それでも2時間くらいは十分持つので今のバッテリーの性能はすごいものだと驚いています。
しかし、直焦点撮影などだと途中で切れてしまうと致命的なのでそういう時は外部電源にします。
このモジュールも見た気がします。でもキットでないのでめんどくさくてスルーしたような…
秋月は秋葉原によると必ず立ち寄ります。おもしろそうなものがあると買うのですが、とりあえず買っておくだけで作ったことなかったですね。積ん読みたいなものです。

投稿: まるひ | 2012年6月30日 (土) 11時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冷却の威力 | トップページ | 七夕ですが »