« まもなく通過します | トップページ | 金環日食その1 »

2012年5月19日 (土)

教訓!

ちょっと恥をさらしたいと思います。

日食機材の調整をしていました。やっぱりもう少し拡大して撮影したいと思って直焦点ではなく間接撮影に組み直してみました。なかなかばっちりうまく行ったのですが、テスト撮影で太陽を導入するときにフィルターを外して投影版に写す要領でやったのですが、撮影したらどうも像が変です。接眼レンズを見るとなんと、溶けています。

Pict0190

Borgの安い接眼レンズなのですがプラスチックレンズなのですね。大失敗。バルサムで貼ってある高級レンズは使うなとは聞きますが、まさか溶けるとは思ってもいませんでした。教訓!対物側のフィルターを外すときは細心の注意を払いましょう。まあ、安いからいいのですが製造中止でもう作っていないんですよね。軽くてちょっと見には便利なので重宝していたのですが。それよりも本番の時はどうしましょうか。そっちのほうが問題です。また直焦点に戻そうかなあ。

|

« まもなく通過します | トップページ | 金環日食その1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

アイピース出よかったですね、アイで無くて。

私もあります。撮影を終わって、カメラを外しカメラ側のキャップをしました。太陽に向けたままでフィルターを外して対物キャップをする僅かの時間でカメラ側のキャップに穴が開きました。

投稿: けんちゃ | 2012年5月19日 (土) 23時09分

直接覗く時や、カメラをつけるときは指差称呼をするのですが、プラスチックということを忘れていました。普通に投影板での観察と同じなので気を抜いていました。
太陽を導入するときは鏡筒の影を使うこともあるのですが、精度がよくないです。
うまい導入法はないですかね。

投稿: まるひ | 2012年5月19日 (土) 23時47分

コメントいただいて、訪問したらこの記事に驚きました。
アイピースでもプラ製レンズがあるんですね。

私もまぶしい太陽の導入のファインダーを考えているのですが、ようはCORONAD
望遠鏡スタイルで、塩ビパイプとそのキャップで作ります。
キャップにピンホール反対側にすりガラスを取り付けると良いかな?と構想中です。
ただ長さとか距離の寸法を考えないといけません。実物の長さ・ピンホールの
大きさなど採寸するわけに行かないので・・・。

それにしても目じゃなくて良かったですね。

投稿: 電球 | 2012年5月20日 (日) 06時25分

それはいいアイデアですね。
ファインダーで投影しようかと思いましたが、カメラを操作しているとき頭に焦点結びそうであぶない。
今回は時間もないし、結局カメラを外して影で合わせることにしました。
それにやっぱり間接撮影は像が悪化するので直焦点に戻しました。
ピントは事前に合わせておいて、明日まごつかないようにします。
晴れるといいですね。

投稿: まるひ | 2012年5月20日 (日) 08時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まもなく通過します | トップページ | 金環日食その1 »