« 日食仕様 | トップページ | まもなく通過します »

2012年5月13日 (日)

予行演習

やっと太陽が顔を出したので日食の予行演習ができました。

日食めがねも試してみました。大きな黒点が現れていますが、肉眼でもなんとなく見えます。黒い点がわかったので双眼鏡で見てみたらやっぱり黒点でした。

これは日食機材で撮影したものです。

Img_5677

EOS Kiss X3、ISO100で1/400です。ND400を2枚重ねしました。やっぱりこれでちょうどいいですね。もう少し高速シャッターを切りたいのでISOを上げた方がいいかもしれません。しかしピントが合わせづらい。太陽が明るいので液晶モニターよく見えません。バリアングルでもないので姿勢もきつい。そこでいいことを考えつきました。黒い風呂敷をかぶせたところモニターがよく見えるようになりました。誰かのお葬式でもらった「MOTTAINAI」ブランドの風呂敷です。いい具合に内側が黒く遮光します。

Pict0188

眼視用ペンシルボーグも試しましたが、やっぱり像はよくないですね。でも肉眼よりちょっと大きく見えればいいのでこれでよしとします。当日は周りに見たいという人も出てくることが予想されるので、これで見せてあげます。口径も小さいし結構安全のようです。

ほかにももう一つ違った視点からの写真を撮りたいですが、なににしましょうか。広角で連続撮影がいいかな。でも快晴でないとだめですよね。天気予報も日食当日に合わせた予報を出し始めました。とにかく晴れますように。

|

« 日食仕様 | トップページ | まもなく通過します »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

黒い風呂敷はアイデアですね。

ペンシルBORGに取り付けたフィルターは、けんちゃさんのところで、ピントが出なかったようです。
別仕立ての機材は何でしょうね?

投稿: 電球 | 2012年5月14日 (月) 11時38分

風呂敷は我ながらグッドアイデアでした。まるでこれのために作られたようです。
ただ、やっぱりバリアングルは欲しいですね。ノーマルの60Dも欲しい。

広角レンズで5分おきの連続写真を撮りたいです。でも快晴が条件ですので難しいかも。

投稿: まるひ | 2012年5月14日 (月) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日食仕様 | トップページ | まもなく通過します »