« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月31日 (木)

金星撮りました

昨日に引き続き、いや昨日以上に今日はいい天気になりました。天気予報ははずれです。梅雨初期は関東は雨でこちらは晴れるという天気が続くことがあります。金星が見えそうです。でも仕事もあるし…考えたらわざわざ郊外まで出なくても職場から見えるのではないかと思いステラナビゲータで位置を調べてみました。窓の外かなり斜めに覗くことになりますが、狭い範囲ながらなんとか望遠鏡を設置できそうだとわかりました。日没1時間前からセットを始めました。室内だと機材を車に積む必要がないから楽ですね。観測小屋をほしがる星見ファンの気持ちがよくわかります。

日没とほぼ同時に双眼鏡でありそうな場所を探すと比較的簡単に見つかりました。でも肉眼では難しい。かなり低空です。肉眼で見えないので望遠鏡に導入するのも一苦労です。適当に振り回したらなんとか入ってきました。

20120531vunus1

とりあえず失敗は避けようと、Borg 101ED+1.4倍テレコンバータの直焦点です。あえてノートリミング。小さいですね。7倍の双眼鏡でもなんとなく形がわかる気がしました。

こちらはor9mmでの拡大撮影です。

20120531vunus2

Registax処理しました。一こま一こまはものすごいゆらぎと色収差で見られたものではありません。数百枚重ねたのと色ずれを修正してあります。しかし天体写真の動画には一眼レフは向きませんね。Webカメラかビデオカメラのほうがいいみたいです。

内合5日前ですが、意外にまだ太いです。ゆらぎのせいかもしれません。もう少しすると大気のため円の半分以上に弧が伸びるようですが、そういうのを撮りたかったです。

この動画を撮っている途中で木の陰に消えていきました。たぶん今日が限界くらいでしょう。次に金星にお目にかかれるのは太陽面でです。晴れるといいなあ。

| | コメント (4)

2012年5月30日 (水)

金星見ました

本当に久しぶりに主鏡Borg 101EDを持ち出してみました。狙いは金星、土星、月、ω星団です。火星はもう小さすぎですかね。

金星が見える時間にと日没くらいに設置したのですが、西の空は低空に雲がかかっています。半分あきらめ月など眺めていました。金星は来週内合です。それまでに一度撮影したかったのですがだめっぽい。でも西の低空見るとまだ夕焼けが真っ最中の明るい空になにやら雲間に星が見えます。あれがそうかな、と思い望遠鏡を向けてみると三日月よりさらに細い、金環日食になる手前の太陽のような金星が見えました。しかしカメラを取り付けている間に雲に隠れてしまい撮影することはできませんでした。意外に高度があったのでもう少し早めに準備すれば撮れたかもしれません。日面通過直前の貴重な金星が撮れたかもしれないのに残念でした。

せっかくなので月でも

Img_5927


これは101ED+×0.85のレデューサーをつけています。ω星団向けに組み替えました。しかしω星団はまったく写っていません。星らしきものは写っていますが、ちょうど運動公園の真上で光害がひどい。ナイターしてなければ可能性はあるかもしれません。

6月6日の天気予報も出始めました。新潟は今のところ曇りです。まあ、前回のような1日雨の予報でなければ一部くらいは見られるでしょう。GPVでは雨ながらも若干雲の切れる時間帯もあるような感じです。でも、1週間後はどうなるかわかりません。準備はしておきます。

| | コメント (4)

2012年5月28日 (月)

金環日食その4

さて、撮りためた金環日食の写真をどうやって見せようかと考えていました。動画にするにはコマが少ないし、ほかにすばらしい作品がたくさんあって今更ですし…

スライドショー的に見ると動きがわかっていいのですが、何十枚の写真をダウンロードさせないとだめなので難しいです。と考えてPowerPoint形式にすることにしました。これなら自由なコマで止められますし、詳細なベイリービーズとかもよく見えます。

これがその全コマです。

Eclipse

87枚ありました。だいたい5分おきですが、金環中は数秒おきに連続してシャッターを切っていますので、短時間の動きがよくわかると思います。時刻はカメラのExifで記録されたものを117の時報で修正しましたので±1~2秒くらいだと思います。天文年鑑の予報とほぼ合っています。位置合わせは手動で行ったので完璧ではないですがご容赦を。

こちらからダウンロードしてください。
http://www.hoshimi.halfmoon.jp/eclipse.ppt

パワーポイントをお持ちでないかたはこちらからフリーのビュワーをダウンロードできます。
http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?familyid=cb9bf144-1076-4615-9951-294eeb832823

このファイルは商用での二次使用(いわゆるお金儲け)をしなければ教材などで自由にお使いになって結構です。改変しても構いません。ただし版権はこちらにあります。一応メールにてご一報いただけると幸いです。コメント欄かプロフィールに書いてあるメールアドレスにお願いします。もちろん個人でお楽しみになる分にはお知らせ不要です。

参考までに作り方
基準となる一枚をPhotoshopの背景として読み込みます。
位置合わせしたいコマをその上にレイヤーで重ねます(これはコピペ)。
差の絶対値で位置合わせをした後、背景を非表示にしてWeb用に保存します。
解像度の変更とカンバスサイズの変更をアクションでバッチにし、全ファイルを一気に変換します。
PowerPointのフォトアルバム作成機能を使うと一発でPowerPointに取り込みできます。
一枚ずつExifから取得した撮影時間に補正を加えたものを貼り付けます。

以上です。PowerPointは使ったことがないのでもっと楽な方法があるのかもしれませんがかなり手間がかかりました。でもそれなりにいいものができたと思っています。よろしければお楽しみください。

さて、これで金環日食シリーズはおしまい。次は金星日面通過ですね。

| | コメント (6)

2012年5月22日 (火)

金環日食その3

ベイリービーズらしきものが撮れました。

20120521

第三接触の時です。ほかの方の写真ではビーズ状に美しい光の連続が見られますが、口径も小さく、焦点距離も短いレンズで鮮明さに欠けるため精細なビーズは写りませんでした。しかし、それっぽいのが写ったのでよしとしたいと思います。

このあたりはシャッター押しっぱなしですが、月の速度は結構速いもので1枚毎に違う姿を見せてくれます。これがもっともそれっぽかったです。1秒違っても全然違いますね。

ちなみに私の撮影場所はこんなところ。

P1010002

ここは利根川河川敷。ほぼ360度障害物がなく絶好の撮影ポイントなのですが、撮影しているのは私だけです。もう1組望遠鏡を覗いているグループがありましたが、撮影でなはく観望のようでした。ちなみに新潟ナンバーの車。やっぱりリングが見たかったのでしょうね。

| | コメント (6)

2012年5月21日 (月)

金環日食その2

連続撮影は全経過が晴れていなければ難しいです。今回も撮れれば超ラッキー、ところどころ薄雲越しでも撮れればラッキーとくらいに思っていましたが、なんと!ほぼ全経過雲なしに撮ることができました。

20120521

NHKの取材班が金環帯でもっとも晴れそうなところということで選んだのがここ、群馬県前橋市だったそうです。普段運の悪い私にとってこんな奇跡のようなことがあるのですね。

Pentax *istDsで24mm相当のズームで撮りました。5分おきのインターバルで比較明合成しています。私にしては珍しく対角上に並ぶようによう、ステラナビゲータでシミュレーションしました。なんとかうまくいきました。残念なのは前半やや露出オーバーなこと、なぜか途中でずれてしまったこと。これは画像処理で修正しましたが。フィルム時代では多重露光可能なカメラでないと難しかったのですが、デジタル時代では楽に撮れるようになりました。いい時代ですね。

| | コメント (6)

金環日食その1

見れました!関東まで遠征した甲斐がありました。

Img_5813

私は群馬県前橋市です。もう少し東京よりで真円に近いものを見たかったのですが、距離もありますのでここにしました。天気は金環帯の中では最もいい方だったようですね。ほぼ全経過雲に邪魔されることなく見えました。結果、ここにして正解でした。

とりあえず午前中だけ仕事をサボり、今は仕事中ですので速報まで。

| | コメント (8)

2012年5月19日 (土)

教訓!

ちょっと恥をさらしたいと思います。

日食機材の調整をしていました。やっぱりもう少し拡大して撮影したいと思って直焦点ではなく間接撮影に組み直してみました。なかなかばっちりうまく行ったのですが、テスト撮影で太陽を導入するときにフィルターを外して投影版に写す要領でやったのですが、撮影したらどうも像が変です。接眼レンズを見るとなんと、溶けています。

Pict0190

Borgの安い接眼レンズなのですがプラスチックレンズなのですね。大失敗。バルサムで貼ってある高級レンズは使うなとは聞きますが、まさか溶けるとは思ってもいませんでした。教訓!対物側のフィルターを外すときは細心の注意を払いましょう。まあ、安いからいいのですが製造中止でもう作っていないんですよね。軽くてちょっと見には便利なので重宝していたのですが。それよりも本番の時はどうしましょうか。そっちのほうが問題です。また直焦点に戻そうかなあ。

| | コメント (4)

2012年5月16日 (水)

まもなく通過します

そういえば6月6日は金星日面通過。金環日食は毎年地球のどこかで見られますが、金星日面通過は地球上どこでも100年毎にしか見られないのですから日食より貴重かもしれません。前回は8年前でした。100年毎でも見えるときは続けざまに2回見られるというのはおもしろいです。8年前は全国的に雨で北海道の一部しか見えなかったですね。今年は絶対に見たいです。

ということは金星はそろそろ内合、見えなくなってしまいます。その前に1回くらい写真撮らねばと思っていましたが、なかなかチャンスがありませんでした。今日、ようやくなんとか晴れました。

201205151

Borg 101ED+or9mm+2.2倍エクステンダーにEOS Kiss X3で間接撮影しました。これは動画モードで撮ってRegistaxで500枚くらいを処理しました。目で見ているとまるで水底の映像を見るようにゆらゆらゆれてまるで安定しません。しかし、こんなになめらかになります。RegistaxはMOVファイルを読めませんので、一旦ビデオ編集ソフトVideoStudioで読み込んで若干トリムしてAVIに変換し、Registaxに読み込みました。

ちなみにこれは一発撮り

201205152

数十枚撮った中の最も安定していたものです。これ以外は波打って何がなんだかわかりません。

今まで惑星撮影は自宅前で写していたのですが、北極星が見えないので極軸が合わせられない上、視界も限定されるので自由に撮れませんでした。それで今日はわざわざ郊外の田んぼまで出かけ撮影しました。やっぱりこのほうが楽に撮れますね。土星も撮りたかったのですが雲に覆われてとうとう見ることができませんでした。赤道儀も職場に置くことになり、とうとう機材の90%は職場に持ってきてしまいました。まあ、自宅から星見に出かけることはまずないのでこのほうが便利です。公私混同してますが、仕事もしっかりして怒られないようにします。

| | コメント (4)

2012年5月13日 (日)

予行演習

やっと太陽が顔を出したので日食の予行演習ができました。

日食めがねも試してみました。大きな黒点が現れていますが、肉眼でもなんとなく見えます。黒い点がわかったので双眼鏡で見てみたらやっぱり黒点でした。

これは日食機材で撮影したものです。

Img_5677

EOS Kiss X3、ISO100で1/400です。ND400を2枚重ねしました。やっぱりこれでちょうどいいですね。もう少し高速シャッターを切りたいのでISOを上げた方がいいかもしれません。しかしピントが合わせづらい。太陽が明るいので液晶モニターよく見えません。バリアングルでもないので姿勢もきつい。そこでいいことを考えつきました。黒い風呂敷をかぶせたところモニターがよく見えるようになりました。誰かのお葬式でもらった「MOTTAINAI」ブランドの風呂敷です。いい具合に内側が黒く遮光します。

Pict0188

眼視用ペンシルボーグも試しましたが、やっぱり像はよくないですね。でも肉眼よりちょっと大きく見えればいいのでこれでよしとします。当日は周りに見たいという人も出てくることが予想されるので、これで見せてあげます。口径も小さいし結構安全のようです。

ほかにももう一つ違った視点からの写真を撮りたいですが、なににしましょうか。広角で連続撮影がいいかな。でも快晴でないとだめですよね。天気予報も日食当日に合わせた予報を出し始めました。とにかく晴れますように。

| | コメント (2)

2012年5月12日 (土)

日食仕様

いよいよ金環日食まで10日を切りました。これが私の日食仕様機材です。

Pict0185

mini Borg 45ED+1.4倍テレコンバータです。架台にはポータブル赤道儀CD-1にボーグの片持ち赤道儀を付けています。減光は対物側にND400を2枚重ねていますが、これだと暗すぎるかもしれません。ND400とND8の組み合わせも試してみます。しかしテスト撮影しようにもなかなか太陽が現れてくれません。

せっかくなので眼視もしたいと思い、ペンシルボーグを同架しました。こちらの減光には星ナビの付録の減光フィルターを対物レンズの形に切ってはめ込んであります。

Pict0183

光がわずかでも漏れると危ないので、レンズと押さえリングの間に正確にカットして挟みました。こんな感じ。

Pict0184

説明書きにはこのフィルターを対物側に入れて見ないようにと言っています。ですのでイレギュラーなやり方ですからこれを見てまねしないでください。私は小さいころからよく眼視で見ていて、人に言えないあぶない目にも遭いましたので、どういう見方が危険なのかよく知っています。その上でやっていますのでご了承を。

メディアでは日食の宣伝もさることながら、危険であることもすごく強調しています。投影板で見るのが一番安全なのでしょうが、あれだと目で見たことにならない気がします。あれならネット中継と同じですね。やっぱり太陽からの光を直接見たいです。安全には万全を尽くしましょう。

| | コメント (4)

2012年5月11日 (金)

桃源郷へ

満月期を過ぎましたが、日本全国晴れませんね。それに寒い。星系ブログもほとんど更新がありません。それと裏腹に目前に迫った金環日食で日本はフィーバーしています。

ネタがないのでGW中のことを書きます。連休終盤に十日町市でクラス会のようなもの?がありました。それに出席する途中で八海山麓に立ち寄りました。

Imgp6117

天気予報大外れで美しい青空。八海山麓のこの辺は桃源郷と呼ぶにふさわしい、すばらしい風景が続きます。来るたびにここに住みたいという想いが募ります。

宴会前に釣り大会

Pict0176

宴会の食材を調達しなければならないというミッションを与えられました。前日の雨で水が濁っていて釣れないよ、という管理人さんの言葉と逆に入れ食い状態の大量。なんとか使命は果たしました。釣りガール?二人もがんばってくれました。

宴会々場からの風景

Imgp6166

なにかに見えませんか?あの林の形。小学生の時遠足でこの下の道を歩いたのですが、あれが怪獣に見えたのが印象にあります。今でも変わらない風景なのを発見して思わずシャッターを切ってしまいました。

日食の次はこれも生きているうちに見られるかという金星日面通過。これは地球上のどこでも100年に2回しか見られないので日食より貴重です。前回見逃しましたので、絶対晴れて欲しいです。

| | コメント (0)

2012年5月 4日 (金)

定休日、だいたい

恒例のGWプチ家族旅行に行ってきました。今年は雨にたたられひどいですね。こんなGWはかつて経験がありません。まあ、前半晴れたのでそんなものでしょうか。

まず必ず行く山菜採り。山菜といっても木の芽、アケビのつるです。この辺では食べる習慣がないようでいくらでも撮れます。去年テレビのケンミンショーかなにかでやっていてメジャーになったかと思いましたが、そうでもないようです。新潟の中越地方限定の習慣だそうです。私は立派に中越育ちです。ちょうど採ってる時だけ雨が小降りでラッキーでした。ちょっとついていたようです。

その後前からの念願だった鯉料理を食べに村松へ。私が撮影に遠征するところに割と近いところです。行ったところは水車というところ。あらいと甘露煮と鯉こくのセットメニューがリーズナブルな価格でした(写真略)。

駐車場にあった看板

Pict0167

受け狙いなのか、まじめなのか、商売の熱心さにちょっと首をかしげたくなります。「ほぼ日刊イトイ新聞」みたいなものでしょうか。

一日中雨で、さして盛り上がらないのでこのあとはちょっと寄り道した程度で帰宅しました。この間も書きましたが、まだ心からレジャーを楽しめる余裕がないので、晴れやかな気持ちで遊びに出かけられるのはもうちょっと先になりそうです。

| | コメント (4)

2012年5月 3日 (木)

ネタがないので

連休後半は雨模様です。星見はできない様子。でも満月期ですし、桜も終わったので晴れてもなにもできません。しばらくネタもないので前に撮ったSIGMA 70mmマクロと冷却60Dの写真を1枚載せます。

Img_7900

これはなんでしょう?そうですね。M81とM82です。小さすぎてつまらないですね。でも私はこういう広い視野に小さく浮かんでいる小宇宙が好きです。あ、今は小宇宙って言わないんでしたっけ。銀河…ですよね。どうもこれを銀河と呼ぶのは違和感があります。昔は小宇宙、島宇宙、系外星雲、系外銀河、渦巻き星雲、渦巻き銀河などと呼んでいたような気がします。昔の本をめくってみたら系外星雲と書いてあります。銀河というからには銀の河、つまり天の川をイメージします。「銀河のロマンス」という曲もありますしね。あれは天の川を指しています。まあでも世の習いに従って私もこれは銀河、空を流れるのは天の川と呼びます。

戯言を語ってしまいました。この近辺には非常に淡い分子雲が存在しますが、見えにくいものを撮るのが好きな私のいずれの目標です。暗い空で何十枚もコンポジットして画像処理であぶり出さないとだめみたいですね。いつか挑戦しますので乞うご期待。

| | コメント (2)

2012年5月 1日 (火)

直角覗景器買いました

Astro 60D用にアングルファインダーを買いました。タイトルの字はあっているでしょうかね。

Pict0164

純正はとても手がでないので、何人のかたからいただいた情報で中国製の安いものにしました。ググるとアマゾンが一番安いようなので、そこでポチしました。送ってきたところはROWA JAPANというところ。ノートパソコンの再生バッテリーのお店です。時々利用しますが、相性が悪くて使えなかったものでも返品に応じてくれたという親切なお店です。

装着するとこんな感じ。

Pict0165

まだ星は見ていませんが、まあまあ使えると思います。これは拡大ができないようですが、これでピントを合わせようとは思っていないので不要です。

そういえばまだ外部電源も作っていません。カプラーだけは買いました。どうせ12V電源が必須なので、外部電源も12Vから作ろうかなと思っていますが、新潟はなかなか部品が手に入りにくくなってしまったのでどうしましょう。やっぱりエネループにしようかな。

| | コメント (2)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »