« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月26日 (月)

Photoshop CS6を試す

ついにPhotoshop CS6のパブリックベータ版が公開されました。ここから自由にダウンロードできます。60日間または5月31日の早いほうまで使うことができます。

早速今日の金星、三日月、木星の直列を処理してみました。

201203261

3月も末だというのにこの寒さ、雪雲が飛び交う合間にやっと撮影できました。CS6の今回のウリはなんなのでしょう?正直よくわかりません。しかし、デザインが大幅に変わりました。違うソフトみたいです。

HDRトーンという機能がありましたので試してみました。

201203262

「なんちゃってHDR」といったところでしょうか。よく見えなかったスバルも見えています。天文屋さんにはあまり必要のない機能でしょう。

アドビは3世代前までアップグレード可能なので私が持ってるCS3からでもできるはず。しかし、な、なんとアドビは今度から1世代前のバージョンからしかアップグレードできなくなったとのこと。聞いてねーよー。だからCS6が出るまで待っていたのに…(涙)。でもそれはあまりに理不尽なので3世代前でも今年の12月31日まではバージョンアップできるとのこと。ちょっと安心です。しかし、アドビのライセンス形態は年々厳しくなる一方でなんだかいやになってきてしまいました。画像処理ソフトではほかに代わるもののない唯一無二のものなので使わない訳にはいかないのですが、もうこれでバージョンアップは止めるかもしれません。機能はほとんど飽和しているのであまり困らないのですけど、新しいOSへの対応の時に困りますね。Elementsはちょっと方向性が違うので、昔のPhotoshop LEのような機能限定版がでないものでしょうかね。

| | コメント (4)

2012年3月25日 (日)

NAEBA SKI TOUR 2012

苗場スキー場に行ってきました。去年も行きましたが膝の手術直後で滑れなかったため、実質的に学生の時に行った以来になりますから34年ぶりということになるでしょうか。タイトルも当時のツアー名のオマージュです。このブログを訪れていただいている方の何人かに懐かしんでいただいているかも…当時泊まったのは民宿風ロッジ。学生の身分でプリンスホテルに泊まるのは夢のまた夢でしたが、今回はそのプリンスホテル。夢が叶いました。しかし、スキーも下火のせいか、お値段はとてもリーズナブル。これくらいなら当時だって泊まれたかも。

初日は雨に降られびしょ濡れでの滑りでしたが、翌日は時折吹雪くこともあるけどおおむね曇りで晴れ間も見せてくれました。天気予報は一日雨でしたが、このあたりでは新潟県の天気予報は通用しないようです。

Pict0137

ダイナミックなゲレンデです。今まで標高の低いスキー場しか行かなかったので、気分最高です。

Pict0124

これは筍山。学生の時この上に行きました。この日は風がやや強かったためか、リフトが運休になっており行くことができませんでした。ここに行けるものにしか姿を見せない谷川岳を見たかったのですが、残念。

Pict0118

霧氷でしょうか。海老のしっぽと呼んでいました。これを書いているときちょうどテレビで石鎚山の霧氷を放送していたところでした。真冬ならもっとすばらしいものが見られるのでしょうね。

Pict0139

苗場名物大斜面から見たレストランプリンス。この風景は34年前と変わりありません。まさかまだあるとは思っていませんでした。懐かしいです。

寄る年波のせいで前ほどガンガン滑れなくなりましたが楽しかったです。子供もだんだん上達してきて私のサポートもしてくれますので安心して滑れます。来年はぜひ子供と一緒に筍山頂上に立ってみたいですね。

| | コメント (6)

2012年3月16日 (金)

先人に敬意

今日はまさかの晴れでしたね。夕方まではほとんど曇りでしたが、日没後からどんどん雲が消え、透明度もよくなってきました。木星と金星もならんでくっきり見えます。こんなに好転するとは思わなかったので機材の用意をなにもしないで出てきてしまいました。指くわえて見てるしかありません。

そんながっかり気分で車を運転していたらニュースで日本最古の天体写真が見つかったとのこと。ナビのテレビをチラ見しながら運転していました。帰ってからWebを見てみました。

http://www.nao.ac.jp/releaselist/archive/20120316-old-plate/

すごいですね。約100年前にM42がこれほど写せたとは。モノクロであることをのぞけば私が数年前に撮っていた写真と同じ感じ。時代の隔たりを感じさせません。3時間の手動ガイドとのことですが、星マニアの熱意は今も昔も変わりないのですね。大先輩に敬意を表したいです。

ちょっと画像を拝借して画像処理してみました。

19160214_2

かぶり処理が完全にできませんが、M42の淡い部分までよく出ています。とても100年前に撮られていたものとは思えません。

画像掲載にあたってHPの使用許諾を読んでみましたが、個人利用(ブログも含む)に使うのは自由にやっていい、ということらしいです(画像加工もいいと解釈しました ただしクレジット必要)。もちろんリンクフリー。たいした内容でもないのに、リンクはお断り、とか書いてあるHPが多い中、太っ腹です。情報はこうやって広めることに価値があると思うのですけどね。

| | コメント (0)

2012年3月15日 (木)

ランデヴー

ランデヴーってもはや死語ですよね。今はツーショットっていうんでしょうか。

Img_5492

金星と木星。晴れればちゃんとした星景写真として撮りたかったのですが、雲に囲まれ出る気がなくなりました。職場の窓からです。これはちゃんと窓を開けました。レンズ焦点距離は48mmです。角距離は3°15’ですから満月の6個分以上です。天文的には接近とは言えないですが、一般的には結構話題になっているみたいですね。ここ数日が最も近づいている時期。だんだん離れていきます。今回は水星もかなり高く昇ったようですが、見られたのは先日写真に撮ったときだけです。

風が冷たい。冷気が北極から流れているというのが体感できます。もう3月中旬ですし、そろそろ春と交代してくれないでしょうか。

| | コメント (0)

2012年3月13日 (火)

大黒点現…れた

結構でかいのが現れたんですね。

Img_5489

ずっと狙っていたのですが、やっと写せたのが昨日12日。もう隠れようとしています。正面を向いていた頃はだいぶ大きかったようですが、全然晴れませんでした。この写真もお昼休みに職場の中から窓ガラス越しに撮ったものです。いいかげんですね。太陽も難しい。ピントが合わせにくい。周りが明るいとライブビューもよく見えないんですよね。シーイングも定まらないし。一度黒点の詳細な拡大撮影をしてみたいのですがなかなか機会がありません。今度大きなのがでたらやってみます。

しかし寒い。冬に逆戻りです。真冬の吹雪より春の淡雪は冷たく感じます。

| | コメント (4)

2012年3月 8日 (木)

背中を押されて

とうとう背中を押されてポチしてしまいました。何に?円高にです。何を?これです。

Astro60d

Central DS製Astro 60D

少し前から迷っていたのですが、どうしてもポチする勇気が出ませんでした。昨日もホームページ眺めて結局押せず終い。今日も昼休みに覗いたのですが、なんと!昨日より1万円値下げしている。昨日押さなくてよかったー。たったの1万円ですが、背中を押されるのには十分です。きっかけが欲しかっただけなのかもしれません。

ちょっと前にまとまった可処分所得が手に入り、いつもはそういうお金を小遣いにすることは許さない女房が珍しく、好きなもの買っていい、との許可を出したので、なにを買おうかとずっと考えていました。このブログでもちょっと書いたところ、何人かの方から冷却CCDなど紹介をいただきました。その節はありがとうございました。そちらにしようかともずいぶん考えたのですが、カメラレンズが使えること、パソコンなしでも気軽に撮影できること、など考えていったらやっぱり改造一眼レフになってしまいました。瀬尾さんのところのにしようかと思いましたが安さに負けました。また、温度計が内蔵のところも気に入りましたし。ユニットが大きいのも欠点としてではなく、液晶をたたんだときうまく収まってくれるのが逆に長所に見えてきました。それから冷却X5も近々発売予定のようで、こちらも候補にしていました。価格は圧倒的に安いのですが、赤外カットフィルターがないので結局それをそろえると値段差が縮まり、価格メリットがなくなるため候補から外しました。

さて、届くのは中旬以降になりそうです。春の銀河団をまず撮りたいですね。コンポジットなしで多数コマ撮れるので広い範囲のモザイクが作れそうです。夏の真っ赤っかの天の川ともおさらばできると思うとうれしいです。このシーズンはいい天気に恵まれますように。

※今見たら売り切れ。やっぱり1万円に背中を押された人はいっぱいいたようです。はやめにポチして正解でした。

| | コメント (11)

2012年3月 2日 (金)

これは失敗

おとといの快晴の夜、惑星直列を撮った後でもう一仕事し、帰宅途中で佐潟によって撮影しました。

Img_5482

一番星さんアイデアのクリアラッカーのソフトフィルターを試してみました。レンズはZenitar 16mmです。このレンズは後ろにフィルターをねじ込んでありますので、それを外してラッカーを吹きかけてみました。かけ過ぎのようですね。微恒星が写りませんし、ぼやけすぎです。もっとあっさりかけなければだめみたいです。やり直してみます。Zenitar 16mmは後ろのフィルターを外すとピントが合わなくなります。だからもうこれは星座写真専用レンズになってしまいます。まあ、Tokinaの魚眼とかぶるのでそれでもいいのですが。それに月夜とか光害のあるところではかぶりが強調されるので使えませんね。でも昔ながらの星座写真が撮りたくなったのでまたやってみます。安い広角レンズを買ってもいいかもしれません。オークションでも探してみます。

| | コメント (4)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »