« 遠征用アイテムきました | トップページ | 写真展への誘い »

2012年2月 6日 (月)

凍み渡り

今朝は女房がパートに出かけるのに幹線道路まで車を出すためにちょっと早起きさせられました。寒い。車のフロントガラスが霜で真っ白です。空は朝焼け。放射冷却現象というやつです。

女房を送り出し、何気なく新雪に足を踏み入れてみたところ、沈まない。おお、凍み渡りができるではありませんか。

Dsc_0038

さすがにちょっと体重をかけると踏み抜いてしまいますが、そーっと歩けば沈まないで歩けます。何十年ぶりだろ、凍み渡りなんてしたのは。家のうらの元中古車屋の広い空き地ですが、どこまでも歩いていきたくなりました。

子供に「凍み渡りができるぞ」といったところ「なにそれ」。「雪の上を歩いていけるぞ。学校まで一直線で行けるぞ」。「そんなんしたくね」。「・・・」。予想していた言葉とはいえ、凍み渡りの楽しさを知らずに大きくなる子供がちょっとかわいそうなような…。オヤジのノスタルジーですね。

|

« 遠征用アイテムきました | トップページ | 写真展への誘い »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

良い天気でしたね、2月は凍み渡りの季節です。娘が小学生の頃良く田んぼの上を歩きました。
もっと昔、私が田んぼの真ん中の高校に通うのに原付で走ったこともありました。

投稿: けんちゃ | 2012年2月 7日 (火) 12時39分

凍み渡りが出来るんですね。
気温も下がった事でしょうが、お子さんの発言は想像していても、ショックですね。
何でも遊びにしていた時代とは違うようですね。(笑)

投稿: 電球 | 2012年2月 7日 (火) 14時27分

けんちゃさん
たぶん私が早起きする機会がなかっただけで新潟でも凍み渡りできる日はあったのだと思います。
凍み渡りの楽しさを子供といっしょに味わいたかったなあ…
原付で走れるとは、すごく凍みたんでしょうね。

投稿: まるひ | 2012年2月 7日 (火) 23時01分

電球さん
子供の頃、凍み渡りをして学校に行くのは楽しかったです。背中に羽が生えたような、そんな自由さを感じました。
東北には地吹雪ツアーというのがあるそうですが、染み渡りツアーもできれば当たると思うのですけどね。

投稿: まるひ | 2012年2月 7日 (火) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遠征用アイテムきました | トップページ | 写真展への誘い »