« 雪の降る街を | トップページ | 遠征用アイテムきました »

2012年2月 4日 (土)

間違いだらけの雪道脱出

先日までの大雪で我が家の前はこんな状態です。ここ数日何台もの車の脱出をお手伝いしました。

Imgp6100

コツをつかめばそう難しいものではありません。ただし、スコップは必携です。

動かなくなったらまず力任せにもがくのは止めましょう。底なし沼と同じでますます身動きできなくなるだけです。車から降り冷静に車の周りを見渡します。障害になっているなにかがあるはずです。まずはタイヤの周りの雪をスコップで掘ってなだらかにします。ボディの周りに雪がぶつかっていたら取り除きます。車体の下を覗き、雪を抱いていたらこれもスコップで取り除きます。そうしたら車に乗り込みまずはバックします。そーっと、そーっと決してタイヤを空転させないように。わずかでも後退できたらしめたもの。あとは前進と後退を素早く繰り返しブランコをこぐ要領でゆっくりゆっくり前後を固めます。頃合いを見計らって一気に脱出。これで一人でもほぼ脱出できます。

ネットを見ていますと脱出法としてよくあるのは

×タイヤの下に毛布などをしく
×人に押してもらう

いずれも×です。

毛布など敷いても空転すればあっという間に吹っ飛び全くやくにたちません。そもそもどうやったらうまくタイヤの下にかませることができるのでしょうか。私はこれで脱出できた例を見たことがありません。人に押してもらっても、まず動きません。そもそもこの状態では何らかの障害物が1トンもの車を押しとどめているのですから、人力でなんとかなるものではありません。人に頼むものではないですし、頼まれたら断るのも角が立つので押すフリだけして「だめですね~」とかいって止めましょう。まじめにやると腰とか手を痛めますよ。

これらの脱出法はたぶんノーマルタイヤでせいぜい5cmくらいの雪で滑っているときにだけ有効なのだと思います。つまり雪国の事情を知らない人が言ってる、都会のドライバー向けの脱出方法でしょう。

あ、最後にスコップはプラスチック製やアルミのものはだめです。鉄の頑丈なものに限ります。雪国ドライバーは長靴とこれは冬期間必携です。

------------------------------------------------------
結構「雪道脱出」の検索ワードで訪れていただく方が多いので、追加情報です。

雪を抱いていわゆる「亀の子状態」になってしまったときですが、多くのサイトでは応援を呼んで牽引してもらうしかない、と書かれています。でもこんな時でも一人で脱出できる方法を紹介します。

ジャッキアップです。空転しているタイヤ(たぶん1本だけです)をジャッキで持ち上げます。十分足場を固めて危険のないようにしてください。抱いている雪と車体の間にわずかでも空間ができれば雪を取り除くのは簡単です。当然ですが、車体の下には体を入れないように。スコップを伸ばして取り除きます。ついでにタイヤの下に雪や砂を入れておくといいでしょう。雪を取り除いてジャッキを下ろし、タイヤと地面がちゃんと接地すればもう簡単に脱出できます。

ジャッキアップなんて大げさでやりたがらないのだと思いますが、最終手段として応援頼む前にやってみてください。驚くほど簡単に脱出できますよ。

2012年12月10日
------------------------------------------------------

こちらの体験記もご参考に

2013年12月14日
------------------------------------------------------

|

« 雪の降る街を | トップページ | 遠征用アイテムきました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

雪道のスタック時の焦りはひどいですよね。
幸い教習所に通った頃は誕生日前から通い始めまして、路上教習は雪道でした。
2ndを連れてスキーにも行きましたので、脱出方法は知っているつもりですが、
スコップと長靴とスタッドレスでも、チェーンは積んで出掛けます。
チェーン付けにはひざ周りの足付くのに濡れ防止に新聞紙も持参します。

予断ですが、寒いときに新聞紙は焚き付けやウエァーに挟むと防寒にも使えますよ。

投稿: 電球 | 2012年2月 5日 (日) 11時09分

ごらんのとおり、こちらの雪道はひどいです。駐車場から出るだけで一苦労。幹線に出るまでにも何度もスタックしそうになります。「ずりっ」と横滑りしながら進むので慣れない人は恐怖だと思います。
雪国のほうが除雪が行き届いているので走りやすいですね。
スキー場とか、坂道を登るときはチェーンはいざというとき必要ですね。最近は近場のスキー場しかいかないので必要を感じないのですが、志賀高原とかは必要そうですね。

投稿: まるひ | 2012年2月 5日 (日) 19時09分

 こちらで雪が降ればこの方法・情報は大助かりです。

もっとも、雪の日はなるべく車は乗りませんが・・・。

投稿: mexicali | 2012年2月 6日 (月) 15時33分

mexicaliさん
そっちも雪は多少降るのでしょうか。新潟県には福島県から避難している人が多いですが、さぞこの雪にとまどっていることと思います。
私も道がひどい日はできる範囲で予定を延ばしてでかけないことにしています。

投稿: まるひ | 2012年2月 6日 (月) 19時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雪の降る街を | トップページ | 遠征用アイテムきました »