« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月31日 (火)

寒波の狭間に

第一級の寒波が襲ってきているといいながら晴れています。ちょうど雲の切れ間なんでしょうかね。ほぼ快晴。でも思いもかけなかったので帰宅して駐車場からのちょこっと撮影です。

20120131orion

光害地のうえ、月もあるし透明度も悪いのでよく写りません。でもこの時期は星に飢えているので写ればなんでもいいです。この時期としては雲もほとんど通り過ぎず、よく撮れたほうだと思います。GPVで見るとちょうどこのあたりだけ雲の谷間のように帯状に晴れています。県内のほかは大雪なのに。佐渡があるせいだという俗説がありますが、本当ですかね。

といいながら今外を見たら晴れています。GPV見たら魚沼のほうまで晴れている。明日からまた厳しい寒波が来るそうですが、ちょっとだけ天が与えてくれた贈り物なのでしょうかね。

| | コメント (4)

2012年1月29日 (日)

地吹雪を見に

朝目が覚めると日が差して風が吹いている。寒い。こんな日は地吹雪が発生します。だからといってわざわざ見に行くなんてのは物好きの骨頂です。

Imgp6089

2年前ほどひどくはありませんが、雪原には吹きだまりができています。一般道は地吹雪対策のフェンスが効いているのでほとんど吹きだまりはありません。普通に通行できます。風が比較的強くないこともあるのでしょうね。

Imgp6092

でもさすがにここを突っ切るのは勇気がいるので止めました。雪道運転は自信がありますがこういう場面では慎重になります。

まだまだ雪は続きそうです。家の前の除雪をしたので、とりあえずまた降ってもちょっと安心。雪かきは嫌いじゃないのは雪国育ちのDNAが入っているからでしょうか。

| | コメント (4)

2012年1月28日 (土)

こんなものが売れ筋

カカクコムをのぞいてみたらフィルターのカテゴリーでこんなものが売れ筋商品に。

Uresuji

露出倍数100000倍のNDフィルター。金環食ねらいは明らかです。でもなぜ77mmなんでしょうか。そのフィルター径のズームレンズが多いのでしょうかね。

私はいつも太陽撮影は普通にしていますから、いまさら備えるものはありません。でも半年くらい前に余分に52mm径のND400をポチしておきました。2枚あるので重ねて露出倍数は160000倍です。これを45EDに取り付けて撮る予定です。160000倍だと暗すぎる感がしないでもないのですが、ND400とND8で高速シャッターを切るくらいでちょうどよかったかもしれません。まあ、今度晴れたら黒点撮影がてらテストしてみます。どういう撮影プランにするかもじっくり考えます。まだ先のようですが春になれば5月なんてあっというまですね。

| | コメント (0)

2012年1月25日 (水)

しんしんと

今こちらは大雪。子供の頃十日町とか小出にいたときには珍しいことではありませんでしたが、新潟市内でこれだけ降るのはめったにありません。この辺だけ集中して降っているみたいですね。ライブカメラ見ると下越の方は日も差していますし、魚沼のほうは道路が乾いています。集中豪雨と同じで雪も局地的に降ります。

Img_5369

道路は渋滞の模様。今日は外回りに行く予定でしたが、約束があるわけではないのでやめます。職場にこもることにします。こういう日は妙に落ち着くのは雪国そだちだからでしょうかね。

| | コメント (4)

2012年1月24日 (火)

オーロラ出現か?

磁気嵐が発生したらしいです。

20120124

こういうときはわずかな可能性を求めて低緯度オーロラが写らないかと多少の努力をしてみるのですが、こう天気が悪いと無理ですね。極地で見える普通のオーロラにはあまり興味がないのですが、まれにしか見えないものだと俄然意欲が湧いてきます。

見えにくいものといえば村上で蜃気楼らしきものが見えたそうですね。見てみたい気がしますが、はっきりと変わったものが見えるわけではなさそうなので遭遇しても気がつかないかもしれません。

※写真はニュースサイトから拝借しました<(_ _)>

| | コメント (2)

2012年1月18日 (水)

amazon.comを使う

この間、amazon.comで買い物をしました。amazon.co.jpではありません。私はてっきり海外amazonでは買えないものと思っていたのですが、すんなりと買えました。パソコンのキーボードなのですが、国内では手に入らないASCII配列のものが欲しかったので、ものは試しとアカウントを作ってやってみました。

国内でやるのとほとんどかわりません。簡単。日数は10日ほどかかりましたが、送料が997円。日本での送料と大して変わりません。メールにはその日の円レートでの金額が書いてあるという親切様です。

これなら天体機材も買えるんじゃないかと検索してみました。

Amazon

OrionのCCDカメラがあるではないですか。$1200というと10万円弱ですか。ちょっと食指が伸びましたが、よく見ると海外には発送しないよ、と書いてあります。amazonといってもすべて日本に送ってくれるわけではないようです。なにか政治的関係でもあるのでしょうかね。

でも、意外なものでも送ってくれそうな気がしますので、一応なにか買いたいときはチェックしてみたいと思います。マウス数ポチで海外で買い物ができるのですから便利な世の中ですね。

| | コメント (0)

2012年1月17日 (火)

露よけグッズ

先日センター試験を受ける息子のためにホームセンターにホッカイロを買いに行ったところ、目的のホッカイロの隣に見慣れたものが。

Pict0074

私がレンズの露よけに使っている白金懐炉のベンジンではありませんか。それに懐炉本体も。通販以外で売っているとは思いませんでした。ベンジンはこのあいだ通販でわざわざ取り寄せたばかり。送料と代引き手数料が思いの外高く、定価の2倍になってしまいました。悔しいのでまだ在庫があるのですが1本買ってしまいました。さらに懐炉本体も今持っているのはミニサイズで、101EDにはちょっと小さいのでこの際だと思い買ってしまいました。あとで調べたら「ネット限定価格」より安い。不思議な値段設定ですね。

露よけなど、電気ヒーターを使えばいいじゃないかとみなさん思っているんでしょうね。でも貴重なバッテリーで機材すべての電源をまかなうのが不安なので、できるだけ分散するようにしています。同じ理由で家のオール電化もする気がありません(お金があってもです)。

一度子供にホッカイロの代わりにこれを持って行け、といったらいやだといわれました。においがするのがだめだそうです。ベンジンの懐炉なんてもう露よけ専用アイテムとしか用途はないんでしょうかね。

| | コメント (2)

2012年1月13日 (金)

これが西洋風?

やればこんな風な仕上げもできます。

Hadem42

これはおとといの記事のM42と同じ素材を使って処理したものです。海外天文マニアの写真と雰囲気似てると思います。私の稚拙な元画像でもこんな風に仕上がりますので、ハイアマチュアの方が本気出せば海外Webサイトのような目を見張る作品にすることはたいして難しいことではないと思います。

ではなぜ日本では見ないのでしょう。やっぱり私はこういう仕上げの写真、すごい(私の写真がという訳ではありませんが)と感じこそすれ、美しいとは思わないからなのではないでしょうか。私はこういうの見ると理科室の人体模型を想像してしまうんですよね。前回のようなふんわりした写真はゆるキャラのようで見ていて癒されます。

まあ、感じ方は人それぞれで違いますので、それに反論するつもりはありません。でも、どっちが好き?という投票をしたらどちらに票が集まるか、興味のあるところではありますが。

なお、これはtantanさん作の「RGB分解補完ソフト」を使って処理させていただきました。普通にコンポジットするより色乗りがいいようです。ありがとうございました。

| | コメント (4)

2012年1月11日 (水)

今年の流行色

今日、天文雑誌を立ち読みしてきました(すみません、買うのは年2~3回です)。天ガ、星ナビ両方にM42が掲載されていますが、どちらも色を抑えた地味な仕上げ。
数年前は周囲のもやもやを極限まであぶり出すというのが流行っていましたが、今年はそういう傾向は影をひそめている感じです。
思えばM42のような作者の意図でいくらでも変化する対象はその年の流行があるような気がします。

ちなみにこれが1年前の私の作品

M42201012011

意図して白っぽくしたものです。今年の傾向と似てるっちゃ似てるといえますが、ぱっと見美しくありません。似てるというのはおこがましいです。もう少し眠い感じを押さえ、丁寧に仕上げれば見れる作品になるのでしょうけど、1年前の素材をいじる気にはなれません。

この冬はM42もM45も馬の首もなんにも撮っていません。バラ星雲に至ってはかつて1枚もまともなものを撮っていません。バラもかなり作者の意図で七変化しそうなので楽しみなのですけど、こうも天気が悪くてはどうしようもありません。秋に撮りためるか、関東に出かけるか…ですね。

| | コメント (6)

2012年1月 8日 (日)

冷却が欲しい

なぜか急に冷却カメラが欲しくなってきました。冬なのに。

年頭に今年はたくさん写真を撮りに行きたいと思ったら去年の夏の写真を思い出し、ノイズのひどさがよみがえってきました。昔はあんまり気にしなかったのですが、デジカメを旧EOS Kiss DからX2に代えたところ、際だつようになってきました。でも実感としてどのくらい違うのかわからなかったので、ちょうど真冬のこの時期、ダークを撮って検証してみました。

Summer

Winter

上は夏。8月27日ですから気温は25~30度くらいだと思います。下は今日、カメラを外に放置して撮ったものです。気温は0度でした。どちらもISO800で10分です。レベル調整などは同じ条件です。

いやはや、全然違うものですね。確かに実感しました。冷却だとダーク引かなくてもいいとか聞きますが、理解できました。ますます冷却したくなりました。でもX2の改造はもう引き受けてもらえないようですし、60Dの新品改造機は高い。いっそモノクロCCDというのもよぎりましたが、さらに高い上に晴天率が悪い新潟で十分生かせるかという問題もあります。

某天文ショップで中古の冷却40Dの中古を見つけました。ポチに手がかかっていますが最後の一押しの勇気が出ません。まごまごして売れてしまったら後悔するんだろうなー。

| | コメント (8)

2012年1月 6日 (金)

コダックが破産?

車中でラジオを聞いていたらそんな衝撃的なニュースが!まだ決定ではないようですが、そんな情報が飛び交っているようです。

私が最初に買ったデジカメがKodakのDC25というものでした。それ以降のデジタル時代ではほとんどそこの製品を使うことはありませんでしたが、フィルム時代はお世話になりました。モノクロはトライ-XをD76で現像、カラーはもっぱらコダクロームでした。偏光フィルターをギンギンに利かせたこんな色の空はコダクロームでしかでませんでした。

Fuji1

時代の流れとはいえ、映像の世界を切り開いたパイオニア的な企業がなくなる(かもしれない)のは一抹の寂しさがあります。しかし、デジタルの進歩はものすごいですね。ほんの10年前まで自分がデジタル一眼レフを手にすることなど一生ないだろうと思っていました。今や3台持ちですからね。さらに10年後はどうなっているのでしょう。想像もつきません。

| | コメント (2)

2012年1月 3日 (火)

今年のイベント

天文年鑑は毎年買います。天文趣味から遠ざかっていたときも欠かさず買っていました。最も古いものは1967年だったと思いますので45冊でしょうか。(1969年が最古でした。44冊ですね)全部取ってあります。

Tennen1969

Tennen2012

今年はビッグイベントがたくさんあります。

・金環日食
・金星日面通過
・木星食
・金星食

金環日食は新潟では完全に金環にはなりません。ですので是が非でも金環になるところまで遠征します。群馬県あたりまでと思っていますが、時間が許せば埼玉あたりまでいってなるべく真円のリングをみたいものです。今回だけは中心が通る東京の人がうらやましいですね。

金星の日面通過も金環食以上に見逃せません。前回の2004年は全国的に雨で北海道の一部でしか見られなかったようですが、今回も梅雨どき。晴れることを願うだけです。車で行ける範囲なら追いかけるつもりです。これこそ100年に一度の現象ですので、ある意味金環食より貴重な現象です。2004年当時は8年後が遠い将来に思えましたが、きてみればあっという間。年取ったのでしょうね。

ほかには金星が内合で観望しやすいですし、火星も小接近ですが観望期です。太陽黒点も活発になってきましたし、今年は忙しくなりそうです。子供の頃天文趣味に入るきっかけになったようなこういうイベントものに立ち返るのもいいかもしれません。

| | コメント (4)

2012年1月 1日 (日)

ハッピーニューイヤー

2012 年の幕開けです。今年は良いことがありますようにと祈らずにいられません。世の中も星見も。

初日の出を見るべく、早起きして散歩してきました。朝は苦手ですが、今日だけは特別。空気がきりっとして爽やかです。上空は晴れ。しかし、日が昇る方角は雲があります。

Img_5364

でも朝日に照らされた茜雲が美しく、今年は良いことがありそうな予感を感じさせてくれます。

いい気分で家に帰ったら女房が起きてきて、開口一番「朝早くから何やってんだか」。 前途は多難のようです。

ともかく、本年もよろしくお願いします。

なお私事ですが、喪中につき、おめでたいお言葉はご遠慮させていただきます。

| | コメント (10)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »