« 久々の惑星 | トップページ | 対日照確認 »

2011年9月19日 (月)

大気光か?

最近NHKの宇宙ものが目立ちますね。コズミックフロントは何度も再放送をやっていますし、子供向けに再編集したりとかこの情熱はなんなのでしょう。昨日は半日すべてやっていましたし、夜は総合とBSで宇宙の渚でISSからの生中継でした。リアルタイムで400km上空からオーロラが見られる時代なんですね。純粋にすごいと思いました。

この中で大気光というものを取り上げていました。見た瞬間、あ、あれだ!と思いました。

Imgp3643

これは2007年6月にいつもの早出ダム周辺で撮影したものです。そのときのブログはこちらです。

当時もこの光は不思議でした。山から発せられる赤外線ではないかとか、いろいろ想像を巡らせたのですが昨日の放送で大気光だったのかな、とちょっと確信が持てました。毎年ここで撮影していますが、これほどはっきり写ったのはこのときだけです。以来写っていないというのが光害ではないという証拠になるのかもしれません。
樽口峠にいったときも漆黒であるはずの夜空が意外に明るいのも大気光なのかなあ、と思ったのですが、それはまた違うのでしょうか。完全に暗黒の夜空に出会うのは地球上では難しいのかもしれません。

|

« 久々の惑星 | トップページ | 対日照確認 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

宇宙の渚、私もみました。大気光というのは始めて知りました。かなり高いところで光っているのですね。地上から撮影すると低空の方が良く写っているのは光っている層が見かけ厚くなるからでしょうか?

国際宇宙ステーションの高度400Kmというのは山をイメージすると高いですが、新潟-東京間よりちょっとあるくらいで、平面では遠く無いです。不思議な距離感です。

投稿: tantan | 2011年9月20日 (火) 12時10分

私もTV見ました。昼の部は録画しました。(録画したものはなかなか見られませんが)

大気光、綺麗でしたね。透明度が良いときはきっと写ると思います。そんな星空が待ち遠しいですね。

あと、あのカメラ...それで銀河を撮るとどんな風に見えるかなあ。

投稿: けんちゃ | 2011年9月20日 (火) 13時50分

tantanさん
大気光、ようやくあの謎の光の正体がわかってすっきりした気分です。でも確信があるわけではないんですけどね。調べるほどにわからなくなってきます。沼澤さんの本ではあれを夜光と呼んでいます。でも大気光と夜光は違うものだというHPもありましたし、出る季節、方角もさまざまです。
今まではじゃまな光でしたが正体がわかったらまた写したくなってきました。
地上400kmって新潟から東京よりすこし先くらいを上に登ったところですね。地球儀で見ると表面すれすれです。個人的にはあそこを宇宙と呼ぶのはあんまり夢がないような気がします。

投稿: まるひ | 2011年9月20日 (火) 23時48分

けんちゃさん
私もコズミックフロントから宇宙の渚、生で見ながら全部録画しましたが、改めて見る時間はたぶんないと思います。一応ブルーレイに取っておこうかな。
気球で上昇しながらだんだんと空が青から漆黒なるところがみたかったのですが、お笑い風に編集されてすごく残念でした。視聴料半分返してもらいたい気分です。
思えば光害と思っていた光は大気光もあったのかもしれません。それを狙うというのもおもしろいです。でも大気内現象ですから天体写真といえないかも。

投稿: まるひ | 2011年9月21日 (水) 00時04分

まるひさん、こんにちは。
宇宙の渚、興味深かったですね。私も大気光について、これまでの広角撮影で撮ったもので、思い当たるものがありました。
邪魔なカブリと思っていましたが、暗い空の証明のようなものですね。

投稿: NIKON1957 | 2011年9月22日 (木) 12時20分

NIKON1957さん、こんばんは
18日のNHKは宇宙三昧でしたね。
NIKON1957さんの写真ははっきり写っていますね。私もずっと謎だったのですが、これですっきりしました。
じゃまといえばじゃまですが、滅多に見られるものでもないので逆に対象として狙うのもいいかもしれないですね。ただ、天体ではないので星景写真の前景といったところでしょうか。

投稿: まるひ | 2011年9月22日 (木) 20時42分

>宇宙の渚
一応録ってあるあるのですが、司会が香取君というのが引っ掛かって(騒がしそうで...)まだ観ていません。皆さんの評価を見ると番組自体は良かったのかな?

>コズミックフロント
先日のベテルギウスの話、面白かったです。もしかしたら生きてる間に至近距離の超新星爆発が見られるというのはうきうきしますね。でもそのあとおなじみだったオリオンの右肩が無くなってしまうのもちょっと寂しい気がします。

投稿: | 2011年9月26日 (月) 00時19分

出演者は毛利さんと渡部潤一先生以外は必要なかった、とかネットで言われてましたね。
バラエティー仕立てになっていたのが残念でしたが、来年再編集でシリーズ放送するそうなので期待しましょう。
一応私も生で見ながら録画していましたが、永久保存はしなくてもいいかな、と思いました。

ベテルギウスがそんなに危機的だったとはこの番組で知りました。見れたらすごいですね。近代しばらく銀河系内での超新星はないので生きているうちに見たいです。

投稿: まるひ | 2011年9月26日 (月) 13時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久々の惑星 | トップページ | 対日照確認 »