« 好天が続きます | トップページ | 雨の日もまた楽し »

2011年9月29日 (木)

惑星状星雲2態

28日も晴れました。新月期にこんなに雲一つない日が連続するのも珍しいです。でも平日なので遠出もできず、近間で短時間の撮影をしました。

M2720110928

M5720110928

M27とM57。Borg 101ED+1.4倍テレコンバータ(約900mm)、EOS Kiss X2(SEO-SP2)、ISO800。M27は10分×4枚。M57は2分×8枚+5分×2枚です。どちらもかなりトリミングしてあります。私の光学系では惑星状星雲は無茶がありますね。M27は涼しげで好きな対象なのですが、いつかきれいに撮ってみたいです。

本当は網状星雲の4枚モザイクという壮大な計画で望んだのですが、ちょっと東寄りで新潟市の光害にかかり早かったので、それまでの前座のつもりだったのですが、結局光学系を組み替える時間がなく、これでおしまいになってしまいました。やっぱり二兎は追えないですね。来年に持ち越しです。

明日からしばらく曇りor雨模様です。でも満月期に向かっているのでちょうどいいです。次の新月期に晴れてくれれば。10月11月は新潟は最も撮影好機です。これを逃すと来年春までチャンスはありません。近年春と夏の晴天率も悪いので1年に今の時期、2~3ヶ月くらいしか撮影期がない感じですね。





|

« 好天が続きます | トップページ | 雨の日もまた楽し »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

両方とも良い発色ですね。フィルム時代はこんな風に写りませんでした。少年時代、散光星雲はアマチュアの手に余る代物でしたから惑星状星雲は人気がありましたね。その影響か、夏になるとこの2つは観るか撮るかしてしまいます。

画像処理用のパソコンを64bitに変えて画像処理に明け暮れていたので疲れました。

投稿: tantan | 2011年10月 2日 (日) 12時38分

フィルム時代はとてもじゃないけど形なんて写らなかったです。かろうじてこと座を写すと存在だけが針で突いたような点で見えていたのに感動したものでした。
振り返ると毎年M57は撮っていますが、いまだに満足いくものになりません。明るいので簡単に写るのですが、機材の限界はいかんともしがたいです。
新機材にもだんだん慣れてきた様子ですね。冬物でのすばらしい成果を期待しています。

投稿: まるひ | 2011年10月 2日 (日) 19時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 好天が続きます | トップページ | 雨の日もまた楽し »