« 胎内から樽口峠へ | トップページ | 樽口峠のイメージ »

2011年8月29日 (月)

矢座を行くギャラッド彗星

樽口峠での撮影です。EOS Kiss X2(改) ISO800 TAMRON SP AF 28-75mm(75mm) F/2.8(F4.5) 5分×2枚コンポジット。

Img_4858

コンポジットしてたら合わない星がある。彗星でした。わずかの時間に結構ずれるのですね。恒星に合わせてコンポジットしました。矢座の真ん中を進んでいるのですね。この辺の矢座やいるか座、こぎつね座は好きな星座です。M27もかわいく写っています。

樽口峠は山深いところで、またぎの里といわれるだけあって熊もでるのでしょう。でもここは晴れていれば誰か必ずいるみたいですね。誰かいるというだけでなんとなく心強いです。撮影中にも車が2台ほど上がってきました。撮影目的ではなかったようですが、星を見にきたようです。やっぱり有名スポットなんですね。

|

« 胎内から樽口峠へ | トップページ | 樽口峠のイメージ »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
M27もしっかり2色で写ってますね。やっぱりデジタルはすごいです。私もこの構図で撮りたかったです。

投稿: tantan | 2011年8月30日 (火) 08時06分

一番星さんとはアイボールQSO出来ました。さらに奥の方へ
お出掛けだったとお聞きしました。
けんちゃさんのところで、合流して芝生広場にいました。
将来彗星が取れるようになるか、まだまだ道は遠いです。

投稿: 電球 | 2011年8月30日 (火) 09時10分

tantanさん
M27が同一視野内に入るとは思いませんでした。透明感があり、涼しげで好きな惑星状星雲なのですが今年はまだ撮っていません。
秋以降も撮れるので遠征できないときに近間で撮ってみたいと思います。

投稿: まるひ | 2011年8月30日 (火) 21時55分

電球さん
アイボールQSOってアマチュア無線用語ですか?
我々世代は天文、写真、アマチュア無線はワンセットの趣味でしたが、私はアマチュア無線の方にはなぜかはまりませんでした。
天気もよく、ドブを囲んでずいぶん楽しかったようですね。残ればよかったなあとちょっと後悔しています。

投稿: まるひ | 2011年8月30日 (火) 22時00分

無線用語でした。
アイボール=目玉、QSO=交信するで直接会って交信するの意味でした。QSOを省くときもあります。

投稿: 電球 | 2011年8月30日 (火) 22時45分

電球さん
解説ありがとうございます。
そういう意味なのですね。
ネット用語はだいたいわかるのですが、アマチュア無線用語は新鮮です。
また教えてください。

投稿: まるひ | 2011年8月31日 (水) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 胎内から樽口峠へ | トップページ | 樽口峠のイメージ »