« 被災地を抜ける | トップページ | 花火より星 »

2011年8月 1日 (月)

キリ番誕生日

今日は私の20000日目の誕生日です。前に予告の記事を書きましたが、その日がとうとう来ました。普通の誕生日よりも感慨深いものがあると思うのですが、家族に話したら「だからなに」というリアクションで拍子抜けです。27年に一回ですので普通の人は2~3回しか迎えられない珍しい日であるはずなのにほとんど話題に上らないのは不思議ですね。やっぱり計算法を知らないからなのでしょうか。

そこで計算式のエクセルファイルを公開します。勝手に日齢計算と名付けました。

「nichirei.xls」をダウンロード

年齢、月齢という言葉はありますが、日齢は辞書にありません。新語でしょうか。

ここで使っている「DATEDIF」という関数はほとんどのエクセルのバージョンに組み込まれているにもかかわらず、メニューから挿入できませんし、ヘルプにも記載がないという謎の関数です。使い方はこちらを見てください。

キリ番を見つけるにはこの逆関数があればいいのでしょうが、よくわからないので試行錯誤で探してください。だいたい54年と9ヶ月あたりが20000です。

次のキリ番は82歳です。平均年齢が延びているので生きている可能性も高いですが、その頃までこのブログが続いているでしょうか。

---------------------------------------------------

関数を使わずともシリアル値で簡単に計算できることに気づきました。簡単すぎて公開するのもおこがましいですが、一応バージョン2ということで…

「nichirei2.xls」をダウンロード

---------------------------------------------------

|

« 被災地を抜ける | トップページ | 花火より星 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

日齢とは面白いですね。
私の生年月日から入力しましたら22131と出ました。
星の成長・消滅を考えたら人間の生きている時間は1秒にも満たないんですね。
次のキリ番は???私は消滅かもしれませんね。(笑)

投稿: DNQ(電球) | 2011年8月 1日 (月) 21時43分

電球さん
10000日目の時、20000日目は想像もできないくらい未来のことに思えましたが、きてしまうとあっという間でしたね。30000日目はもっと早いかもしれません。
星の一生は数十億年ですから、それに比べれば人間の一生なんて瞬きする間もないくらいなんでしょうね。
あと、約10000日の人生、毎日有意義に生きたいものですが、凡人は無駄に過ごしてしまいそうです。

投稿: まるひ | 2011年8月 2日 (火) 00時10分

日本人の平均寿命は約30000日と考えると、なんか短いですね。パソコン起動時に「今日は生まれてから○○○○日目です。」なんて表示が出ると、残りの人生を有意義に過ごすモチベーションになりそうですね。
夕べは久しぶりに星が見えましたが、雲が多くて撮影は出来ませんでした。宵の口でも夏の星座がずいぶん高くなり、そろそろ秋の星座が見えてきました・・・

投稿: tantan | 2011年8月 2日 (火) 08時08分

tantanさん
カウントダウンされたら怖いですね。命のローソクみたいな。人は自分の寿命を知らないと言うことが幸せなことなのですね。
考えたら日数だけなら関数など使わなくてもシリアル値を引き算すればいいだけですよね。まあ他にも応用できそうなので覚えておいて便利な関数ではありそうですが。
私も夕べは帰宅時に空を見上げてCD-1の極軸望遠鏡の効果を確かめようと思ったのですが、雲混じりで止めました。週末は晴れても秋物ねらいですね。

投稿: まるひ | 2011年8月 2日 (火) 10時19分

tantanさん、皆さん今晩は。

今日9月4日の日齢は、20,043日でした。

個々の細胞や星ぼしは、消えて行っても、今も自分が、星雲、宇宙が存在する。輪廻転生、この単語の意味が実感される齢に何とかなれたことを感謝。

投稿: sassan | 2011年9月 4日 (日) 22時41分

sassanさん、コメントありがとうございます。
私より10日くらいご先輩ですね。
星空を見ていると、自分が死んだあとでもあの中に取り込まれるのだと思うと不思議な安堵感があります。
でもそう思うのは一瞬。やっぱり俗な人間なので朝になれば生にしがみついてしまいます。

投稿: まるひ | 2011年9月 6日 (火) 09時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 被災地を抜ける | トップページ | 花火より星 »