« なぜ晴れない | トップページ | キリ番誕生日 »

2011年7月31日 (日)

被災地を抜ける

昨日、新潟は大変な豪雨の被害に遭いました。そんな私は新潟にはいなくて群馬県でミニ同級会をしていました。会は一昨日の夜でしたが私はもう一泊したため、最悪の時に新潟県内を縦断しなくてすんだのですが、昨日帰った同級生は大変だったそうです。

今日は雨もあがったため道路規制はなく、スムーズに帰れました。時間はあるので高速道路代節約のため、オール下道です。南魚沼市あたりから道路が泥だらけの場所があり、冠水したあとがうかがわれます。

Img_4984

時間があったので学生の頃を過ごした魚沼市(旧湯之谷村)で道草をしました。ふと35年くらい前に登った山の上のお宮が見たくなり登ってみることにしました。

Img_4990

左の三角の山がそれです。なにやら騒々しいと思ったら自衛隊のヘリコプターが盛んに行き来しています。災害救助でしょうか。

Img_4993

これは二十三夜塔。前のブログで紹介したものです。微妙に変わっていますね。こういものは朽ちるまで変わらないものと思っていました。ここから登り始めます。10分程度の低い山ですが、寄る年波には勝てず、つらいこと。心配していた膝は大丈夫でした。でも足ががくがくです。頂上のお宮は35年前と変わらず、久しぶりにご挨拶のお参りをしてきました。

さっきのヘリコプターは中学校のグランドに降りたり飛び立ったりしています。夜のニュースでわかりましたが、この先の奥只見ダムで孤立した観光客を搬送していたようです。ホバリングしているヘリコプターを上から見下ろすというのも滅多にないでしょうね。

Img_5032

昔このあたりをスナップ写真撮るのに歩き回ったことがあります。当時と風景はがらりと変わっていますが、田んぼの風景は変わっていないだろうと思い行ってみました。

Img_5042

しかし、なんと道が崩れています。あの崩壊している道の先でよく写真を撮ったものです。水害は昔の思い出まで奪ってしまいました。

こちらは報道でも伝えていました、堤防決壊した破間(あぶるま)川です。

Img_5048

水が堤防を乗り越えた様子がうかがえます。実はこの左下の集落は浸水の後片付けの真っ最中でした。泥水とがれきがすごかったですね。この辺は人的被害はありませんでしたが、恐ろしいものです。まあ、物見遊山で行ったわけではなく、この先の有名なお菓子屋さんにおみやげを買いに行く途中だったのですが、偶然というかいたる所がこんな感じでしたね。お菓子屋さんは普通に営業していました。しかし、こんな日にわざわざ観光に来る人はいなかったようですが。国道17号線に出てもいたるとことに爪痕が見られます。車の屋根まで泥が付いている車がありましたから、1m以上浸水したのですね。2日前に通ったときは普通に営業していたレストランがテーブルなど外に出して後片付けしていました。ここは7年前の中越地震でも被害にあい、営業再開の様子がニュースにもなったお店ですが、2度もこんな被害にあうとはなんとも言葉が出ないですね。こういうのは誰が悪いわけでもないですから、国や自治体には本気になって支援してもらいたいものです。

|

« なぜ晴れない | トップページ | キリ番誕生日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なぜ晴れない | トップページ | キリ番誕生日 »